2008年02月

ここでは、2008年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江南行三国志本紹介、第3回は「江南行/佐々木泉」です。

この本、なんと主役が魯粛さんです。三国志演義ではお人よしで孔明さんに良いようにおちょくられているイメージが強いと思いますが、この漫画の魯粛さんは一味違います。

美男とか美形というのとは違いますが、格好良いんです。演義系作品を見て、魯子敬はもっと格好良いんだと思う人はきっと気に入ることでしょう。三国志の中で勢力としては呉好きって人にもお奨めです。

それに周瑜は出番が多いので、絵が気に入れば周瑜ファンにもお奨めして良さそうです。孫権や諸葛瑾も登場シーンは少ないですが良い味出してますよ。そうそう、孔明さんも出ますよ。超人でも人智を超えた天才でもありませんが、孔明ファンも嫌な気分にはならないキャラクターだと思います。

というか、この漫画嫌な奴って出てきたかなぁ。みんなそれぞれに立場や考えがあって、それぞれに一生懸命生きてる。みたいな語り口だったので、悪役の印象はありませんよ。

ヤフーコミックスで1話とちょっと読めるので、時間がある時にでも試しに読んでみると良いかもしれません。ここから面白くなるのにってところで終わっちゃってますけど、ここでいくら文字を連ねるよりも良いでしょう。間違いなく雰囲気は伝わるでしょうしね(笑)

ヤフーコミック:「江南行 / 佐々木泉」

[魯粛さん]の続きを読む
スポンサーサイト
三国恋戦記


なんか妙なものを見つけてしまったのでメモ。

三国恋戦記~オトメの兵法!~
http://www.daisy-daisy.in/top/index.html


三国恋戦記 概要


タイトル:三国恋戦記~オトメの兵法!~
発売日:2008年発売予定
ジャンル:AVG
シナリオ:トム
OS:Win2000/XP/Vista予定
ブランド名:Daisy2(デイジーデイジー)
価格:未定
種別:乙女ゲーム(全年齢)
原画:スズケン
ボイス/キャスト:有/未定

乙女ゲームって事はアンジェリークとかときメモガールズサイドみたいなものなんでしょうか。

実際に遊ぶ可能性はかなり低いと思いますけど、ちょっと興味です(笑)





三国之見竜卸甲(三国志龍の復活)

「三国之見竜卸甲」(三国志 龍の復活)
なんて趙雲さんが主役の映画が作られてるんですねぇ。って、アレなんかそんな話そういえば随分前に聞いたことがあるような……。

なんでも中国では試写会が行われたとかで、ということは映画はもう出来てるってことで、日本ではいつ公開されるんでしょう。主役の趙雲役は前情報通りアンディ・ラウだそうな。でも、この写真で一番目立ってるのは曹嬰とかいう曹操の孫娘役のマギーQ。張飛役のサモハンとか、ちゃんと出てくるんでしょうか(笑)

……なんて(笑)こちらの情報によるとポスターで前面に押し出されているのはアンディ・ラウだし、カンヌでのプロモーションにはサモハンも同行したようなので、全く問題無いみたいです。
http://blog.mediaking.info/?eid=249280

あ、それとこのサイトで映画の予告を見られるみたいです。今更ですが、ネットって便利ですねぇ。
http://ent.sina.com.cn/m/c/bn/2007-06-07/221314079.shtml

もひとつ、赤壁の映画も作ってるって話でしたけど、それも話は進んでいるようです。中身の詳細はまだ分かりませんが、一応公式サイトができてました。

「RED CLIFF(レッドクリフ)」
http://redcliff.jp/


トニー・レオンが周瑜で金城武が諸葛亮って話だそうですよ、今のところ。
周瑜伝三国志本紹介、第2回は「周瑜伝/今戸榮一訳編」です。

三国志の登場人物の中で周瑜って結構好きなんですよね。で、周瑜好きならこの本は外せないだろうってことで、絶版ですけど(笑)

三国志関連書籍はわりとすぐに絶版になるので、見つけたら即買いが基本だったりします。出版社の方々にはもう少し粘りを見せてもらいたいところです(笑)

でも、この本は絶版とはいえ古本屋でもそこそこ見かけますしヤフオクにも良く出てるようですから手に入れるのはそれほど難しくないかなと思います。

周瑜伝文庫(上)単行本と、上下2巻の文庫版があります。正直、文庫版はあまり見かけないので単行本の方が探しやすいでしょう。あと、意外と図書館にも置いてあるので買うまでも無いって人は近所の図書館で検索してみると良いんじゃないでしょうか。

肝心の内容ですが、演義で見慣れた孔明に翻弄されて吐血する姿とは違う、颯爽たる周朗の姿が見られます。誤植と勘違いがちょっとばかり多いような気もしますが、物語としては素直に読めるかと。

周瑜伝文庫(下)「演義の周瑜なんて・・・、史実の周瑜はもっと格好良いんだい」みたいな人はそのイメージに近い姿を味わえるんじゃないでしょうか。

三国志に興味が出てきて、横山三国志や蒼天航路の他にも読んでみたいなぁなんて人にこれを読ませれば、きっと周瑜ファンになるに違いないと思います。新撰組に興味出てきた人に「燃えよ剣/司馬遼太郎」を読ませたら土方ファンになるみたいに(笑)

あと表紙イラストは「皇なつき」、周瑜のイラストは漫画でもいろいろありますけど、彼女のイラストは毅然として凛々しい美周朗って感じで良いです。三国志大戦のカード、書いてくれないかなぁ(笑)

ともかく機会があれば一度読んでみてください。読みやすい文章ですし、そう長くもないのでさらっと読めちゃうと思いますよ。

[周瑜伝]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。