恋愛頭脳

ここでは、恋愛頭脳 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛頭脳1
さてさて、今回は恋愛頭脳なるものに挑戦してみようかと思います。携帯版もあるらしいので気になった人はそちらもどうぞ。http://hanihoh.com/love/lovemobile/index.cgi

質問に答えていく形式なので生年月日一発のものに比べると少し面倒かもしれませんが、それほど多いわけでもないしまあ許容範囲かなと。
それでは結果を見てみましょう。

恋愛観 分析結果
総合判断 適 恋愛観レベル 大人(14段階中5番目)
人生における恋愛 最適
社会における恋愛 可(社会性ありき)
自己犠牲の精神 最適
ルックス 極端(外見重視)
財力 最適
安定と刺激 可(安定志向)
駆け引き 可(駆け引き重視)
許容と束縛 極端(放任・無関心)
将来への意識 適(場当たり的)

☆全世代からみたぽけさんの…
恋愛観支持率 73.4%
恋愛スタイル 中期低テンション恋愛型
印象 敷居が高くてアプローチしづらそうなイメージがあります
真剣には好きにはなってもらえなさそう、と思われがちです


恋愛頭脳2

総合コメント(判断基準:全世代)判断基準となるデータ人数640360人
ぽけさんの恋愛観は、まぁまぁバランスが良いのではないでしょうか。ぽけさんの考え方は全面的に支持されるものではありませんが、さほど歪んでいるという印象も持たれないでしょう。しかしところどころにある偏りは、ぽけさんが広く人の意見を聞き入れないでここまできたジャンルであると言えます。トラブルの種となる可能性大です。それがぽけさんのこだわりであろうとなかろうと、異なる意見も広く取り入れましょう

◇人生における恋愛 最適
非常にバランスが良いでしょう。恋愛に固執せず、重くもなく軽くもなく、人生を広い視野から捉えています。得てしてぽけさんのような感覚のほうが、恋愛最重視の人よりも上手に付き合っていけるものです

◇社会における恋愛 可(社会性ありき)
目と目で通じ合う、などということはぽけさんにとってまやかしなのかもしれません。二人だけの世界をつくるより、まず自分が社会の中に生きているという認識が強く、人前でのいちゃいちゃや駆け落ちなどはぽけさんには考えられないようです

◇自己犠牲の精神 最適
前のめりの恋愛でもなく、かといって損得勘定に走るわけでもなく、バランスの良いスタンスを保っています。何もかも捧げる人の痛々しさや男女間に損得勘定を持ち込む醜さを把握しているからこそのバランスでしょう。これからもメリハリのある恋愛を心掛けてください

◇ルックス 極端(外見重視)
ルックスにこだわるのはぽけさんの個性として仕方のないことですが、当然そこには競合相手も多く、激しい競争か妥協を余儀なくされます。また異性のルックスにこだわるならば、ぽけさんにも同様のものが求められることを自覚し努力を怠らないようにしましょう

◇財力 最適
ぽけさんは非常にバランスのとれた考え方をしていると言えるでしょう。お金があることで得られる喜び、減らせる苦労の範囲をよくわきまえているのではないでしょうか。あとはぽけさんのパートナーにも共通認識をもってもらえば、お金に関する不満やトラブルなどはなさそうです

◇安定と刺激 可(安定志向)
安定志向に偏っています。彼氏彼女を次々替えて楽しもう!とは言いませんが、ひとりの人と付き合うにしてもあまりに安定志向では愛想を尽かされるかもしれません。ぽけさんと同じ安定志向の人と付き合えばそれこそ安定はしますが、世間の色恋沙汰から隔離された寂しさを味わうことでしょう

◇駆け引き 可(駆け引き重視)
とても駆け引き重視に偏っています。ぽけさんは相手に気持ちをぶつけるよりも、主導権を握ることにいつのまにか終始して、いつのまにか恋愛を終えたりしていませんか?気持ちでぶつかっていくことは疲れますが、相手を操作するだけの付き合いはただの調教です

◇許容と束縛 極端(放任・無関心)
ぽけさんはとても放任主義に偏っています。気持ちの大きな人とも言えますが、鈍感、無関心と捉えられればぽけさんも気分が良くはないはずです。暴れ馬のようなタイプの人はあなたのようなタイプを求めています。決して相性が良いわけではないにもかかわらず…

◇将来への意識 適(場当たり的)
今が楽しくなければ意味がない、と少し暴走気味に偏っていますが、なかなか一般的には支持される感覚のようです。ぽけさんと同様に、今を楽しむ人と付き合えば良い思い出が積み重なっていきそうです。ただし「人生これでいいんだろか」などと決して振り返ってはいけません…


ルックスにこだわりすぎ、放任主義も過ぎるというあたりが目立ちます。実際のところはどうなんでしょうねぇ。自分では分からないところです。
ともかく、支持率73.4%というのはなかなかの好成績なのではないでしょうか。

ただ、この診断の面白いところはここからです。
上の結果は全世代からの判断ということなのですが、この診断では男女それぞれ18歳未満、18~30歳、30歳以上といった世代、性別からの支持率も見ることができるのです。

恋愛観レベルと支持率だけまとめて一気に見てみましょう。
◇18歳未満
 ・男性 恋愛観レベル 大人 支持率77.3%
 ・女性 恋愛観レベル 高校生 支持率63%

◇18~30歳
 ・男性 恋愛観レベル 先生 支持率85.1%
 ・女性 恋愛観レベル 高校生 支持率65.6%

◇30歳以上
 ・男性 恋愛観レベル 先生 支持率86.4%
 ・女性 恋愛観レベル 中学生 支持率56.5%

一目瞭然です。女性からの支持率は押並べて低く、30歳以上の方から見れば中学生レベルの恋愛観という評価になってしまいます。ここから言えることは、男女の恋愛観の違いってこの診断を見る限りはやっぱり結構大きいってこと。そして管理人はごく標準的?な男性的恋愛観の持ち主っぽいということでしょうか。

まぁ、あらゆる世代から「お前ルックス拘り過ぎ!!」ってとこだけは一様に言われているんで、そこは特徴的ですねぇ。そうなんですかねぇ。「性格が合えば外見はあまり気にしないなぁ」なんて事を言って嘘つき呼ばわりされてきたのは事実ですが(笑)本心からのつもりだったのになぁ~。

あと、放任に過ぎるってとこも男女どの世代からも同じ評価を受けていますねぇ。皆さんもっと束縛された方が良いってことなんでしょうか。う~ん、難しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/174-21919d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。