騎馬の使い方

ここでは、騎馬の使い方 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
槍の使い方弓の使い方と書いてきたので今回は騎馬の使い方でも少し書いてみようかと思います。ただしあくまでも未だ七品、かつ騎馬をあまり使わない人間の書くことなので大して参考にはならない可能性が大きいです……。

騎馬の一番の強みは、なんと言っても機動力でしょう。
戦場を所狭しと駆け周り、攻守にわたって活躍できることは言うまでも無く兵力が少なくなってしまっても撤退に追い込まれる前に帰城できるというのはかなりのアドバンテージです。

そして騎馬には突撃という武器があります。
相手部隊に突撃を繰り返すだけで短時間で、自軍の損害を最小に抑えつつ相手に大ダメージを与えられます。騎馬、すなわち突撃と言ってもいいくらいに重要です。

それでは突撃について最も基本となる部分から押さえておきましょう。
・騎馬はおよそカード1枚分の助走でオーラを纏った状態になる。
  これは平地での事ですが、実際にはカード1枚分よりも若干短いくらいでオーラ状態になるはずです。この突撃可能状態になるまでの距離が掴めてくると、騎馬が強く感じられるようになるのではないでしょうか。

・突撃はオーラを纏った状態で相手部隊に接触することで発生する。
  これについては後でもう少し詳しく書きますが、敵部隊に接触するだけで突撃成功です。どの角度からでも、どんなに少ししか触れなくても突撃表示が出てダメージを与えられます。

オーラ状態でオーラ槍に突撃しようとすると迎撃され大ダメージを受けてしまう。
  騎馬を使う上で最も気をつけなければならないのが、この迎撃でしょう。騎馬の扱いに慣れた人はまず迎撃されることがありません。

基本を押さえたら次にいってみましょう。
騎馬で相手を効率良く撃破していくには、突撃を繰り返すのが一番です。
突撃を繰り返すには、オーラ状態で相手に接触し突撃成功したらすぐに離れて
オーラ状態になり再び突撃といった作業をすることになります。
一般に連続突撃と言われているようですが、これができるとできないでは
騎馬の強さがまるで違います。要練習です。

連続突撃1

ゲーム誌の攻略記事などでは上図のように敵部隊にかすらせるように
と書いてあったりしますが、これは最初のうちは気にしなくて良いです。
というか、むしろ無視しちゃってください。正直なところ騎馬扱いが苦手な方にはあまりお薦めしません。騎馬上級者になってから改めて取り組みましょう。

連続突撃2

図2のように敵部隊に真っ直ぐ突っ込んで突撃表示が出たら引き返す。これで全く問題ありません。連続突撃が普通にできるようになってからいろいろ試していく上で、図1のやり方を試してみるというのでも遅くないと思います。

だいたい、通信状況が普通の時であればミニマップで敵目標部隊と自軍の突撃する部隊のカードが接触するくらいで突撃が成立しているはずです。騎馬の突撃オーラは、槍のオーラにははるかに及びませんが、それでも柵1枚を乗り越える程度の効果範囲があります。カード同士が重なるほどに深く突撃しなくても大抵は問題ないと思います。
さて図1のやり方をお薦めしない理由が難易度以外にもう一つ。それはこのゲームが通信を用いたオンラインゲームだということにあります。実際の操作と、どうしてもタイムラグが生じてしまうのです。

これは騎馬の使い方というより騎馬対策の部類になるかと思いますが、このゲームの仕様を利用した『突撃すかし』なんて事も(なかなか常時成功させるというわけにはいきませんが)できるのです。

やり方は敵騎馬が図1のように角をかするように突撃してきた時、その目標にされている部隊を斜め後方に下げるだけです。その際、一度乱戦を狙うかのように一度部隊を前に進ませてから行うとより成功しやすいです。槍部隊ではその移動速度が遅すぎて上手くできませんが、そもそもオーラ槍で迎撃ダメージを取った方が良いので問題ありませんね。

うまくいくかどうかは通信状況にもよるので、確実な技ではありませんが失敗してもノーリスクで成功すればおいしいので狙ってみる価値はあります。成功すると、相手の筐体画面には「突撃!!」の表示が出ているのに実際にはダメージを受けず兵力が減らないという現象が起こることになります。
ちなみにこちらの画面では味方部隊の近くを敵騎馬が走りすぎ、止まる。または突撃オーラ状態が解除されずに戻っていくなんて風に見えています。

POKE軍の相手をした方の中には突撃ダメージの入らないバグのような状況に苛々されていた方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。こちらから詳細が分かるわけではないので、実際にはどうだか分かりませんけどね。突撃喰らわずに儲けちゃったなってだけで(笑)

さて、次は槍相手にどう戦ったら良いのかです。
熟練した騎馬使いの方はオーラ槍を避けて側面や背後から突撃を決めるなんてこともできるようですが、その境地に至るまでにはどれ程の練習が必要なのやら見当もつきません。少なくとも騎馬の扱いがまだまだ未熟なぽけ軍にはそんな高度な技術はありません。が、そんな未熟な騎馬でも槍を相手に戦う方法はあります。

騎馬にとって怖いのは槍のオーラです。
そして槍のオーラは乱戦状態になれば消えてしまいます。そこで他の味方部隊で敵槍部隊を乱戦状態に引きずり込みオーラ槍を消してから突撃すればいいのです。
覇王への道」では壁突撃と言われているようです。

この技術は槍部隊で敵の槍部隊を引っかく(連続槍)際にも使えます。
槍部隊同士で引っかき合いをするような状況になると、お互いあるいは自部隊だけあっという間に撤退なんてことになってしまいます。しかし、乱戦状態の敵部隊であればそれが槍だろうと騎馬だろうとはたまた弓だろうとみんな同じ扱いです。移動速度も遅くなっているので思う存分引っかき倒してください。

とまあ、今回はこんなところで。
うちのデッキには騎馬って1部隊しか入っていません。それもこれもまだ上手く扱えないから(笑)敵軍の騎馬隊にはいつもその強さを思い知らされているのですが。ジェットストリームアタック(複数の騎馬による連続突撃連打!)を喰らった時にはもうお手上げ状態でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/115-81e07a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。