バーコード

ここでは、バーコード に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めも

商品の製造元をバーコードから割り出すIT media Biz.ID

製品についているバーコード(JANコード)から企業名や住所等の連絡先を検索することができる。

財団法人流通システム開発センター
GEPIR Search グローバルコード情報提供サービス



・・・
JANコードとは
【Japan Article Number】の略称で日本国内で最も普及している商品識別コード。WPC(World Product Code)に属し主にアメリカで普及しているUPC、ヨーロッパで普及しているEANと互換性がある。

13桁の標準タイプと国内のみ使用可能な短縮タイプがありコード内訳はそれぞれ以下の通り。

13桁タイプ
・国コード(2桁)、メーカーコード(5桁)、商品コード(5桁)、チェックデジット(1桁)
・国コード(2桁)、メーカーコード(7桁)、商品コード(3桁)、チェックデジット(1桁)

8桁タイプ
・国コード(2桁)、メーカーコード(4桁)、商品コード(1桁)、チェックデジット(1桁)

チェックデジットとは、番号の入力ミスを発見・検出するためのチェック用の数字のこと。チェックには「モジュラス10/ウェイト3」「モジュラス16」が使われる。(cf.追記)

cf.バーコードとは?

JAN、EAN、UPC共通国コード
日本(45、49)
アメリカ(0~9)
フランス(30~37)
イギリス(50)
ドイツ(40~44)
ロシア(46.0~46.9)
インド(89)
中国(69.0~69.1)
台湾(47.1)
韓国(88)
北朝鮮(86.7)
.
.
.
・・・
チェックデジット算出方法
 ・モジュラス10/ウェイト3(JAN、ITF等)


① 一番右側のキャラクタを奇数として全てのキャラクタを奇数位置と偶数
  位置に分ける。
② 奇数位置のキャラクタを合計して3倍。
③ 偶数位置のキャラクタを合計。
④ 上記②③と合計。
⑤ 10から④の1の位の数字を引いた数字がチェックデジット。
  ※ITFの場合はチェックデジットを偶数としなければならないので
   「0」を付ける。

    例:「351386327796」のチェックデジットを求める。
      ① 奇数を赤文字とすると「351386327796」となる。
      ② 奇数位置のキャラクタを合計して3倍。(5+3+6+2+7+6)×3=87
      ③ 偶数位置のキャラクタを合計すると  3+1+8+3+7+9=31
      ④ 2と3を合計すると87+31=118
      ⑤ 118の1の位「8」を10から引いて 10-8=2
      よってチェックデジットを含めた値は「3513863277962」となる。





 ・モジュラス16(NW-7等)

文字 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
数値 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

文字 - $ : / ・ + A B C D
数値 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19


① 上記の図を使用し、スタート・ストップを含め全てのキャラクタの数値を
  合計。
② 合計の値とチェックキャラクタの数値の合計が16の倍数になるようにす
  る。
  全てのキャラクタの合計を16で割り、余りを求める。
③ 16からその余りを引く。
④ ③の数値を上記表に当てはめた数字をチェックデジットとする。

    例:「a16329a」のチェックデジットを求める。
      ① 上記表に当てはめると、16+1+6+3+2+9+16=53
      ② 16で割ると余りは5
      ③ 16-5=11
      ④ 11を上記表に当てはめると「$」
      よってチェックデジットを含めた値は「a16329a$」となる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/579-f0383e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。