43,44戦目

ここでは、43,44戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
43戦目
相手は埼玉のドラマ 藤沢店からエントリーの方です。
戦績は0勝2敗。
デッキ構成はU典韋、曹丕、小喬、丁奉、曹仁。
うちと同じく十品に上がりたての将軍様のようです。
光ったカードが一枚も入っていないデッキは全国大戦では初めてです。

武力の高い典韋で守りを固めて、攻城ができないようであれば
小喬の流星招来というところが基本戦略でしょうか。
士気を限界の9まで溜めて曹丕の全体強化と曹仁の神速戦法で
一気に攻めてこられると嫌ですが、どうでしょうか。
小喬に拘ってくれるようならやり易いのですが・・・。

攻撃計略には極端に弱そうなデッキ編成ですが
コスト1.5で武力が6ある曹仁と丁奉が入っているので
純粋に武力だけで見るとコストパフォーマンスはなかなかです。
曹丕と小喬で失った分を補っていると言えそうです。

2隊の騎馬をどう抑えるかが、序盤のポイントになるでしょう。
早々に撤退させて兵法を使わせてしまいたいところです。
柵が1枚あるようですが、弓に援護させて曹彰で突撃すれば問題ないでしょう。

それでは開戦です。中央から騎馬が突っ込んできますが、槍で迎撃。
どうやら、まだあまり騎馬の動かし方には慣れていないようです。
柵に引っかかっているうちに2隊とも撃破。

弓隊を漸進させ典韋を射程に捉えます。曹彰は迂回して丁奉に突撃。
典韋が迎撃に動いてきたので反対側から槍隊を前進させ攻城を狙います。
曹彰は一旦離脱して丁奉の弓範囲内で囮を引き受けることにします。

典韋の撃破に成功したので狙いを丁奉にし、一気に攻め滅ぼします。
小喬も曹彰で弾き飛ばし、ここで敵軍は兵法「再起の法Lv.6」
左端で攻城していた槍隊の迎撃に出てきました。
出てくるはしから弓と曹彰で集中攻撃し早々にお引取り願います。
と、今度は右端から小喬が出陣、計略発動。「天よ、力を!」『流星招来』
意外に減りますねこれ。拮抗した状況だったら、これ一撃で勝負は決まっちゃいそうですよ。

でも、今回はそんな拮抗した状況ではないので小喬は放っておいてそのまま攻城を続行。
相手も小喬の一撃で気が済んでしまったのか特に抵抗らしい抵抗もなく
そのまま落城。全国大戦初の落城勝利となりました。

昇格
そして昇格。九品右将軍になりました。



44戦目
進軍しました。
お次の相手は広島のZIPタイトーからエントリーの方です。
戦績は9勝8敗。
デッキ構成は郭皇后、U夏侯惇、文聘、U典韋、陳宮。
九品右将軍、武勇もうちの倍くらいあるのでもうすぐ八品でしょうか。
調子を上げてきているのでしょう。

郭皇后の弱体化と、陳宮の水計には注意が必要ですね。
夏侯惇はスターター組ですが、騎馬の武力8は侮れません。
先ほどに続いてR・SRはありませんが、なかなか強そうな
オーラを発しています(笑)

地形が平地なので、夏侯惇に自由に走り回られると厄介です。
敵計略の効果範囲に気をつけながらなんとか序盤をしのげれば
というところでしょうか。魏単色の一勢力なので最大士気が12というのも
意識に留めておかなければなりません。

それでは開戦です。お互い伏兵は居ないので序盤から騎馬が走り回ります。
槍を向けて迎撃しようとしますが、上手く避けていきます。
夏侯惇の運用に集中しているようで、お留守になっている陳宮を
曹彰で突撃、撃破に成功。続いて郭皇后に向かいますが、典韋が出てきたので回避。

弓隊は文聘の撃破に成功しました。が、ここで郭皇后の計略発動!
『近寄るな、鬱陶しいっ!』
弓2部隊と潘璋の武力が低下。大幅な戦力ダウンです。
そこに武力8の夏侯惇が側面から襲いかかってきます。

満寵で牽制しながら効果が切れるのを待ちます。
が、夏侯惇は進軍速度を緩めてオーラを解いて混戦状態に持ち込んできました。
潘璋・蒋欽が撤退。曹彰で混戦状態の集団に突撃を繰り返しなんとか
夏侯惇を撃退しましたが、こちらの被害も甚大です。

典韋と郭皇后が残っていますが、曹彰を残して帰城し体勢を建て直します。
敵軍も帰城していきます。どうやら仕切りなおしになりそうです。
夏侯惇の突撃ばかり警戒していましたが、あんな使い方があるとは
考えていませんでした。

郭皇后で武力を下げてから武力の高い夏侯惇を重ねて
多数の部隊を相手に消耗戦に持ち込む。なんていう荒業でしょう。
郭皇后を早めに倒したいところなのですが、典韋が守っているので
迂闊に近づけません。弓で狙いをつけて集中攻撃するしかないでしょうか。

さて、敵軍が出てきました。
攻め入るのは難しそうなので、まずは迎撃して敵を倒してから
攻城をかんがえるとしましょう。弓隊を配置、その前方に槍隊。
たぶん、郭皇后の計略範囲に全部隊が入ることはないでしょう。
曹彰も回復させたいところでしたが、間に合いませんでした。

さあ、敵軍が迫ってきました。ここで満寵の「連環の小計」
敵主力を固めることに成功しました。弓隊で集中攻撃、さらに曹彰で突撃です。
が、敵軍も計略使用。
『近寄るな、鬱陶しいっ!』
『近寄るな、鬱陶しいっ!』
えーっと、武力がカスカスになってしまいましたよ。
これでは全く攻撃の効果がなさそうです。
それどころか文聘の攻撃が恐ろしいほど強力に感じられます。
潘璋・蒋欽と次々に撤退。

それにしても典韋のプレッシャーは凄まじいですね。
曹彰がほとんど近寄れません。部隊を下げ曹彰は夏侯惇を
なんとかすることに集中します。

甘寧、満寵も瀕死のため帰城させます。曹彰はなんとか夏侯惇を撃破した
ものの、帰城が間に合わず城直前で弓に倒れました。左城壁にとりついた
陳宮を後方から典韋と文聘で援護しています。迎撃に出ますが間に合わず
1撃食らってしまいました。

ここで「連環の法」を使用して典韋を弓で蜂の巣に。さらに文聘・陳宮も
撃破しました。曹彰で攻城を狙いますが、ここで敵軍は「再起の法 Lv6」
時間的にはギリギリです。曹彰はそのまま攻城。全軍で進軍し、それぞれ
ばらばらに攻城。

しかし間に合わず、敗北。あと1・2カウントあったらと悔やまれますが
仕方ありません。今回は相手の方が上手でした。
昇格したばかりですぐに降格。なんとも短い間の九品でした。

今回の払い出し:孟達・魯粛
もうたつ・ろしゅく
孟達はイラストが渋いですね。計略「反逆の狼煙」は味方を1部隊、贄に奉げて大幅な武力UPという変わったものです。漢の意地で、自分の代わりに他の部隊が撤退するようなものでしょうか。
魯粛はなかなか使えそうなカードですね。ただ指揮は二重にかけることはできないようなので少し残念です。蒋欽の代わりに入れても良さそうですが、微妙なところではあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/75-2ca610b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。