3戦目

ここでは、3戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かくこうごう軍
級もあがって3戦目です。対するは郭皇后軍。
文帝曹丕、郭皇后と一般兵3の5部隊です。
それにしても何故この部隊構成で『郭皇后軍』なんでしょう。
まあ、別に良いんですが。

それはともかく、またあの伏兵一般兵Sが居ますよ。
初戦で曹彰を屠ってくれたあの、一般兵が。
ヤツはなかなか侮れないのでスーパーな一般兵ということで
一般兵Sと呼ぶことにします。
でも、大丈夫今回はちゃんと知力7の満寵で伏兵探しをしますから。

配置はいつも通りでいざ開戦です。
敵は弓兵2部隊が後方で援護しながら、
曹丕と一般騎馬兵の2部隊で突っ込んできました。
伏兵はどこでしょう。見当もつきません。

とりあえず、潘璋と弓兵たちで迎撃しつつ、伏兵探しの旅に出ます。
敵の弓兵がなかなか効いています。満寵の兵力が減らされていく…。
2割くらいダメージを受けたところでとうとう伏兵を見つけました。
が、満寵も撤退。この伏兵、知力6どころか7はあるのでは?
やはり侮れません伏兵S。
しかし、伏兵さえ片付けてしまえばもう怖いものはありません。
いよいよ曹彰の出番です。弓兵に突撃すること数回、簡単に片付けました。
敵の騎馬部隊の掃除も済んでいます。あとは攻城のみ。

全部隊じりじりと進軍です。潘璋を城門につけ、甘寧で援護。
蒋欽も城門脇で攻城です。順調に打撃を与えていると、撤退していた
満寵も復活。攻城に加わりました。

最後は満寵で落城『守りこそ勝機を生むのだ』とのことでした。
兵法を使うまでもなく、計略も曹彰の神速を1回のみ。
なかなか気持ちの良い勝利でした。

でも、弓兵主体のデッキ使っておいて何なのですが、
弓兵からの被害は結構バカにならないものだと
気付かされました。曹彰を囮に使うべきだったでしょうか。

今回の教訓:弓にも少しは気を配れ。塵も積もれば山となる?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/23-cfaab210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。