「長生きタイプ」と「早死にタイプ」

ここでは、「長生きタイプ」と「早死にタイプ」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分は「長生き」するタイプなのか、それとも「早死に」するタイプなのか? これが、非常に簡単な方法で分かるかもしれないというと、やってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

 それは、時計を見ないで「1分」を数えるという方法です。その時間を実際の1分と比較してみましょう。さて、あなたの予想した1分は、実際の1分よりも長かったでしょうか、それとも短かったでしょうか。
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/425/425349.html

どっちだろうかと試してみました。本来は1回で良いのかもしれませんが、3回ほど挑戦。なかなかぴったりって難しいものですね(笑)

・1回目 58秒
・2回目 55秒
・3回目 63秒

とはいえ、なかなか良い線でしたよ。1分あたり最大誤差5秒って時計としては役立たずの失格ですけどね(笑)それに、今回の診断にはきっとあんまり関係ありませんし。

で、肝心のタイプはどちらなのでしょう。記事に戻ってみると

予想した1分が、実際の1分よりも長かった人は「早死にタイプ」、実際の1分よりも短かった人は「長生きタイプ」だと考えられます。この結果は一見、逆のように思えるかもしれません。

 しかし、よく考えてみてください。実際の1分がたった時に、まだ45秒とか50秒くらいだと思っているということは、その人がまだ、45分とか50分くらいだと思っているときに、実際には1時間が過ぎてしまうことになります。結果的に、その人は時間に追われてしまうわけです。

(中略)前述の調査は、高齢者を対象に行われたため、すべての年齢の人に当てはまるとは言えません。しかし、時間に追い立てられると寿命が短くなるという結果は、示唆に富んだ結果で、参考になりそうです。
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/425/425349.html

今回の結果は、ちょっと長生きタイプ寄りという所でしょうか。それにしても、この診断だと、せっかちで30秒くらいを1分だと数えてしまう人は1時間あたり30分の貯金が出来ちゃうってことでしょうか。すっごい長生き。それ、凄すぎ(笑)

ただ、逆に長く数えちゃった場合でも、時間に追い立てられたように思わない人には当てはまらなさそうですね。遅刻しそうになっても、走らない人とか、締切に遅れそうになっても延ばしてもらえば良いやなんて焦らない人とか(笑)

時間、やる事がたくさんあるとあっという間に過ぎてしまってビックリですけど、あんまり忙しい忙しいって焦らないでいけると良いですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/571-7b9940ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。