121戦目

ここでは、121戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
121戦目
121戦目のお相手は千葉の千葉レジャーランド野田店よりエントリーの方です。
戦績は194勝164敗。

編成はSR関羽、SR張遼、R郭嘉、U司馬懿の4枚です。
記念すべきIC1枚目の最終戦に魏の関羽さんが駆けつけてくれました(笑)全部隊騎馬、そして超絶強化、全体強化、弱体化と計略もそろっています。全体的に高知力ですが、たしか魏の関羽さんはそれほど賢くなかったような……。4かあって5くらいじゃなかったでしょうか。

関羽の計略は使う状況が限定されているので、軸になるのは張遼、郭嘉でしょう。高武力が2隊居るとはいえ、後方士気も+3なら対処できると思うので2重掛けつまり士気8が必要になってしまいます。神速号令も7か8くらいの士気が必要だろうと思うので序盤はそれほど計略を気にしなくても良いかもしれません。

何より、今回の相手にはダメージ計略持ち、反計、浄化が居ないのでうちのおバカさんたちは安心して戦えますし蒯越さんの弱体化も有効でしょう。士気5ですが広範囲の敵の武力が4下がるので弱体化としてだけ見るのであれば士気6でそれほど範囲の広くない司馬懿さんより使い易いですし、郭嘉さんが後方指揮をしてきても(+3)と(ー4)なら相手に士気を使わせただけでOKでしょう。

相手とすれば典韋に伏兵を当てたいでしょうし、早く戦力を増やさないと2部隊では心許ないでしょう。最前線に伏兵が居るはずなので陳宮で見つけて龐徳・夏侯淵で突撃。典韋で迎撃をとりつつ蒯越は関羽さんに踏んでもらえるとありがたいですね。

あとは兵法ですね。無難に再起あたりの線が濃そうな気はしますが連環で止めて神速号令で殲滅なんてのも有りかもしれません。あとは増援と魏軍大攻勢の可能性が少し。再起なら早めに使ってもらえるように頑張るくらいしかありませんし、連環ならこちらも兵法を使うくらいでしょうか。まぁ序盤に押し込まれなければなんとか対処できるでしょう。

地形はお馬さん大喜びの平原です。城門前に櫓が組んであるくらいですね、障害物は。こちらのお馬さんたちにも頑張ってもらうとしましょう。
さて開戦です。それではまずは陳宮さんに頑張ってもらいましょう。
右翼から侵攻して戦場を左翼に横切っていきましょう。と、右翼に向かった陳宮めがけて張遼さんが突っ込んできます。どうやら伏兵、右に居るみたいです。撤退するのは面白くありませんが陳宮の序盤の役目は伏兵暴きです。思い切って行っちゃいます。さらに典韋もそちらに向けて侵攻開始です。

やっぱり最前線右に居ました伏兵さん。それも2隊。
陳宮撤退。お役目ご苦労さまです。郭嘉、司馬懿に龐徳・夏侯淵で突撃。蒯越はこっそり攻城もありかな?と左翼を侵攻させます。典韋は関羽を迎撃、さらにオーラ槍を郭嘉、司馬懿に向け削ります。これで2部隊撃破。

さらに関羽・張遼と突撃の打ち合いに。基本武力は劣っているものの最初に与えたダメージもあってこちらが有利です。良い感じ。

と、ここで一騎打ち発生。
夏侯淵 vs 張遼 です。
無双
121戦目一騎打ち
△・○・△・×・×
夏侯淵撤退。

が、張遼もすぐに龐徳・典韋で撃破。関羽が城に向かいますが、右から追っていくと蒯越を踏んで撤退。蒯越はそのまま城壁で攻城準備に入り、典韋も城門へ向かわせます。龐徳は援護すべく櫓を壊したりしながらうろうろさせます。ここで敵軍再起の法。蒯越の攻撃は成功したので、3部隊で一旦城に帰ることにしました。

そろそろ士気も充分です。神速号令なり、後方士気二重掛けなりの強化をして巻き返してくるでしょう。兵法で止めてから弱体化W、まとまった敵を典韋で削るなり突撃を入れるなりできそうです。武力2の弓攻撃も地味に嫌らしいでしょう。

さて、敵軍が城門前に並んでいます。まぁ予想通りですね。逃げられないように自陣まで引きつけてから連環の法発動。さらに弱体化×2。これで最高武力5の集団です。念のため関羽は先に倒し、後は予定通りに各個撃破。典韋を乱戦にしてしまうというミスのおかげで時間はかかりましたが、騎馬3隊で突撃を繰り返し事なきを得ました。

一足先に城攻めに向かった蒯越の城門攻撃が成功する中、ダメージの大きい龐徳・典韋・陳宮は城へ帰し、夏侯淵も敵城へ向かわせます。順調にダメージを与え、このまま落城かな?と思ったところで関羽が復活してきました。そして当然のように鬼神降臨、関羽に雷が落ちて超絶強化です。

本当に鬼神の強さで城に張り付いていた部隊を打ち破りこちらに向かってきます。が、放っておいてもいずれ効果が切れるでしょうしそれから残り部隊で殲滅すれば良いやと関羽の活躍を見守ります。

ふと、陳宮の水計でどれくらいダメージがあるかな?と思い確かめようと陳宮を出すと関羽が下がってしまいました。蒯越・夏侯淵を倒しただけで満足してしまったのでしょうか。しばらくして関羽がまた出てきたのですが、自城前をうろうろするだけです。そろそろ残りの部隊も復活してきて良いはずなんですが、出てくる様子はありません。

いったいどうしちゃったんでしょうねぇ。
ともかく、戦場には関羽と陳宮の2隊のみがうろうろしている状態が続きこのまま時間終了。なんだか妙な終わり方でしたが、ともかく勝ちは勝ちです。この一戦でめでたくIC一枚目が終了。次からは二代目POKE軍での戦いということになります。
1枚目終了
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/635-12317caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。