コミックスのお話

ここでは、コミックスのお話 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『コミックバトン』に画像なんかつけてみたりしました。最初はネットに適当な画像が落ちてるだろうからそれを利用しようと思っていたのです。が、ありません。適当なのが……あんまり普通なものを選んでもとか考えたのが悔やまれます。

仕方がないので、書棚の奥から引っ張り出してスキャン。本の状態以上のものは無理ですが、わりときれいな画像がUPできたのではないでしょうか。しかし、なんやかんやと意外に時間がかかるものですねぇ。画像いっぱいの華やかなブログやサイトの管理人さんたちはこんなことを毎日やっているのかと……頭が下がります。

さて、画像を探してネットの探検をしたなんてことを話しましたが、お目当てのものは結局見つからなかったとはいえまるっきり無駄というわけでもなく、今回はその時見つけたものの紹介なぞしてみましょうかと思います。

今回の探検の一番の成果。
まんが・コミックの464
ここは立ち読みという機能がありまして、立ち読みだからというわけでなのかあまり画質はよろしくないのですが……それはともかくコミックが読めちゃいます。無料です。登録とか面倒な手続きも要りません。

25 わかつきめぐみの中にバトンで紹介した「SoWhat?」もあったので、時間があったら立ち読みしてみてください。58 きくち正太に「おせん」もありましたし。あと、ここに来られる方の多くが興味を持っているであろう三国志ものもありましたよ。蒼天航路とか横山三国志とか。

そうそう、「おおきく振りかぶって」(ひぐちアサ)もあったので気が向いたら読んでみてください。野球漫画ですが、今までの良くある野球ものとはまた少し違って面白いですよ。最近のおすすめです。

平成18年4月1日から会員制、月額380円ってことになるらしいのですが、いましばらくは自由に使えるようです。あと4ヶ月ほどの間ありがたく楽しませていただくことにしましょう。 
☆  ☆  ☆

麻生太郎
お次は、まぁネタのようなものかもしれませんが……(笑)
口の曲がった政治家、麻生太郎氏のインタビューです。

『麻生太郎 コミックを語る』だそうです。
アドレスはこちら http://www.aso-taro.jp/newspaper/030702-1.html

~以下適当に抜粋してまとめたり~

Q:今、どれくらいお読みになってるんですか、コミック誌は?

A:え~、「マガジン」「ジャンプ」「サンデー」「チャンピオン」。厚いやつが4つ。それから、「ビッグコミック」「オリジナル」「スペリオール」「スピリッツ」「モーニング」。あ~、「ヤングジャンプ」「ビジネスジャンプ」。まだありますよ。 週、まあ、10~20冊<らいは。月曜日になったら、「ジャンプ」と「スピリッツ」、火曜日はなにもないけど、水曜日になったら「マガジン」「サンデー」、木曜になったら「モーニング」が出てきて、「チャンピオン」に「ヤンジャン」が出て。コミックって、基本的に面白くないっていうのはない。今は、アニメーションなんかで、かなりオタクで、わかんないものってありますけど。

Q:留学された時も、引き続きコミックを読まれてたそうですが。

A:アメリカに居た間は、ウチのおふくろについてた秘書の人が送ってくれてた。ずっと、頼んでありましたよ。『マガジン』と『サンデー』。船便で送ってもらって、楽しみにしてた。毎週火曜日くらいに着いてたかな。

Q:留学からお帰りになって、麻生産業にお入りになって、それから、社長をお勤めになりますよね。その間もずっとコミックをお読みになってた?

A:うん。継続してかないと、話がつながらないから。ずっと読みつづけてておもしろいなと思うのは、127巻出てる『ゴルゴ13』とかね。102巻だったかな、『弐十手物語』とかさ、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とか、130何巻でてるでしょ。月曜日に「ジャンプ」読んで、『こち亀』読んで笑えないと「ああ、俺、疲れてるかな」って、思いますもの。

Q:政治を扱ったコミックも、増えてきていますが……

A:かわぐちかいじさんの『沈黙の艦隊』なんて、あれ、政治ですよ。国連にたいして、おもしろい角度から取り組んでる話ですから。あれは間違いなく政治ですよ。そうですね、中国の歴史を扱った『蒼天航路』なんてのもそうかもしれませんね。

Q:ちょっとマニアックな品揃えのコミック専門店へ、こ自分で行かれるんですか?

A:東急文化会館、昔のプラネタリウムの、あれの6階にね、ワンフロア全部コミックってとこがあるんですよ。(三省堂コミックステーション渋谷)護衛官と秘書と、運転手さんも来てくれて。はたから見てたら異様な集団だろうね。今じゃ護衛の人もコミック読むようになって、「ゴルフ漫画で、おもしろいの出てます」とか、逆に教えてくれる。毎号読んでるコミック誌以外の、新しいのは、なかなか知る機会ありませんから。ただね、老眼鏡かけてコミック読むのは、ちょっと努力ですね。それは間違いないな。

今、やっぱり、日本のカルチャーをもっとも支えてるのは、一番で言ったらアニメーション。二番がコミックで、僕は間違いないと思うけどなあ。あの、えらい流行ったやつ、なんだっけ、アメリカでやたら流行った……ポケモン。「ピカッチュウ」と「ピカッピカッチュウ」、このふたつで全部通じる世界でしょ。完全に日本のカルチャーなんですよ。

ロボットは人間が困った時に助けてくれるものっていうイメージを作り上げた。このことに関しての功績は、手塚さんに勝るものはないと思いますよ。だから、あの方が亡くなった時に国民栄誉賞を出そうっていう話したんです。「今日の日本のこれだけのロボット状況を生んだ最大に功労者は、手塚さんです」って、頑張ったんですが。『鉄腕アトム』こそ国民栄誉賞だと思ってたんだけど、「漫画家で勲章を取ったやつはいまだかつて一人もおらん」と。とりあえず、勲章の方をって話だったから、まあ、承知した経緯がありましたね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
漫画大好き!ってことは良く分かりました。親しみやすさをアピールみたいな政治宣伝じゃなく、確実に本気で読んでますね。もしもイメージ戦略だとしたら、ちょっとやりすぎて失敗しちゃったかも。引きますよ、これだけ語られちゃったら。……凄い人です、いろいろな意味で(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/640-8a16a9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。