トマトのお酒

ここでは、トマトのお酒 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とまーてトマーテ
http://www.asahibeer.co.jp/tomate/

という、トマトのお酒を飲んでみました。

……えーっと、微妙、です。
350ml飲めないってほどにマズいわけではありませんけど、好んで飲みたいとは思えない味。でも、「炭酸飲料って言えばドクターペッパーだよ!」とかそんな人には好まれるかもしれないなぁなんて(笑)

個人的には罰ゲームなら嫌々飲むけど、自分から進んで飲むことは無い、そんな味でした。何よりトマトのお酒って感じじゃないんですよね。トマト風味が薄いんです。で、低アルコールなのに後味にお酒が結構残ります。変に甘いし。

これは自分でトマトジュースとお酒を混ぜた方が美味しいです、間違いなく。後から、メインターゲットが若い女性らしいということを聞いたのですが、女性はこういう味が好きなのかなぁ。

トマトが苦手な人や、お酒が苦手な人も飲めるようにって味を調整していったらこんなんできちゃいました、みたいな気が……そういう人はきっと敢えてここに挑戦してこないと思いますけど(笑)薄いとは言ってもトマト嫌いな人には無理な味だと思うし。まぁ、人は失敗を乗り越えて逞しくなっていくものです(笑)

トマトのお酒、トマトジュースのカクテルといえば、ブラッディーマリーやレッドアイなんかが有名だしお手軽に美味しいですよね。トマトジュースをどのお酒で割ったかってだけの違いですけど(笑)

ブラッディーマリーはウォッカとトマトジュースを混ぜて、レモンを添えたお酒。トマトジュース多めで少し塩を入れたのが好きです。トマトには砂糖より塩派なんです(笑)ウォッカは入れすぎないように、先にグラスに注いだ方が安心。

レッドアイはトマトジュースとビールを混ぜてレモン少々。マヨベースのドレッシングで野菜スティックなつまみがベストマッチかと(笑)ビールはあんまり飲まないんですけど、これなら結構飲めます。

ねっけつゆきむらそういえば、焼酎割りする人もたまに居ますけど、あれは名前ついてるのかなぁ。聞いた事ないな、トマト割りって言ってたような気がする。

無いのなら付けてしまおうほととぎすということで、焼酎だから和な名前、和な人、戦国武将……「熱血幸村」とか(笑)真田家の赤具えで赤つながりだし。それともメアリー女王みたいに「血まみれ幸村」が良いでしょうか。

なんて思いつつ、真田幸村さんの画像を探していたら思わぬ熱血さん画像がヒット。戦国BASARAってゲームの幸村さんらしいです。なんという熱血さん。これはやっぱり「熱血幸村」ですね。って、そんな事ここで決めちゃっても普及しないだろうし、意味無いんですけどね(笑)っていうか誰か名前を教えてください。

でもまぁ、せっかくなので焼酎のトマトジュース割りは「熱血幸村」ということにしておきます、一応。決定(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/588-4cd5d08b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。