16戦目

ここでは、16戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばしょく軍
16戦目は『自信過剰 馬謖軍』こと馬謖軍です。
はい、これまた戦ったことのあるデッキですね。
画像も前回の使い回しです。

はっきり言います。このデッキは弱いです。
使う人が使えば違うのかもしれませんが、とりあえずCPUは弱いです。
なので特に書くこともありません。
あ、今回馬謖の伏兵は序盤見つからなかったので放っておきました。

終盤、落城間際に曹彰が撤退させられましたが大勢に影響はなし。
ということで終了。

戦い自体は書くことが特にないのだけれど、今回は調べる方で
収穫がありました。それは計略の時間です。
とりあえず、うちのデッキで2人以上同じ計略を持っているのは
『強化戦法』だけなのでこいつを調べました。

まず、使用士気が4で武力が4上がります。
武力4UPはなかなか馬鹿にならない上昇値ですが、
遠弓戦法も同じく士気4で武力が4上がり、その上弓の射程まで延びるので
微妙な計略だとは言えます。

効果は知力時間とあります。で、実際のところこんな感じでした。
敵一般兵(知力?)効果時間3カウント
潘璋  (知力3)効果時間5カウント
甘寧  (知力6)効果時間8カウント
敵一般兵の知力はたぶん1です。潘璋と甘寧の知力差と
効果時間の差を見る限りおそらく、強化戦法は3カウントが基本で、
そこから知力に従ってカウントがプラスされるのではないでしょうか。

つまり潘璋は知力が3なので2カウントのボーナスで3+2=5カウント。
同様に甘寧は5カウントのボーナスで3+5=8カウントなのでしょう。
強化戦法持ちの中で最高の知力7を誇る李典は、9カウントということです。
仮に知力10なら12カウント、現在は居ませんが凄い長さですね。


今回の教訓:伏兵はあんまり変なとこに置くと、戦闘に参加できないかも。
今回の発見:強化戦法の効果時間はたぶん『(知力-1)+3』カウント
今回の払い出し:UC夏侯惇
かこうとん
魏スターターのUCですね。うちの甘寧よりも強いと噂の。
コストも武力も知力も、さらには計略だって同じなんですけどね。
違うのは兵種だけ、でもそれが問題なのです。


あと、なんだかイラストが大総統みたいだと思ってしまいました。
そういえば眼帯してるのも同じ左目。でも書いてる人は全然関係ない。
鋼の作者さんは三国志好きらしいですけどね。昔、プロになる前そういう雑誌に投稿してたくらいのファンだって話ですから。やっぱり関係ないですけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/38-ff0275bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。