65戦目

ここでは、65戦目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
65戦目
65戦目は愛知のAGスクエア栄店からエントリーの方です。
戦績は54勝55敗。
デッキ内容はR趙雲、U張飛、甘皇后、法正、王平です。

王平の柵で甘皇后を守って法正の後方指揮で強化しつつ攻めるような感じでしょうか。騎馬が居ないのでせいぜい兵種の相性を生かさせてもらうことにしましょう。

近づかれる前に高武力の槍にどれだけダメージを与えられるか。或いは撤退させられれば最高なのですが、さて。王平、張飛、甘皇后をまとめて焼き払うなんていうのも理想の展開です。

戦場は平地、四隅に櫓が配置されています。中央に柵を配置して正面からの攻撃を防ぎつつ一隊ずつ撃破していきましょう。潘璋は法正の伏兵にやられないように注意が必要です。

それでは開戦です。
敵軍は全部隊を後方に配置しています。弓を少し前に出そうか迷っていると甘皇后と王平が進軍してきました。弓隊で王平を集中攻撃すると張飛、趙雲の部隊も進軍をはじめました。

王平を撃破した頃ちょうど張飛が射程に入ったので次の標的とします。甘皇后は柵を避けて左翼から進軍、攻城を目指すようです。おそらくすぐそばに法正が伏せているのではないでしょうか。甘皇后が城に取り付いてから孫堅で撃破することにします。

ダメージを受けた張飛が転進、帰城を始めました。このままでは射程内で撃破できるか微妙なので伏兵を避けるべく右翼から回り込んで孫堅に追撃させます。

弓の狙いを趙雲に定めて集中攻撃。孫堅が張飛の追撃に行ってしまったので潘璋は甘皇后を撃破すべく移動。法正を踏まないように虞翻で甘皇后の周囲を探索すべく移動。とすぐ左に法正出現!潘璋、結構ギリギリでした。

法正・虞翻が乱戦になっている間に潘璋のオーラ槍で法正を削り倒します。虞翻が撤退しましたが法正を倒すことには成功しました。甘皇后も後方から削り倒して撤退させ、潘璋はそのまま帰城させます。
孫堅がオーラ状態で追いつくと張飛は帰城せずに槍を構えて待ち受けているので側面に回りこみます。が、張飛もすぐに対応。回復されないだけでも良しとすることにして、張飛の周囲をうろうろして突撃の隙を探しているように装います。

そんなことをしていると趙雲が回りこんで柵の内側に侵入してきたので
柵を通り過ぎて敵陣側から柵を盾にしつつ再度弓攻撃。趙雲は最初内側の柵を壊そうとしていましたが、途中から城門に向かって進軍。が、攻城ゲージが半分程溜まったところで撤退。

弓で張飛を倒そうかと思ったのですが、相手が兵法「再起の法」を使い易くなるだけではないかと考え直し、張飛はそのまま牽制しつつ甘寧を左翼から攻城させます。

と張飛は甘寧の方へ移動を始めたので孫堅を右翼に向かわせ攻城。程普を甘寧の援護に向かわせます。甘寧の攻城が成功すると張飛が城内へ帰城しようとしています。程普で追撃し撤退させます。

と、ここで敵軍「再起の法」使用。孫堅の攻城も成功したので攻城は甘寧に任せ城門前でオーラを纏い援護態勢を取ります。甘寧の迎撃に出てきた相手にすかさず突撃。程普も狙いを定めます。王平はすぐに撤退。

最左翼の柵内に甘皇后、趙雲が出現。さらに右翼から張飛が出てきました。甘寧の攻城がさらに成功、張飛が迎撃に迫ってきます。オーラ槍で削られるのを防ぐべく程普で乱戦に持ち込み孫堅の突撃。

ここで甘皇后の舞発動。
「痛いのとんでけ~っ♪」
向かわせていた潘璋に強化戦法を使わせるかどうか迷っていると
まだ結構距離があるにもかかわらず一騎打ち発生。相手は趙雲です。いったいどういう条件で発生するのでしょうか、一騎打ちって。

無双無双

○○○××
勝利
勝っちゃいました。潘璋って趙雲と相性良いんですかねぇ(笑)
あと、今更気が付いたのですが一騎打ち勝利時の背景っていつも
同じってわけじゃないんですね。先日は岩山があったのに
今回は何もありません。

ともかく護衛が居なくなったので、甘皇后を柵越しに削り倒して撤退させることに成功。念のため柵を壊し、後そのまま攻城させます。だいぶ大きなリードも奪ったので消耗している甘寧を帰城させます。程普は張飛に討ち取られましたがかなりのダメージを与えることに成功しました。

虞翻を城門正面を火計の範囲に収め待機させ、潘璋を城門まで移動させます。孫堅は速度を緩め、張飛と乱戦に。これだけの兵力差があればさすがに負けることはありません。攻城の邪魔をされないように張飛の進軍をブロックします。

と城門から王平出陣。2人まとめて虞翻で焼き払います。これで完全に無抵抗になったはずなので城門近くに居る全軍で攻城し、落城させることに成功。それにしても一騎打ちで勝つと大きいですね。
あそこを勝ったのと負けたのではその後の展開があまいにも違いすぎます。こちらが天啓を使ってもギリギリ退けられるかくらいの状況になっていたかもしれません。

あと一騎打ちに流れてくるバーですが、いっそ細い方が無双出し易いかもしれないなんて思います。青黄のバー、潘璋だと細すぎて無双を敢えて狙わなくてもバーをちゃんと叩ければ無双になってくれるという(笑)無双だけの黄色バーなんて潘璋には流れてきませんが、実質同じことになっているような気が……。ま、細いんで外しちゃうこともあるのですが。なんちゃって勇猛持ち?なんて(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poke777.blog47.fc2.com/tb.php/109-abfa081e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。