魯粛さん

ここでは、魯粛さん に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江南行三国志本紹介、第3回は「江南行/佐々木泉」です。

この本、なんと主役が魯粛さんです。三国志演義ではお人よしで孔明さんに良いようにおちょくられているイメージが強いと思いますが、この漫画の魯粛さんは一味違います。

美男とか美形というのとは違いますが、格好良いんです。演義系作品を見て、魯子敬はもっと格好良いんだと思う人はきっと気に入ることでしょう。三国志の中で勢力としては呉好きって人にもお奨めです。

それに周瑜は出番が多いので、絵が気に入れば周瑜ファンにもお奨めして良さそうです。孫権や諸葛瑾も登場シーンは少ないですが良い味出してますよ。そうそう、孔明さんも出ますよ。超人でも人智を超えた天才でもありませんが、孔明ファンも嫌な気分にはならないキャラクターだと思います。

というか、この漫画嫌な奴って出てきたかなぁ。みんなそれぞれに立場や考えがあって、それぞれに一生懸命生きてる。みたいな語り口だったので、悪役の印象はありませんよ。

ヤフーコミックスで1話とちょっと読めるので、時間がある時にでも試しに読んでみると良いかもしれません。ここから面白くなるのにってところで終わっちゃってますけど、ここでいくら文字を連ねるよりも良いでしょう。間違いなく雰囲気は伝わるでしょうしね(笑)

ヤフーコミック:「江南行 / 佐々木泉」

伍君や子道なんかのオリジナルキャラクターも良く馴染んでいて、魯粛さんがちょっと羨ましくなってしまいます(笑)でもまぁ他作品で苦労が多かった分、この漫画では報われて良かったですねぇ。

で、続きなんですが三国志マガジンがweb版に移行しちゃってもちゃんとあります。

⇒「ヤフーコミック:コミック三国志マガジン
⇒「コミック三国志マガジン 編集部が出師の表

ヤフーコミック:「説三分 / 佐々木泉」

まだ1話は読めるようなので、良ければこちらもどぞ。例によってこれからってところで終わってしまうので、ちょっと物足りなくなってしまうかもしれませんが(笑)続きは……いずれコミック化してくれると思うので、その時を楽しみに。

あと、最後に作者さんのサイトを紹介しておきましょう。更新が滞っているようなので、ちょっと心配だったりもするのですが……。

MOOR
http://moor.nobody.jp/

で、ブログはこちら
BLOGMOOR
http://wannin.blog.shinobi.jp/






アマゾン:「江南行 / 佐々木泉」


楽天ブックス:「江南行 / 佐々木泉」









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/675-66e25e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。