銀河戦士伝説ガンダム2

ここでは、銀河戦士伝説ガンダム2 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
混乱はまだ続きます(笑)

「諸君の父も子もその帝国・同盟の無思慮な政綱の前に死んでいったのだ。この悲しみも怒りも忘れてはならない!それを彼らは死をもって我らに示してくれたのだ!我々は今この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る!

この勝利こそ戦死者全ての最大の慰めとなる!
国民よ!立て! 悲しみを怒りに変えて! 立てよ国民!!
地球は諸君等の力を欲しているのだ! 地球を我が手 に!!」
(地球教大主教ド・ヴィリエ・ギレン総統)

「あなたは今どこに居ます。戦争を賛美するあなたは、あなたの家族は今どこにいます?」
(キシリア・ジェシカ・エドワーズ)

(……えーと、だから弟が……。ってあんたの弟でもあるでしょうに。ボク、君の兄貴よ?……ギレン・ド・ヴィリエ)

「こ…これが…敵……」
(アンドリュー・フォーク・アムロ准将)

「今はそんな哲学など語っているヒマはない……できればやっている……貴様に言われるまでもなくな!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!!」
(ルパート・ケッセルリンク・ブライト)

この演説、トリューニヒト最高評議会議長がしてても違和感ありませんよねぇ。でもギレンの場合は家族が死んで演説してるんで議長みたいな反論されることは有り得りえませんけど。しかも、ジェシカ女史家族だし(笑)それにしてもルパート良いなぁ。あと、「坊やだからさ」も入れたかったところなのですが、ミッターマイヤー生きてるんですよねぇ、残念(笑)ギレンとガルマもあまり似てない兄弟でしたが、ドヴィリエとミッターマイヤーはもう対極と言って良いですね。
「帝国軍、ならびに自由惑星同盟の戦士に告ぐ。我々はフェザーン。ド・ヴィリエ大主教閣下の遺志を継ぐものである。帝国はスペースノイドの心からの希求である地球教徒の要求に対し、強大な軍事力を行使してささやかなるその芽を摘み取ろうとしている。栄光ある地球の再興を果たさねば我らスペースノイドに永遠に光がもたらされる事はない。戦いの業火に焼かれていった同胞達の気高き魂を我が魂として、今ここに改めて私は帝国・同盟両政府に対し、宣戦を布告するものである。」
(アドリアン・ルビンスキー・デラーズ)
フェザーンが宣戦布告しても……とは思いますが意外にはまりますよね、このセリフ。

「ブライトはおれに似ている……。」
「芸術なり学問なり、違った道に進めばいくらでも援助してやったものを……私を甘く見過ぎたようだな、ブライト !!」
(エギーユ・デラーズ・ルビンスキー)

「アンタからは奪ってやる…… 何もかも取り上げてやる…… そう決めたんだ。アンタには何も残してやらない。俺自身も……」
(ブライト・ノア・ケッセルリンク)

2人とも艦長さんですねぇ。それはともかくデラーズとブライトが作品中で戦っているともっと面白かったのに(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/238-f4982d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。