麻雀格闘倶楽部

ここでは、麻雀格闘倶楽部 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pecoさんが始めたというので便乗して麻雀格闘倶楽部というのをやってみました。

アーケードゲームのオンライン麻雀といえば既にセガのMJをやっているのですが、その違いをみるのも楽しみです。それぞれに日本プロ麻雀連盟公認(麻雀格闘倶楽部)、日本プロ麻雀協会公認(MJ)との文字が見られるのですが麻雀組織に詳しくない身にはどんな違いがあるのやらさっぱりです(笑)ざっと調べたところ競技麻雀のプロ団体というのは6つもあるらしいです。これって多くないですかね(笑)

日本プロ麻雀連盟に所属している中では小島武夫、荒正義、二階堂姉妹という人たちが有名らしいです。
日本プロ麻雀協会の方は……有名な人は誰なんだろう。って、どうせ名前を言われても分かりませんけどね(笑)

さて、前置きはこのくらいにして、さっそくゲームを。と、ゲームを始めるにあたってまず違いがありましたよ。それはICカードです。MJの方はMJ専用のICカードを用意する必要があるのですが、麻雀格闘倶楽部(以降、倶楽部で)の方はコナミのゲーム共用のe-AMUSEMENT PASSというものを用意すれば良いようです。同じコナミのQMAと共用で良いようです。使用回数制限も書いてありませんでしたが、その辺もセガとはだいぶ違うようですね。

ともかく、既にQMAで使っていたので今回新たにカードを用意する必要はありませんでした。筐体にカードを差し込んで100円入れたらすぐに遊べます。まずは名前と所属地域なんて事を登録、で遊びたいモードを選択すればゲーム開始です。とりあえず全国段位別戦(東風)というのを選んでみました。
さぁ、ゲーム開始です。画面は倶楽部の方が見難いですね。通信中であることを知らせる表示がちらつくのもちょっと煩いかなと。牌表示も少し小さいようです。北家スタートですしとりあえず、様子を見ながら手作り。と親がいきなり北をポン、1順目でオタ風をポンって、よほど手が揃っているのかどうしようもないのか……。しばらく流れて今度は西家がチー。Pecoさんが言っていたようになき麻雀が主流なのでしょうか。この局は西の人がタンヤオドラ3であがって終了。聞いていた通りです。

ゲームシステム的にはMJも倶楽部もライフ制を採用しているのですが、倶楽部の方はツモ、捨ての基本部分がライフと関わりなく時間がくれば自動的に右から捨てていくようです。長考というボタンがありましたので、それを使えばいくらか時間を取れるんでしょうかね。

ドラを絡めたリーチのみ、タンヤオのみといったアガリで局は進みラスの人が1000点であがって自らラス確定という不可解な終局。ほとんどゲームに参加できないままの2位でした。清算画面でライフがごっそり引かれましたが、まだ続けられるようです。1位じゃなくても継続できるんですね。ここもMJとは違うようです。

2荘目、また北家スタートです。東一局で良い手が入ってきれいにあがれリード。が下家の人にツモあがりされてライフが無くなりました。倶楽部は自分がアガっても局毎にはライフが充填されないんですね。どうみてもトップ目なのにここで止めるのも惜しいかなと1コイン。で、そのままゴール。途中対面が代走になりましたが、CPU強くないですか?危うく捲られそうになりましたよ。

3荘目、また北家スタート。リーチタンピンドラ1に裏が3枚も乗るという好スタート。リーチ後にカンをしてくれた東家、南家のナイスアシストです。次の局でもノミ手にドラ2というつまらない7700が入り、ここで上家と対面が代走に。上家の代走に振込み、またライフ切れ。CPUに苦しめられますが、下家の3位確定3900アガリに助けられて終局。さらに続きます。

4荘目、また北家スタート。……なんだかこう続くと(笑)と、東一局で通信エラー、全員CPUに。なんてモチベーションの下がる展開でしょう。いきなり満貫振り込んでしまいますが、一局目なのでと1コイン。結局ラスで終了。級レベルで卓についている人間と、CPUの間に広すぎる強さの差があるような気がしました(笑)あと、ドラ多すぎ。

と、初プレーはそんな感じ、最後でラスを引いたのが痛かったようで5級に降格した所で終了。上の方は分かりませんが級レベルではMJの方がいくらか強い人が多い感じですね。倶楽部の方が昇段が断然早いような感じなので、下に残っている人は少ないということなのかもしれません。

MJの方がゲームとしては遊びやすい印象でしたが、まだ1回目ですからね。もう少し遊んでみます。あ、そうそうPecoさんがタッチペンがあると良いなぁと言っていたのですが、その意味も良く分かりました。牌が小さめな上にポン・チーなどのアクションキーが画面の手前に詰まっているので押し難いのです。MJのようにタッチパネル以外のボタンがあれば違うのに、残念。次はタッチペンを用意して参戦することにしましょうかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
MJ自分もやってるんですが役を役満以外ほとんど忘れたのでひどい結果ですww
上がったの1回しかないですし(・∀・)b
でも値段も安いのでちょこちょこ遊んでますよ。
2007/01/21(日) 12:29 | URL | タカ #-[ 編集]
おおっ、タカさんもMJやるんですか。
麻雀、なかなか難しいですよね。
みんな強すぎです(笑)
2007/01/28(日) 21:42 | URL | ぽけ@管理人 #rrf3mLO.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/470-06796e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
E-AMUSEMENTe-AMUSEMENT(イー・アミューズメント)とは、コナミが提供するアーケードゲームをインターネットでつなぐことにより、通信対戦や、全国ランキング、プレイデータの保存を可能にするネットワークサービス。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;
2007/07/30(月) 14:24:49 | ゲームっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。