117戦目

ここでは、117戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
117戦目

進軍して117戦目のお相手は岡山の岡山ジョイポリスよりエントリーの方です。
戦績は256勝300敗。
まぁこさんの地元の方ですね。

部隊編成はSR馬超、SR劉備、SR孫尚香、R趙雲の4枚。
113戦目に戦った相手と少し似てますね。槍が2部隊に馬と弓が1隊ずつ。伏兵なし。ただ、今回は復活持ちが2人も居るので倒しても倒しても……という状況にならないよう願いたいものです。復活持ちは普通より5カウント程度早く戦線に復帰してきますからねぇ。100カウントしかない戦いの中での5カウント差は大きいです。

どの武将も良い計略を持っていますが、中でも注意すべき計略といえば馬超と劉備でしょうか。馬超の破壊力は脅威ですし、劉備の英傑号令も武力上昇値は超絶強化には及ばないもののその効果範囲と持続力は軽視できないでしょう。

槍2隊は復活持ちなので積極的に攻めてくることが予想されます。相手のペースに巻き込まれないようにしたいものです。今回もこちらの計略は水計と弱体化がメインです。水計は馬超だけでも撤退させられるのなら撃って良いかなと思います。コスト2.5分を削れれば戦いはだいぶ楽になるでしょうから。

弱体化に関しては趙雲が居るので、相手の士気をある程度は考えて撃つ必要がありそうです。有効な計略ばかりの敵軍ですが、それが逆に使い時を難しくさせるなんてこともあるかもしれません。なんにしろこちらの主目標は馬超です。次が孫夫人。槍はどうせすぐ帰ってくるので急いで倒してもあまり良いことがありません。体力が減ったら城に向かって帰ってくれるのを見送って城に入りそうになったら撃破なんて形がとれたら理想的ですね。

戦場は左右に森の広がる平原です。中央と城壁前に障害物がないので攻め守りの際には問題ありませんが、中央部分の争いは激しくなりそうです。槍にとっては盛なんてさほど気に留める必要もないのかもしれませんが、馬にはなかなかの障害ですから。

さて、それではそろそろでしょうか。今回の敵には妨害系の計略はありませんので
部隊を集中運用して確実に敵軍を屠っていきたいものです。あと、馬超に対する圧力をかける意味でも典韋には常に戦場に睨みを効かせておいてもらうよう心掛けます。
それにしても敵軍に伏兵が居ないっていうのはこんなにも気分が違うものなんですね。
敵軍は中央に密集隊形で布陣しています。劉・趙がじわじわと進軍しつつ後方で馬超が走り孫夫人が弓を構えています。相手は伏兵を探す必要がありますからね。敵のエースが働けないうちにこちらは騎馬隊にがんばってもらうとしましょうか。

ミニマップを見ながら敵軍との距離カード2枚弱程度のところにカードを移動させ迎撃を受けないように接近させます。典韋も槍が消えたらひっかくべく前進。弓は先行の馬が受けてくれているので安心です。

先頭の陳宮はちょっと行き過ぎて迎撃を貰ってしまいましたが、主力の2部隊は無事乱戦に持ち込み槍を消すことができました。ここからは典韋の出番です。くっつきすぎないように気をつけながら引っかきます。たまに円を描くように動かして距離をとります。陳宮には帰ってもらうことにしました。

敵の両槍部隊を削り終わったのでそのまま侵攻。孫夫人に主力騎馬2隊で突撃をかけ
撤退させます。馬超も近づいてきますが典韋で威嚇して追い払います。中央で典韋に睨みを効かせてもらいつつ夏侯淵を右城壁へ。龐徳は陳宮と交代して城で回復してもらいます。

蒯越は夏侯淵の迎撃に来たところを踏ませるべく前進。城壁に1撃入ったところで敵軍再起の法。馬超は城に帰って城内から夏侯淵の元に再出撃。ここで蒯越を踏んで撤退。さらに1撃入ったところで今度は夏侯淵が龐徳と交代、城に帰します。

典韋を援護に陳宮を城門に入れてみます。と、敵軍が迎撃に出てきました。陳宮にはそのまま帰ってもらい、龐徳に攻城エリアを移動して城門まで来てもらいます。攻城エリア内では突撃オーラが出ないので迎撃の心配はありません。まぁ、少しずつダメージは受けちゃいますけど。

乱戦になったところで典韋の出番です。劉さんをとろけさせます。と、左右城壁から趙雲と孫夫人が。弓と槍で攻撃してきます。蒯越爺に弓で趙雲に攻撃してもらいつつ典韋を向かわせ、孫夫人のもとには攻城を諦めて突撃態勢で龐徳に向かってもらいます。

孫夫人は城内へ逃げ込みます。そこで、典韋には乱戦になってもらって龐徳で趙雲に突撃するべく転進させます。と、ここで趙雲が自身を強化。こちらも典韋を超絶強化させようかとも思いましたが、馬超が怖いのでそれは止めておくことにました。

典韋、龐徳の2人で趙雲をなんとか倒す事に成功。がかなりのダメージを負ったので爺と夏侯淵に援護してもらいながら帰城。陳宮を戦場中央で走り回らせます。もう水計準備はできたので、馬超待ちです。

孫尚香が中央から出てきて爺を射てきました。このままでは武力的に負けてしまうので夏侯淵と陳宮を向かわせます。と、ここで馬超出陣。そして計略発動!
「おぉりゃぁー!(ドカーンッ!!)」
猛スピードで走り始めます。
が、兵法連環発動。さらに陳宮を移動させて孫尚香と共に
「流されちまえっ!(ズサーッ!)」
両部隊ともに撃破。

夏侯淵を城門、陳宮を左城壁、蒯越爺を右城壁にて攻城させます。お城で休んでいた典韋、龐徳にも援護に加わってもらいます。城門に劉備が現れますが、問題なく撃破しさらに攻城。このまま落城させることに成功しました。

ちょっとなんだか最近良い感じです。どうしちゃったんでしょう(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/623-39f653aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。