周瑜伝

ここでは、周瑜伝 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周瑜伝三国志本紹介、第2回は「周瑜伝/今戸榮一訳編」です。

三国志の登場人物の中で周瑜って結構好きなんですよね。で、周瑜好きならこの本は外せないだろうってことで、絶版ですけど(笑)

三国志関連書籍はわりとすぐに絶版になるので、見つけたら即買いが基本だったりします。出版社の方々にはもう少し粘りを見せてもらいたいところです(笑)

でも、この本は絶版とはいえ古本屋でもそこそこ見かけますしヤフオクにも良く出てるようですから手に入れるのはそれほど難しくないかなと思います。

周瑜伝文庫(上)単行本と、上下2巻の文庫版があります。正直、文庫版はあまり見かけないので単行本の方が探しやすいでしょう。あと、意外と図書館にも置いてあるので買うまでも無いって人は近所の図書館で検索してみると良いんじゃないでしょうか。

肝心の内容ですが、演義で見慣れた孔明に翻弄されて吐血する姿とは違う、颯爽たる周朗の姿が見られます。誤植と勘違いがちょっとばかり多いような気もしますが、物語としては素直に読めるかと。

周瑜伝文庫(下)「演義の周瑜なんて・・・、史実の周瑜はもっと格好良いんだい」みたいな人はそのイメージに近い姿を味わえるんじゃないでしょうか。

三国志に興味が出てきて、横山三国志や蒼天航路の他にも読んでみたいなぁなんて人にこれを読ませれば、きっと周瑜ファンになるに違いないと思います。新撰組に興味出てきた人に「燃えよ剣/司馬遼太郎」を読ませたら土方ファンになるみたいに(笑)

あと表紙イラストは「皇なつき」、周瑜のイラストは漫画でもいろいろありますけど、彼女のイラストは毅然として凛々しい美周朗って感じで良いです。三国志大戦のカード、書いてくれないかなぁ(笑)

ともかく機会があれば一度読んでみてください。読みやすい文章ですし、そう長くもないのでさらっと読めちゃうと思いますよ。

アマゾン他、ネット通販は全滅でした。まぁ、絶版ですからねぇ(笑)

一応アマゾンの中古本には出ているようなのでリンク。やっぱりヤフオクか図書館が手に取りやすいでしょうかね。ちなみにヤフオクでは状態によって100円~1000円くらいと落札額の幅が広いようです。




超・三国志 周瑜伝―“周瑜伝奇”より/著者:今戸 栄一


周瑜伝〈上〉友情の出陣―三国志武将列伝


周瑜伝〈下〉紅蓮の大戦―三国志武将列伝



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/674-4fee615a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。