113戦目

ここでは、113戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
113戦目

さて今回のお相手は埼玉の埼玉レジャーランド春日部店よりエントリーの方です。85勝116敗、勝率42.3%。経験は全く敵いませんが勝率は良い勝負です(笑)

部隊編成はSR孫尚香、R関羽、R馬超、新R趙雲の4枚。回復の孫尚香、号令の関羽、そして今回の修正効果時間が長くなったという馬超。趙雲は馬を追いかけていくほど早くなるらしいのですが、今回見られるのでしょうか。

使われて嫌な計略はSR孫尚香とR馬超でしょうかね。新R趙雲はともかく車輪号令は正直どうでも良いかなぁ。孫尚香と趙雲は良く覚えていませんが、馬超はおバカだったはずです。もしも号令用に横一線に並んでくれたら陳宮の出番がやってくるかもしれません。

地形は戦場中央の左右両端に岩場、城門前に櫓がある他は平地です。この相手に対して特にやり難い地形というものでもないでしょう。今回、伏兵は誰に踏んでもらっても構わないので蒯越は前線に配置しておきます。馬超が踏んでくれたら儲けでしょうか。典韋を少し後方に、残りは前戦に。

敵に伏兵は居ないので序盤から自由に動けそうです。まずは敵から機動力を奪うこと、そして迎撃をもらわないこと。できるなら回復持ちを早めに倒すこと。今回心に留めておくべきことはそれくらいでしょう。

敵が兵法連環でこちらが離れている隙に主力で攻城なんて場合も考慮しておいた方が良いでしょうか。馬と槍では攻城能力の差が大きいですからねぇ。ただ、これは典韋を控えさせておくだけでケアできるでしょう最悪の場合こちらも兵法を使えばなんとかなりそうだと思います。
さて、それでは開戦です。
まずは様子見ということで騎馬を走らせていると、関羽が伏兵探しに出てきました。
いくら知力が一番高いとはいえ、3.0コストで伏兵探しとは大胆な作戦です。今回はお望みどおり伏兵を踏ませてあげることにして、蒯越と乱戦になったところに突撃。主力を撃破することに成功しました。

こういう展開になったのであれば典韋を控えさせておくこともありません。前進させ戦列に加えることにします。その間、馬超&趙雲と龐徳&夏侯淵は熾烈な争いを繰り広げていました。後方からの蒯越と陳宮の援護もあり2部隊を撤退させることに成功。

夏侯淵は撤退しましたが、残りの敵は弓の孫尚香だけです。特に苦労することもなくこれを撃退し、柵を壊すと城門に典韋を待機させます。蒯越と陳宮で櫓を壊しつつ援護。龐徳は帰城させます。

敵軍再起の法使用。こちらも連環の法使用で迎撃を遅らせ城門に1撃を入れることに成功。士気も溜まったので、陳宮・蒯越ともに狙いを定めて敵が出てくるのを待ちます。龐徳も援護に加わり返り討ちにする準備は整いました。

中央に槍2隊、左右両端から弓と馬が迎撃に出てきました。一度に流すのは無理のようなので、蒯越で弱体化。乱戦になっている敵部隊に突撃。敵馬超もここで強化計略を使ってきましたが、こちらは典韋の意地も使って槍を殲滅し馬超に向かいます。

馬超は城内に隠れてしまったので、その場で待機して城壁に一撃。騎馬と弓で孫尚香が城内に逃げ込む前に撃破することに成功し、龐徳を城門に。夏侯淵を右翼城壁につけ馬超の迎撃を待ちます。

馬超が城門脇から出てきて龐徳と乱戦になったので、陳宮で突撃。蒯越で弓。撃退に成功したので、みんなで攻城。このまま落城させることに成功しました。落城したり、させたりここ数戦なんだか派手ですねぇ(笑)

敵を弱体化させてこちらが強化すれば、かなり気持ちよく敵兵を倒せますね。敵が密集している時は水計を選択することしか考えていませんでしたがたまには違うことをやってみるのも良いかもしれません。今回うまくいったのは偶然と幸運のおかげでしょうけど(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/615-e43ec256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。