初陣

ここでは、初陣 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初陣

さいぼう軍

さて、名前の入力も無事完了していよいよ初陣です。
もちろんチュートリアルなんてもんはぶっとばしました。
細目の軍師に用はありません。見習い指揮官は早く戦がしたいのです。

初戦の相手は蔡瑁軍です。サイボーグん?いきなり駄洒落できました。
なかなか侮れませんCPU。で、デッキ構成は蔡瑁、文聘と一般兵が3人。
生意気にも伏兵が居ます。この一般兵知力はいくつなんだろう。
ま、所詮は一般兵知力3程度と見た。我が軍の敵ではありません。

初期配置
真ん中に柵を置いて、その後ろに弓兵の二人。槍で弓を守りつつ、遊兵の曹彰で敵を殲滅してやります。と、シュミレーションも済んだところで開戦。

開戦直後、我が軍はいきなり予定を狂わされました。遊撃隊の曹彰が伏兵にかかって一発退場してしまったのです。一般兵を甘く見ていました。あいつの知力はきっと6ぐらいだったに違いありません。
が、曹彰は居なくなったものの敵軍主力のはずの蔡瑁、文聘両将軍を
甘寧・蒋欽の弓兵部隊であっさりと撃退成功。槍2隊で城門を破壊。
開始後およそ40カウントでの鮮やかな勝利でした。

兵法、計略ともに使う暇もなく落城させてしまいました。
この軍、ひょっとして強いかも・・・なんて思いそうなほど
幸先の良いスタートでした。
曹彰以外にはきっと恩賞もどっさりだったに違いありません。

今回の教訓:伏兵には気をつけよう。一般兵もなかなかやるぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/6-6d958f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。