人中に呂布あり、馬中に赤兎あり

ここでは、人中に呂布あり、馬中に赤兎あり に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LE孔明を使いたい、EXりょふも使いたい。
……じゃ両方使っちゃおうよ。ということで新編成です。
LE孔明、R馬超、U張飛、U十常侍、EXりょふ
ひしょ~りょふ軍

呂布・張飛・馬超が戦って孔明と十常侍が指揮・サポートするって名前だけ見たら凄い強そうじゃありません?名前だけですが(笑)

戦っていて、どうしても妨害計略が欲しい、特に弱体化ということで排出停止な彼ら十常侍を召喚してみました。1.5コストにりょふを取っていることで撃ち負け易い序盤も高武力2隊に伏兵2隊でなんとか凌げるかなと。

問題は八卦2重掛けに最大士気が足りないという部分ですが、なかなか士気を12貯めるのもキツイので、2度掛けはもうちょっと上手になってからまた試すことにします。

とりあえず、脳内シュミレーションではこの編成で忠義大徳となんとか戦えました。風火計相手でも手も足も出ず敗戦という状況は避けられました。まぁ、あくまで脳内でのことなので実際にはどうなるか分かりませんけど(笑)

さて、それでは早速出陣。と、お相手は大徳でも風火計でも魏武でもなく暴虐ゾンビな涼州軍でした。この槍全盛の時代に全部隊馬という所が漢らしいです。馬5体はなかなか大変ですよね。

暴虐董卓、華雄、閻行、馬騰、蔡邕
ぼうぎゃくゾンビ軍

爆発力のある主計略の暴虐号令に超絶強化とゾンビ、それに封印。士気も軽めで強い計略が揃っていて戦い難そうな相手です。きっちり連突されたら無理っぽいですね。董卓以外は攻め手の知力がそれほど高くないのが救いでしょうか。伏兵を使って序盤を凌いだらあとは主力に密通の計。どれだけ足を止められるかに全てが……みたいな感じでしょうか。

開戦です。
兵法は連環を選択、これで一度は暴虐を防げるでしょう。伏兵は董卓、蔡邕に踏まれないように中盤に配置。といっても十常侍はバレバレですが(笑)

敵軍は高知力を前に出しつつ左翼から全軍で攻めあがってきました。開幕速攻ですよ。なんとか落城だけは避けなければなりません。張飛、馬超をしっかり使って壁1発くらいは覚悟の上で防戦に入ります。

蔡邕、馬騰を早々に撃破し伏兵で華雄を撃破。十常侍はこっそり中央を前進、城門へ向かわせます。董卓に壁への1撃を貰ってしまいましたが閻行も撃破に成功。瀕死の張飛、りょふを城内に戻し転進した董卓を馬超が追います。

馬超はうまいこと振り切られましたが、董卓の向かう先には彼らが居ました。そう、敵に士気をあげちゃうニクイヤツ十常侍です(笑)見事撃破に成功し、十常侍はそのまま城門へ。

ここで敵軍再起の法。すぐに土煙があがって蔡邕が出てきましたが、攻城準備に入ってから城内から迎撃に出ても1撃目は間に合いません。十常侍の攻城は無事に成功し、出てきた所を馬超で撃破しました。城ダメージも逆転したので一旦戻ることにします。

士気も充分に溜まったところで仕切りなおしです。敵軍4部隊が並んでいます、暴虐でしょうか。張飛の計略を頭に入れつつこちらも迎撃の準備をします。できるなら馬騰は先に倒しておきたいところです。

戦場中盤に差し掛かったところで、暴虐発動!こちらも兵法連環で対抗します。結構良い感じで敵軍城ゲージが減っていくので騎馬の城壁には構わずこちらも孔明と十常侍を攻城に向かわせます。1部隊くらい追ってくるかなと思い孔明の槍は意識していたのですが、誰も来ませんでした。

城門前の柵が地味に時間を稼ぐ中、暴虐効果終了。乱戦中は柵にダメージが入らないって大きいですね。張飛は死にそうになりましたが、柵はかなり頑張ってくれました。城ゲージはまだ互角です。

馬超・りょふで突撃。城から出てきた張飛も頑張ります。が、槍撃がなかなかうまく当らず微妙。槍撃はちゃんと練習しないとこのままじゃキツいかもしれません。なかなか難しいと思うんですが、みなさん上手いんですよねぇ。

とここで一騎打ち発生。相手は華雄です。
こちらは……りょふ。

りょふ vs 華雄

無双・激・強・強・激

さぁ、やれるだけの事はやりました。人事を尽くして天命を待つと言ったところでしょうか。それにしても細いバーだったのに失敗がひとつもありませんよ、なんて珍しい(笑)
△・×・○・△・○

ボクにかてるとおもったかい?
りょふの中の眠っていた力が一瞬だけ覚醒したのでしょうか。
竹ほうきでも呂布は呂布なのか(笑)
なんか勝っちゃいました。

勢いはこちらにあります。ちょうど突撃がきまって董卓も撤退しました。さらにここで孔明・十常侍の攻城が入り逆転。馬騰がゾンビ華雄を召喚しますが、こちらも孔明が張飛に八卦。凄い勢いで飛び出してきた華雄と凄い勢いで敵城に向かった張飛がぶつかり、あっという間に華雄撤退。

少しして、閻行が蚩尤の如く発動。自城の防衛に戻ろうとします。が、戦場中盤に差し掛かったところで密通の計。移動速度の落ちた閻行を馬超とりょふで足止めしている間に城門に張飛の攻城が決まり落城。

りょふ一騎打ち初勝利のお祝いというわけでもないでしょうが、待望の戦器を持って商人がきました。金283也。そりゃ、買いますよ。これで張飛もさらに頑張ってくれるでしょう。

蛇矛 漢大将
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/335-e381ca51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。