35戦目

ここでは、35戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑号将軍
それでは35戦目です。
今回は栃木の(有)安佐エースというお店からのエントリーです。
10勝10敗とのことですがカードは強そうです。

デッキを見てみましょう。
張遼、甄皇后、楽進、司馬懿、文聘の5将です。
騎馬主体ですが、張遼を除けば武力はそれほど高くもないようです。
とはいえ、うちのデッキよりは高武力なのですが。

SR張遼は神速の大号令を持った神速デッキの核となるカードでせうね。
武・知力共に高くSRとしても最優秀カードの1枚です。
このデッキでも一番注意しなければならないカードでしょう。

SR甄皇后は悲哀デッキの核となるカードですね。
普通は数で押すタイプのデッキに入っていることが多いようですが
このデッキではどういう使われ方をするのでしょう。
コスト1で知力の高い騎馬なので伏兵探しなどに使われるのかもしれません。
うちのデッキに伏兵はいませんけどね。

R楽進は魏主体のデッキには欠かせないコストパフォーマンスに優れた
優良カードですね。うちでも曹彰くんと入れ替えて浮いた0.5コストで
他の武将をアップグレードしようかなどと考えたりしています。
コスト1で勇猛持ちの騎馬、武力4となれば何も言うことはありません。

R司馬懿は攻撃計略の水計連破を持っています。移動が早いので範囲に入れやすく
計略を使わなくても武力5で高知力の騎馬として活躍できます。
うちのデッキの将たちは皆それほど賢いとは言えないので計略には
注意しましょう。

最後にこのデッキ唯一のコモンカード文聘です。
柵持ちで武力5の弓。知力は低いですが攻撃の援護には
充分な活躍が期待できそうです。とはいえ、1枚だけ違和感が
あるような気がします。彼も肩身が狭いことでしょう(笑)

序盤は伏兵が一体居るので曹彰で踏まないように気を付けつつ
槍で敵騎馬体を迎撃。弓は甘寧の狙いに合わせて各個撃破。
士気が溜まったら連環で固めて突撃。
そんな感じでしょうか。満寵が撤退しないように
気をつけながら戦う必要がありそうです。
それでは開戦です。
中央にぽっかり空いたスペースに伏兵が居そうな気がしますが
そこに居るのであれば前進して柵にあたるかもしれません。
なんて淡い期待を抱きつつ放っておくことにしましょう。

突撃してくる騎馬隊を槍で迎撃しつつ弓攻撃。
後方でオーラを纏った曹彰で突撃をかまします。
順調な立ち上がりです。伏兵がまだどこかに居るというのが
少し嫌ですが、それは良しとしましょう。

甄皇后、楽進、張遼を撤退させることに成功しました。
我が軍は潘璋と蒋欽が瀕死ですがなんとか全部隊無事でいます。
帰城し、兵の回復をはかります。甘寧は漸進し文聘を攻撃。

兵力が半分ほどになったところで文聘が引き始めました。
甘寧も帰城します。それにしても司馬懿はどこに行ったのでしょう。
端に伏せていたのでしょうか。曹彰で文聘の追撃をしつつ伏兵を探すことにします。
見つからなければ柵を壊してそのまま攻城してしまいましょう。

と、文聘を撤退させ攻城しようとしたところで伏兵!
どうやら城門前に伏せていたようです。曹彰は撤退。
残念ですが仕方ありません。

各部隊兵の再編も済んだようなので出陣です。
士気も溜まっているのでおそらく敵は張遼の計略を使ってくるでしょう。
司馬懿の水計の可能性も否定できないので、一応満寵だけ突出させ
少し後方にそれぞれ部隊を配置します。

敵軍が出てきました。左側に集まっています。
神速の大号令の範囲は横長の四角で結構広かった気がするのですが
一点突破を狙おうということでしょうか。
なんにしろこちらには好都合です。敵部隊を全て範囲内に収めて
敵軍の出方を伺います。

『神速の大号令』来ました!こちらも『連環の小計』です。
ばっちり全部隊を連環にかけることに成功しました。
弓隊を漸進させ範囲に収め、潘璋も護衛として進軍します。

一番厄介な張遼を討ち取ることに成功しました。
ここが勝負どころかもしれません。兵法『連環の法』発動です。
さらに司馬懿、楽進も討ち取りました。
曹彰も復帰してきました。このまま押し切れるでしょうか。

潘璋を帰城させ、満寵・曹彰と弓隊を進軍させます。
敵軍が『再起の法Lv.6』使用です。このまま攻城できるか微妙なところです。
足の速い曹彰だけ城門につけあとの部隊は援護に回ります。

回復もままならない部隊が四部隊も曹彰にかぶさってきました。
残念ですが攻城は失敗です。城壁両端と城門の3箇所で攻城を
するべきだったかもしれません。

そのまま敵軍が弓隊に迫って来ました。潘璋一人で守るのは無理です。
満寵も漸進しつつ計略を狙います。と、またもや『神速の大号令』
こちらも『連環の小計』です。今度は楽進を逃しました。
潘璋を向かわせます。

両軍入り乱れての大混戦。兵法も使い果たした今、この戦いを制した方が
圧倒的に有利になります。と、ここで 回線エラー!!
ここからはCPUの操作になったのですが、結局攻城できずタイムアップ。

全国大戦、初引き分けと初回線エラーでした。

今回の払い出し:蔡文姫
さいぶんき
神速の大号令持ちの相手と戦った後に『飛天の舞』の
蔡文姫が出てくるとは奇遇ですね。彼女の計略を使うと
全ての部隊の速度が速くなります。コスト1で魅力も持っているので
悪くないカードです。が、使うのは難しそうですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/69-7006e94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。