サンタクロース

ここでは、サンタクロース に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三太12月24日なのでクリスマスらしくサンタクロースの事なぞ書いてみましょうかね。と思ったのですが、サンタが居るか居ないかなんて事は、居るに決まってるので改めて書くまでもありません。サンタの雑学に関してはwikiや各種サンタクロース協会を見てもらえば良いですし、サンタ追跡のノーラッドサンタの事は去年書きましたし……ということで、ネタも思いつかないうちから記事の内容だけ決めるなんて良くないなと思った次第です。

が、今日はサンタの事を書くともう決めちゃったので、少し考えてみました。で、ふと思ったんです「我が家にサンタが来なくなったのは何時頃だっただろう」って。サンタというヤツは「良い子」が寝ている間にこっそりとプレゼントを置いていくという習性の生き物です。良い子が居るならその家には来てしかるべきでしょう。

それが来なくなったということは「良い子」が居なくなったと考えるのが自然です。そうです、ヤツは基本的には子供にプレゼントを配るのです。幾つを子供と大人の境界年齢に定めているかは不明ですが、うちにヤツが来なくなったのはその辺りが原因に違いありません、きっと。たぶん、そうじゃないかなぁ。そうだと思うんだけど、どうだろう(笑)

あ、そうそう「良い子」じゃなくても、「わが子が良い子では無いと認めたくない親」や、「サンタが来ないなんて可哀想と思った親」によってもプレゼントが配られているので現代日本においてはかなりの家庭の子供たちにプレゼントが行き渡っています。

その親心が「サンタなんて居ない」「親がプレゼント置いてたのを見た」なんて誤解に繋がってしまうわけですが……。だいたいサンタの正体を暴いてやろうなどとこっそり夜中まで起きているような子供が「良い子」なわけが無いので、そもそもその子の家にサンタが来るはずがなかったのです(笑)
さて、話を戻しましょう。サンタはいったい幾つまでを子供と考えているのでしょうか。それとも、年齢以外の要因から子供とそれ以外を分けているのでしょうか。とりあえず我が家で考えてみると中学生の頃には既にサンタによるプレゼントは無かった気がします。小学生6年の時まで来ていたかどうか定かではありませんが、中学の冬に来なかったのは確かです。家族や友人たちとプレゼント交換はしましたが、ヤツは来ませんでした。

周囲の人に聞いてみると、そもそもサンタなんて居ないという可哀想な人を除くと大体小学生4,5年くらいまでが多いようです。高校3年の時にも来ていたという子が一人居たのでまとめ難いのですが、年齢的には10~12才くらいまででサンタにとって子供の期間は終わりなんじゃないかと。ただ、日本では成人式が20歳ですから、そう考えれば高校3年の18才をサンタが子供と考えることも有り得ないことではありません。

年齢要因以外にも、「良い」子ではなくなってしまうという事も考えられます。サンタが来なくなった年齢が集中しているのは、その辺りの年で「良い」という形容詞が相応しくない状態になってしまう事が多いだけかもしれません。

たしかに、中学生の自分を振り返って「良い子」だったと胸を張って言うことはできません。なので「良い子なのにサンタが来ない、プライドやら感情やらをいたく傷つけられた謝罪と賠償を要求する!」などと言うことは到底できそうもありません(笑)

それでは「良い」とそれ以外の境界はどこにあるのでしょう。ヤツがプレゼントを持って来るのは「良い子」のところだけです。悪い子は当然ダメですが普通の子でもダメなのです。(地域によっては悪い子の所にわざわざ罰を与えにきたりという伝承もあるようですが、悪そうな友人のもとにもサンタが罰を与えにきたという話は聞いていません。どの程度の悪に罰を与えるかも興味深いところです。)

外観上の悪なのか、個々人の意識上の悪なのか。客観的に見ればどうみても悪い子なのに、当人は悪いことをしていると思っていない。そんな場合はやっぱりプレゼントは届けられそうにない気がします。ということは、客観的に見て良い子なのでしょうか。

でも、周囲の人々から良い子だと思われていても内心では腹黒い悪い子の元にサンタがくるのもちょっとオカシイ気がします。サンタまんまと騙されてるじゃんって(笑)でも、腹黒くても良い子に見えるってことは性格はともかく良い子として扱っていいのかなぁ。……難しい。

自分は悪い子かもしれないと思っている「良い子」のところに「君は悪い子なんかじゃないよ」ってプレゼントを届けるのは有りな気がしますし……う~ん。良い子を選ぶのって思った以上に難しそうですねぇ。

もう一つ考えているのは、サンタの側の事情でプレゼントが届けられ難くなっているという可能性です。サンタは交通機関と科学技術の発展にともなってその活動範囲を世界中に広げてきましたが、そのあまりの対象者の多さから選別の基準が厳しくなってきているんじゃないかと。

昔なら良い子として扱っていたけれど、今は良い子の数があんまりにも多い。で、上位から順にプレゼントを渡していくと「良い子なんだけどプレゼントが貰えない」みたいな子がでてきてもおかしくないんじゃないかと。

サンタのプレゼント配達能力の限界点が来たのが、ちょうど我が家にサンタが来なくなった頃だったのではないかと(笑)で、うちはともかくも、まだ良い子だったはずの友人たちのもとにもサンタが来ないという事体が発生してしまったんじゃないかなぁなんて。

と、まぁ、つらつらと思うままに書いていたら結構な長さになったようなので、この辺で終わりにしましょうか。ちなみに、みなさんは幾つくらいまでサンタからプレゼント貰ってたんでしょうか?(笑)

サンタイメージ:子供と動物のイラスト屋さんより
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/445-62034b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。