装甲騎兵ボトムズ

ここでは、装甲騎兵ボトムズ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



評価も知名度も高いのに、しかもアニソン好きとしてはボトムズの歌は外せないのにもかかわらず一度も見た事の無かったアニメ、装甲騎兵ボトムズ全52話を見ましたよ。ようやく見終わりました。

もう結構古いアニメなので、正直な所最初のうちは見ているのが若干辛かったです(笑)歌で休憩しつつアニメを見ていくという……いや、ボトムズの歌がOP、EDともに良くて助かりました。中盤からキャラクターや世界観がつかめてくると楽しく見られましたけどね。

慣れなのか脳内変換なのか、段々と絵の古い感じも戦いの荒れた感じに見えてくるし、フィアナやココナも可愛く見えてくるし……人体の神秘です。ただのアニメ脳でしょうか(笑)

世界観は固いのに、物語は意外なほど恋愛要素がふんだんに盛り込まれていたのにも驚きました(笑)不器用な恋、みたいなのが。キリコとフィアナはもちろんですが、キリコに思いを寄せるココナやそんなココナが好きなバニラ、そして見守るゴート。そんな主役グループに、さらにフィアナへの複雑な思いを抱くイプシロンなんかが絡んできて、恋愛模様だけでも結構いけちゃいそうです。

戦争や、権力争い、宗教、ファイアナやキリコの秘密やなんかももちろんあるわけですが(笑)

そうそう歌といえば、この物語全52話を凝縮して核の部分だけ抽出したのがOPだったんだなぁと、見終わって改めて思いました。アニメ本編を見終えるとこのOPがより深く味わえますね。


この他にまだOVAや外伝が数本あるようですが、それもぼちぼち見ていこうかなぁと。

ボトムズで、ボトムズといえば倉田光吾郎さんです。その世界ではかなり有名な人なのですが、ひょっとしたら知らない人も居るかもしれないのでメモ。

画像を見てもらえば分かる通りボトムズのメカを鉄で作っちゃった人です。凄いですよね。単純に格好良い。鉄っていう素材の質感や重量感がアニメとリアルの境界線を突き抜けてきます。

7mのZガンダムを作った人も居ましたけど、ガンダムと違ってボトムズは実寸大でできちゃうんですね。ハリウッドは、ガンダムじゃなくむしろこっちを映画化すべき。

問題は、主要キャラクターの人物造形をいじらないと2時間の物語がアメリカ受けしそうにないってことくらいかなぁ(笑)恋愛要素が多かったなんて書きましたけど、52話かかって、どのくらい進展したかっていうと……。恋空なら1行かかりませんよ、きっと(笑)

キリコの足手まといになりたくないと、キリコに自分を置いて逃げるように言った時に「冗談は無しだ。俺はクソマジメな男だ」なんて答えちゃう男が主人公っていうのは当時でもかなり斬新だったんじゃないかと思いますが、今でも相当でしょう。クソマジメな男だって(笑)

戦闘シーンが迫力あるものに描かれていれば、吹き替え声優に千葉繁さえ入れてくれれば、多少の劣化は問題無く受け入れられそうな気がします。硬派で融通利かなさそうに見えて実は意外と懐深い世界なんじゃないかと。

……作ってくれないかなぁ(笑)



STELLA WEBマガジン FEATURE:倉田光吾郎
 http://www.stella-web.jp/feature/kurata01.html

東京発「デザイン&ものづくり」マガジン 倉田光吾郎
 http://pingmag.jp/J/2008/06/20/kogoro-kurata-japanese-ironsmith-with-a-morbid-twist/
なんでも作るよ。(倉田さんブログ)
 http://www.ironwork.jp/monkey_farm/index.html





ボトムズDVDBOX【中古DVD】装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス/その他アニメ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/687-4357260c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。