23戦目

ここでは、23戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばしょく軍
23戦目は『自信過剰 馬謖軍』こと馬謖軍です。
またですか。この人たちの相手は正直もう飽きました。
どうしようも無く弱いので、この人たちが相手の時は
完全に調査と確認そして練習のための一戦になります。

で、前回神速状態の曹彰は攻城までが早いような気がすると
書いたのですが、謎が解けましたよ。おそらく。
このゲームをやっている人であれば先刻ご承知の事とは思いますが
攻城ゲージというのは部隊が止まっている時にしか溜まっていきません。

攻城ゲージは部隊が攻城ゾーンに入ると出現するのですが、下図の
右に居る甘寧さんのように天井にカードを置いていると攻城ゲージが
出てからも、その場所まで移動し続けるためゲージはたまりません。
槍・弓など移動速度がそれほどでもない部隊ではこのロスはなかなか大きいです。
攻城ゾーンの図

さて、曹彰くんが神速状態だと攻城までが早いというのは
分かってみれば単純なことです。攻城ゾーンに入ってから天井までの
移動が早いので、ゲージが溜まり始めるのが早いだけだったのです。

ということは、上図の最左に居る曹彰くんの位置に配置すれば
その移動ロスなく攻城ができるということになります。
見れば筐体の盤面にも攻城ゾーンはちゃんと書いてあるではありませんか。
もしかして知ってて当然みたいな事でした?

攻城に際しての1カウントっていうのは時に戦局を左右するほどの
重さがあるので、できるだけ意識しておきたいものです。
あと、弱点である城門は枠の中に入らないと城門への攻城とみなされないようなので
注意が必要です。攻城自体は行われるのですが、城壁への攻城となってしまいます。

攻城ゾーンは武将カードが縦に2部隊ギリギリで入らないくらいの広さになっています。
動きが遅いと噂の攻城兵なんかだったら、およそカード一枚分の移動時間っていうのは
かなり馬鹿にならないでしょうね。城門に2回、城壁に3回で落城とのことなので
攻城エリアに入ってすぐ攻城を始めるか、城門の攻城エリアまで移動するかは状況によっては迷い所のような気もします。

カード全体が攻城ゾーンに入る必要はありません。城壁と書かれたゾーンにカードの頭がくっつく辺り、少し攻城ゾーンからカードがはみ出しているくらいで攻城ゲージが出現します。つまりはほぼ城壁ゾーンの分の移動距離が無駄なわけですね。

戦闘の方ですが、馬謖軍は予想通り弱く全く危なげなく勝利を収めることに
成功しました。今回も馬謖さんは柵にあたって姿を現すという失敗をして我が軍を
助けてくれましたとさ。


今回の発見&教訓:攻城ゾーンは意外と広い。ちゃんと把握してロスをなくそう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/53-1294bdd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。