2戦目

ここでは、2戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りゅうび軍
2戦目は劉備軍です。劉備・関羽・張飛の3将。
なんと演義の主役たちがこんな早い段階で登場とは。
蔡瑁軍を蹴散らした我が軍の強さにCPUの中の人も
少し本気になってきたようです。

開幕の配置はさっきと同じでいきます。見たところ今回の敵には伏兵も
居ないようです。曹彰くんはさっきの教訓を生かす機会を逃して少し
残念そうです。関・張の2武将はさすがに武力が高いものの槍ばかりです。
パンフによれば槍は弓に弱いらしいので、我が軍少し有利かなと。

そういえば、この戦の前にCPUが劉備軍は「桃園の誓い」を使ってくる
から気をつけろとか言っていました。どう気をつければ良いのか、肝心な
ところは教えてくれなかったのですが、まあ一応気をつけておくことにします。

開戦するとすぐに敵3兄弟が進軍してきました。我が軍は弓にお任せです。
楽ちん楽ちん。曹彰をぐるぐると走らせて遊んでるだけで、劉備が撤退して
いきました。弓部隊、さすがです。

関・張の2将軍はさすがに劉備とは違います。柵までたどり着きました。
槍部隊で迎撃しながら、曹彰で突撃してやります。我が軍優勢です。
この劉備軍はきっと黄巾賊とか相手にしてた最初の頃なのでしょう。
まだまだです。
と、調子に乗っていたらまたも曹彰が撤退してしまいました。
張飛の槍に貫かれたのです。突撃をかましたところ、迎撃にあって
大ダメージ!痛恨の一撃でした。

しかし、曹彰以外は満寵が50%程度のダメージを受けたのみで
他の部隊はほぼ無傷という状態で敵の殲滅に成功しました。あとは
攻城するだけです。

ひょっとすると、さっきの蔡瑁軍よりも弱いかもしれないくらいです、
劉備軍。潘璋と蒋欽で攻城しつつ、回復しきれていないままに迎撃に
出てくる劉備軍を甘寧で各個撃破。こうなればもう時が満つるのを待つ
のみです。結局、初戦に引き続き今回も大勝利でした。

それにしても我が軍はなんだか曹彰ばかり撤退しています。

今回の教訓:槍に突撃しない。迎撃されるから。
今回の払い出しカード:夏侯淵
かこうえん
一枚目がいきなりレアってのは良いかも。でも弓だ。
弓の道を行けということに違いない?でもコスト2は入れ辛いなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/7-3d39e316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。