FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN

ここでは、FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続いて「アドベントチルドレン」です。

こちらは映画での失敗を生かし、なかなか頑張ったようです。売り上げもなかなかだったようですし、良かったですねぇ。

はっきり言って物語自体は薄いです。が、それでも良かったと思います。だってアクションシーンは見ていて楽しかったですから。デカいクリーチャーと戦う場面なんか、スピード感、迫力、花丸二重丸でした。同じものを実写で撮ったら、かなりチープになってしまったでしょう。

今回はちゃんと映像を魅せてました。CGでの表現が向いているモノを撮っていました。ゲームをした人に対する配慮も良く為されているようでした。ゲームをやっていない人間は、そもそも対象としていないようなので当然といえば当然なのですが、前回の映画の際はその部分もブレてしまっていましたから(笑)

登場人物たちの髪型とか体型とか、前作のように「リアル」に拘ったら悲しいことになってしまったに違いありません。でも、今回は「ファイナルファンタジーという世界の中でのリアル」で通したのが良かったんだと思います。

キディさんも「ティファの動き方はマトリックスレベルでしたよ。」なんてコメントをくれましたが、キアヌみたいに格闘技を魅せるのが不得意な俳優さんを使う必要が無いので、むしろこちらの方が良かったくらいなんじゃないでしょうか。

ゲームをやっていなくて、背景となる物語を全く知らなくてもアクションシーンはばっちり楽しめますし、物語もなんとなく幸せです(笑)ファンタジーを語るならやっぱりハッピーエンドであって欲しいですよね。レンタルで見てみる分には良いんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/314-4790a0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。