蜀の人たちでも遊んでみたい

ここでは、蜀の人たちでも遊んでみたい に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな今日この頃です。

まずは手元にある蜀のカードを挙げてみましょうか。

SR
黄月英


馬超
劉備・関羽(新)
黄忠

UC
黄忠・馬岱
張飛・関羽・陳到
法正・麋竺
劉禅・甘皇后
黄月英


張松・廖化
夏侯月姫・王平・雷銅・劉封・陳珪&陳登・孟達・孫乾
沙摩柯・呉懿・伊籍・麋夫人

まだまだ無いカードも多いですねぇ。
ともかく、これで試しに組んでみることにしましょうか。
新しく蜀で組む上で、最低でも欲しいものが3つあります。
・高武力の槍(勇猛持ちなら尚良し)
・伏兵
・妨害計略、ダメージ計略
この最低限の条件を満たし、且つ手元のカードでやりくりできるものを
考えるとこんな感じになりました。

2.0 R 馬超
2.0 UC張飛
1.5 UC馬岱
1.5 UC法正
1.0 C 張松

ダメージ計略が無いと敵のおバカさんたちが伸び伸びとしすぎるので困るのですが、人材難ゆえ仕方ありません。1.5の枠にR徐庶あたりが入れられれば良いでしょうか。
本当は弓を1部隊くらい入れたかったんですが……。

荀イク対策は張松。
挑発は指揮3なので、不毛ですがお互い士気の無駄使いをして純粋に武力勝負になります。こちらは5部隊あるので殲滅することはできなくても、なんとか隙を見て攻城することはできるかもしれません。

雨落雷対策は馬超&張松。
馬超になんとか頑張ってもらうほかありません。雷使いが槍の場合も張松で引っ張って馬超さんの突撃です。実際問題かなりキツイとは思いますが。

神速号令対策は張松&兵法連環。
兵法で止めて張松で引っ張る。相手は集まってますから、挑発はかけやすいでしょう。張飛の存在も馬相手にはいくらかの圧力になってくれるでしょう。

なんて流行のデッキに対しては少し考えてみましたが……不安です。序盤張松と伏兵さんを使って敵の主力低知力を片付け。馬3騎でバラバラに攻城。他の部隊は足止め要員です。

中盤以降はなるべく敵を撤退させず、こちらも撤退しない、そして隙を見て攻城が基本。主に使う計略は挑発。というかむしろ挑発しか使わないくらいの勢いで(笑)張松で引っ張って張飛で迎撃とか、城にくっついた敵を攻城される前にはがすとか。完全にキーカード、だから撤退させちゃダメ。武力1だけど……。

あと気をつけるのはダメージ計略でしょうか。張飛と馬超が一度に焼かれたり流されたりするともう駄目そうです。それだけは絶対に避けないと……間違いなく狙ってくるでしょうけど(笑)

しかし戦い方が、なんかねちねちとした嫌らしいものになりそうなデッキですねぇ。R劉備あたりを入れると少し勢いとさっぱり感が出そうですが、計略の使い所が難しそうなのでやめました。R関羽(新)も勇猛の差でU張飛に敗れ落選。伊籍とか劉禅なんかも使ってみたかったのですが入れる隙間が見当たりませんでした。張松と変えるわけにもいきませんし……残念。

麋夫人か孫乾で2.0コストを回転させるっていうのも良さそうなのですが1.5コストの人たちがなんとも邪魔ですねぇ。2.0×3+1.0×2の編成が好きなのかもしれません。1.0コストで使いたい人たちがたくさん居るんですが、現実的に組み入れられるのが8コスト中2コスト程度だってことでしょうかねぇ。1.0コスト3隊だと武力的に厳しそうですし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/641-ff7f7565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。