10戦目

ここでは、10戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばい軍
記念すべき10戦目は『冷静沈着 司馬懿軍』こと司馬懿軍です。
司馬懿、張郃に一般兵3。伏兵が2部隊それになんといっても攻城兵が目立ちますね。
攻城兵の攻城ダメージは2発で落城するほどらしいので要注意です。
とはいえ、全体的に武力が低いので序盤をしのげばなんとかなりそうですね。

序盤は満寵の見せ場になりそうですね。伏兵を2つ見つけてくれたら
撤退してもOKということでお願いしたいものです。攻城兵はまっすぐ来てくれたら
弓兵で蜂の巣にしてやります。攻城なんて絶対させてやりません。
少し見てみたい気もしますが、攻城兵の減りの凄まじさを。

さて、それでは開戦です。まずは満寵で伏兵探し、まずは司馬懿を見つけました。
が、そのまま混戦状態になり撤退。伏兵の影に怯えながら戦うことになってしまいました。
とはいえ、張郃は予想通り弓での殲滅に成功したので残りは一般兵のみです。

見えている一般兵は無事に撤退させることに成功しました。
残るは伏兵1隊のみです。が、どこにいるのかわからないので、
蒋欽、潘璋を先頭にして進軍することにしました。もし撤退しても
残り3部隊あれば充分に攻城可能な戦力です。

と、蒋欽が伏兵を踏み撤退。曹彰で突撃し被害は最小限に留めました。
予定通り攻城に移ります。城門を甘寧、その脇を潘璋です。曹彰は迎撃要員として
突撃状態の維持に努めます。ここで気前良く再起の法も使ってしまいましょう。

攻城をそれぞれ1撃ずつ成功させると、城の左端から司馬懿が中央から
張郃と一般騎馬兵が迎撃に出てきました。甘寧は弓攻撃をするべく
一度退くことにします。撤退していた満寵たちも進軍してきています。
状況は動かないでしょう。
しかし、甘すぎでした、大甘です。司馬懿が計略を発動したのです。
潘璋・満寵の武が0になっちゃいました。曹彰も1、甘寧でさえ4です。
ちょうどすっぽり4部隊も計略の範囲に入ってしまいました。
無事なのは蒋欽だけです。

こんな状態では到底戦えません、一時退却です。全軍自陣に向かって避難です。
これほど武2の一般騎馬兵や武3騎馬の司馬懿が恐ろしいと思ったことはありませんでした。危うく全滅するところでしたよ。

序盤に柵が壊されていなかったのが幸いでした。間一髪逃げ切ることに成功しました。
とはいえ、相当なダメージを受けました。無傷の蒋欽、満寵を残して城に戻ります。
柵を壊され、さらに敵が進もうとした時ようやく効果が切れました。逆襲です。

敵部隊を改めて殲滅の上、攻城します。さっきのような事がないように
少し分散して攻城。そのまま落城させることに成功しました。
それにしても司馬懿、なんて恐ろしいヤツでしょうか。ダテに首が梟じゃありません。

今回の教訓:司馬懿の計略『雲散霧消の計』には気をつけろ!下手すると壊滅します。
今回の払い出し:曹丕
そうひ
今回は白カードの文帝曹丕です。
コスト1.5の騎馬なので曹彰くんとの入れ替えも考えられますが、どうでしょう。
そうするとデッキ内唯一の騎馬が武力4。でも知力7だから伏兵探しもできる。
とりあえずは保留ということで。曹彰は勇猛もあるし。
イラストはなかなか格好良いですね。そのうち使ってみたいかも。


あ、あとブログに欲しいSRを書いておくと引くらしいので
書いておきます。どうかSR呂蒙を引けますように。
なんだったらRの周泰でも。とにかく呉のキラをお願いします。

というか今気付いたのですが、呉スターターデッキを使ってるのに
呉のカードまだ1枚も引いてませんよ。
ありゃりゃ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/31-a488a882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。