ダメ計とおバカさん

ここでは、ダメ計とおバカさん に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、これから書くのは最高品位五品の全国対戦数80戦そこそこの見習い君主の考えです。実力、経験ともにまだまだなのでおかしな部分もあるかとは思いますが、そこはひとまずさらりと流していただいて、後ほど優しく教えていただければ幸いです。打たれ弱い管理人なので、『優しく』という点は特によろしくおねがいします(笑)

では前置きはこのくらいにして、本題にはいりましょう。ダメージ計略と高武力低知力武将についての話です。

うちでは現在、陳宮の水計というダメージ計略を使っているのですが、多くの敵を範囲に入れようと欲張りすぎて、気付かないうちにダメージをもらい撃破されてしまうなんて失敗をしてしまいます。以前、虞翻を使っていた時も同様のミスがあったのですが、ホント成長してませんねぇ。

ダメージ計略というヤツは効果ももちろん大きいのですが、必要士気が大きいです。気軽に使えるのは降雨時の雷くらいでしょう。同じ士気を消費するのであれば『範囲内の全部将にダメージを与えられる火・水計』はなるべく多くの敵を範囲におさめたくなるというのが人情ではないでしょうか。

とはいえ、いったいどれだけの敵を範囲におさめれば士気に見合った効果を得られるのでしょうか。もちろん状況によるので一概には言えないとは思いますが。他軍呂布やR許褚あたりなら残り部隊の顔ぶれにもよりますが、1部隊のみでも良さそうな気がします。SR馬超なんかでもそうでしょう。となると、2.5コスト程度でしょうか。曽田劉備は2.0コストですが、コイツなら1部隊でも良いような……。

まとめると、通常『2.5コスト以上または敵軍の核になる計略持ちを含めた2.0コスト以上』を範囲に含められればとりあえずまずまずの効果を得たと言えるのではないかと考えているわけです。
翻って、うちの現在の編成(SR龐徳、U夏侯淵、U典韋、C陳宮、C蒯越)を見た場合に敵方の君主様はどれくらいを焼いたり流したりすればとりあえずの満足を得られるでしょうか。主力の高武力さんたちは皆バカですが、とりあえず主力を2体処理できれば良いのではないでしょうか。逆に1体では士気がもったいなく感じるでしょう。

という事は、逆に言えば2体以上のバカが範囲に入らなければダメージ計略は打ちにくいのでは?士気が溜まるのは普通、戦闘開始から30カウント前後。伏兵や柵の処理もひとまず目途の立っている頃だと思います。とはいえ、余程の好状況でなければ士気を使い切ってしまうのは嫌でしょうから(反計持ちを入れている場合は特に)、実際にダメージ計略の危険を考える必要が出てくるのは開始40カウント前後になることが多いでしょう。

当たり前の事ですがダメージ計略の範囲というのは一定なので複数が範囲に入る状況を避けることはできるはずです。もちろん間違いなく範囲には入っていなかったはずなのに何故かダメージを貰ってしまう(セガのおちゃめさん♪)とか、単純につい範囲に入ってしまうなんて失敗もありますが、実際わりとできているのではないかと思っています。

「士気は充分あるけれど、範囲に適当な数の敵が入ってこない。」こういう状況になった時、とりあえず1体でもいいから処理しちゃうか、なんてダメ計を使っちゃいますか?おそらく多くの人はなんとか範囲に入れようと頑張るか、あるいは他の計略を考えるのではないでしょうか。

ダメ計に拘って士気を貯めていると、結局士気を使い切れずに無駄にするはめになりがちです。そして、相手をそういう状況に追い込むことは自デッキに低知力な主力が複数居る場合、意識的に作り出すことが可能だろうと思っています。要は30カウント前後を過ぎたあたりから相手のダメ計の範囲を充分に意識して部隊を運用するだけのことですが。この時、戦場はバカによって支配されているわけです(笑)

うちでも、陳宮の計略に拘りすぎて士気を余らせたまま敗北という事があり、日々反省ばかりしていることから考えても(笑)ダメ計に限っていえばこれは実現可能なのではないでしょうか。それとダメ計入りデッキを扱っている人は、序盤から計略を使ってくることはまずないので伏兵の処理さえ失敗しなければ高武力の方が序盤を優位に進め易いような気がします。

主力がバカの場合、敵のダメ計の範囲に気をつけて、まとまりすぎない。当たり前のことですが、それだけで相手をほんの少しだけ追い込むことができます。ダメ計持ちの武将はわずかな例外はありますがほぼ低武力です。単体であれば倒すのは容易なのです。

士気が溜まるまでに敵の主力たる高武力武将に集中攻撃をかけて撃破してしまえば、残ったダメ計持ちなんて1体で倒すだけのことです。仮に相手がダメ計を使ってくれれば士気を使ってもらっただけまた優位に立つことができるでしょう。兵法を使ってくる方も居るでしょうが、同様です。

そんなわけで、主力の高武力武将の知力が低いことはマイナスばかりではないと考えています。

ちょっと長くなってきましたねぇ。あと、もう少しだけ。
ダメージ計略の主として陳宮という選択はどうなのか(笑)確かに知力7のダメージ計略は到底心強いとは言えません。が、使用者が少ないせいか警戒がわりと手薄です。そして侮られていますが知力4までの武将であれば兵力MAXから撃破することがありますし、知力5でも結構なダメージ量なので敵の低知力武将に対する抑えとしては充分だと思います。

守勢には向きませんが、攻勢の際はなかなかに働いてくれます。それに玄妙な反計の人はダメ計が居ると集中的にそちらを見ている場合が多いので蒯越へのマークが外れやすいのも良い感じです。機動力があるので荀イクの操作へ意識を向けさせることにもなりますし。

まぁ、「マイナスばかりではない」とは書きましたが、コストが許すのであれば知力は高い方が良いですし、やっぱり文武両道な人たちを入れた方が安定するだろうとは思います。そういう意味からしてもスペシアさんにアドバイスをもらった曹仁、司馬イ入りのデッキも試してみたいんですが……。

蜀単も試してみたいですし、試したいことがまだまだ多いのにまたバージョンアップなんかでいろいろ変わるらしいですよね。ちょっとやる数を増やさないとダメでしょうか?悩ましいところです(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/11-969a80e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。