42戦目

ここでは、42戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
42戦目
さて今日は、久しぶりの全国大戦です。
相手は埼玉のモアイ上尾店からエントリーの方です。
戦績は13勝14敗。
デッキ構成は郭嘉、曹仁、周泰、孫策、張角。
見るからに強そうな光り輝くデッキです。

張角は少し違和感がありますが、ゴッドドローの為に入っているのでしょうか。
3勢力だと最大士気は6でしたっけ。どういう士気の使い方をしてくるのか
興味深いところです。

最大士気が6ということは、何か計略を使ったらほとんど空ですね。
カードの光具合に少し圧倒されていましたが、そう考えると戦いようは
ありそうな気がしてきました。

郭嘉の後方指揮も一度しか使えないのであれば、それほど
恐れなくてもなんとかなるかもしれません。孫策が小覇王の蛮勇を
使ってきたら固めて放置の方向で行きましょう。周泰も同じですね。
曹仁の神速ばかり使ってくるようであれば、他の強力な計略を
気にしなくて良くなるだけ良いのかもしれません。

問題は士気を張角のみに使ってきた場合ですが、そうならないように
できる限り張角には早めに撤退をお願いすることにしましょう。
基本的な武力だけで見れば圧倒的に我が軍不利なのですから、次々と
再生されては他の計略なんてなくてもそれだけで苦しい展開になってしまいます。
さて、それでは開戦です。
まずは伏兵の郭嘉に注意しなければなりません。騎兵なので伏兵の中でも
マシな進軍速度を持っています。曹彰は最後尾に配置しておくことにします。
潘璋も少し下がり目の位置で弓隊を守ります。

満寵は敵騎馬隊をケアしつつ伏兵探し。なのですが、敵騎馬隊がうるさいので
伏兵はこの際置きます。孫策と曹仁の相手が先です。ここで兵法を使ってしまえば
楽なのですが、今後の展開もあるので我慢です。

基本戦術に忠実にいきます。槍で迎撃態勢を取りながら弓で攻撃。
どうやら周泰は城門前から動かないようです。彼が守備を一手に引き受け、
他の武将たちで攻城しようという作戦なのでしょうか。

騎馬たちはオーラ状態で走り回っているので最初に弓の的になるのは張角です。
ここで、焦れたのか曹彰が突撃してきたので迎撃。そのまま撤退願います。
あとは孫策と伏兵です。

曹彰を失うよりはと、蒋欽が伏兵探しに出撃。後から潘璋もつけて
様子を伺っている孫策から守ります。蒋欽の作った道を通って曹彰も進軍。
敵城に構えている周泰にちょっかいを出して、弓の範囲に引きずり出そうと試みます。

が、孫策が突撃してきたので双方に突撃ダメージ。武力の低い分このままでは
不利です。甘寧を少し前に出して援護します。伏兵はまだ見つけられません。
もしかしたら城に向かったのかもしれません。であれば郭嘉はこの際放置して
攻城に向かうことにします。

全軍が敵城に向かったところ、左端城門にとりついた郭嘉が現れました。
騎馬の攻城は仕方ありません。こちらも周泰、孫策を早く片付けて攻城に移りたいところです。
弓攻撃でじわじわと周泰を攻撃していると、周泰の「漢の意地」発動!
勝手に撤退してくれるようなので、全軍周泰から離れます。

周泰撤退、敵軍「再起の法 Lv.6」・・・どうも戦局を読み違えたかもしれません。
一時引いて立て直すことにします。殿(しんがり)に満寵を残し、先行した曹彰で
郭嘉を攻撃。城壁とはいえ、3発もダメージを受けてしまいました。

追ってきた孫策を満寵で迎撃すると、孫策も帰城していきました。
郭嘉を撤退させることに成功したので、それぞれ兵力回復のため帰城します。
敵軍が進軍を始めたので、迎撃に出ます。

ここで全軍撤退させられれば、まだ勝機はあります。相手は周泰を残して全軍で攻撃に
出てきています。まずは満寵の計略「連環の小計」です。騎馬を固めて集中攻撃。
孫策、曹仁を撤退させることに成功しました。張角も突撃を繰り返し撃退。

あとは周泰です。弓で集中攻撃しつつ潘璋を重ね曹彰で突撃。満寵は一足先に城壁を
攻城します。ここで左端から出撃してきた郭嘉が「後方指揮」を使用。周泰の武力が上がります。
このままでは潘璋が撤退してしまうので帰城するべく離れようとしますが
間に合わず撤退。

満寵の攻城成功、が1撃ではまだ負けています。城ゲージが溜まってきたところで
曹仁が出てきました。神速戦法使用で満寵に突撃され、あっという間に撤退させられてしまいました。
今更ですがなかなか強力じゃないですか、曹仁の神速戦法。

これ以上暴れられては堪らないのですが、もうそろそろ他の敵部隊も復帰してくる頃です。
兵法の使用は迷いどころです。と、孫策・張角が出てきたのでここで兵法「連環の法」
敵を固めて集中攻撃です。まず曹仁を撃破、続いて孫策も撃破といきたいところでしたが
効果が切れてしまいました。

曹彰が「神速戦法」使用で孫策に襲い掛かります。が、突撃よりも重ねて弓で総攻撃した方が
良さそうに思えたので、曹彰を孫策に重ね「強化戦法」使用の甘寧と蒋欽で狙い撃ちします。
なんとか孫策を倒すことに成功しました。が、曹彰も撤退。

残るは張角のみですが、時間がありません。このまま2部隊で攻城にかかります。
甘寧が城門、蒋欽が城壁です。が、ギリギリ攻城できずに敗戦。
考えてみれば城門にこだわる必要はなかったかもしれません。甘寧が城門まで
移動せずに近くの城壁を攻城すれば、あるいは勝てたかもしれません。
いろいろな判断ミスの積み重ねの末の敗戦でした。

今回の払い出し:曹植
そうしょく
これで曹丕、曹彰、曹植の3兄弟が揃いました。あとはまだカード化されていませんが
曹熊あたりが欲しいところです。武力1知力6と基本能力は若干力不足に見えますが
計略の『浄化の計』は弓デッキに入っているとかなり重宝される存在です。柵と魅力も
持っているのでコストパフォーマンスは悪くないカードかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/74-5b65f31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。