決勝トーナメント

ここでは、決勝トーナメント に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツ vs アルゼンチン

これはまたジャッジが……。地元ですしね、ある程度は仕方の無いところではあります。飛び膝一閃で決まった感じでした。アルゼンチンは守りに入るのが少し早かったのかもしれません。良いサッカーしてたんですけどねぇ。リケルメを交代させて攻撃のアイデアがなくなってしまいました。

イタリア vs ウクライナ

ウクライナも頑張ってましたけど……。ザンブロッタ、調子良いですね。ウクライナには彼を止める術がありませんでした。シェフチェンコ、悔しそうでした。自分の力を出し切れなかったという思いがあったんでしょうね。それに比べて他のウクライナの選手たちはさっぱりとした顔をしていました。

イタリアに「勝ちたい、勝つ可能性はある」と思っていたシェフチェンコとここまで勝ち上がり、戦う事でどこか満足してしまったチームメイトとの意識の差は大きかったのかもしれません。

イングランド vs ポルトガル
ルーニーの退場は要りませんでしたね。イングランドらしいといえば、らしいですが。一人少なくなった状態でPK戦まで持ち込んで、イングランドとしては出来ることはしました。あとは運命の女神の差配を待つのみ。でしたが、女神はこれまで良いサッカーを見せていたポルトガルに微笑んだようです。

ブラジル vs フランス
今大会のブラジルはロナウドが全てでしたね。賞を取り尽くし最高の時を過したロナウジーニョでしたが「バロンドール受賞者はワールドカップを掲げられない」というジンクスを破ることはできませんでした。

監督はロナウドを中心にチームを動かし、それは結果的には失敗でした。ロナウジーニョが如何に優れた選手でもチームの中で与えられる役割によっては輝くことができないんですね。当たり前の話ですが。それにしてもエメルソンの不在が響きました。ビエラ、マケレレに良いようにやられてブラジルの良さがちっとも出せませんでした。リベリーも効いてましたね。

攻撃のアイデアは完全にジダンにお任せな中盤でしたが、引退間際とは思えない煌きを見せてくれました。もちろん、復活とか全盛期を思わせるとかそこまでは到底いかないんですが。フランスはやっぱりジダンのチームなんですね。
さて、これで今大会ベスト4が出揃いました。が、全て欧州勢になってしまいました。ブラジルが居ないとなれば、ドイツの優勝という話も現実味を帯びてきました。個人的には、あんなサッカーで優勝して欲しくはないんですが(笑)

ドイツはイタリアの壁を越えられるでしょうか。イタリアはマテラッツィの不用意なファールからのFK、PKからの失点が一番怖いのですが地力は上だと思います。あとはレフェリー次第でしょうか。PK戦までもつれ込むとイタリア良い思い出あまりありませんからねぇ(笑)

延長でインザーギが出てきてオフサイドぎりぎりのゴールで勝ち抜けなんて事になれば楽しそうかなと。まぁないでしょうけど。

もう一試合。ポルトガルとフランス。これも楽しみですねぇ。ポルトガルはデコが帰ってきますし、フィーゴも良い味出してます。そして何よりC・ロナウドのドリブル突破が楽しい。

中央突破のフランスとサイドアタックのポルトガルという構図になるんでしょうか。ただ、ポルトガルとフランスのFWを比べると決定力にいささか差があるので、ポルトガルはどれだけチャンスを作れるかですね。フランスは良くも悪くもジダン次第です。

4チームの中ではポルトガルが一番優勝に値するサッカーをしていると思うので是非頑張ってもらいたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/289-51888f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。