2007年11月

ここでは、2007年11月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥獣人物戯画絵巻、日本史の教科書ではお馴染みの面白絵巻ですが、現在六本木東京ミッドタウンのサントリー美術館で展示中ということで見に行ってきましたよ。

鳥獣戯画がやってきた! 国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌

擬人化された蛙の姿がユーモラスな鳥羽僧正作の風刺画、記憶していたところではそんな所だったのですが、見に行ってみると作者は多数らしいってことや、教科書に載っていた絵はほんの一部で、他にもまだまだ多様な作風、多様な趣のある絵巻物だってことなどいろいろ知ることができて面白かったです。

今回の展示では同時に、新蔵人絵巻とか鼠草子絵巻なんていうちょっと面白そうな、機会があればもうちょっと詳しく見てみたくなるようなものもありました。展示品のボリュームはスペースの都合もあるのでしょうけど、ちょっとコンパクトでしたし、見せ方や解説にもう少し工夫が欲しかった気もしますが、概ね満足いくものでした。

一般1300円、大・高校生1000円。中学生以下は無料らしいので、強くお薦め(笑)六本木に遊びに行ったついでにでも寄ってみたら良いんじゃないでしょうか。

[鳥獣戯画]の続きを読む
スポンサーサイト
劉曄さん勝利!!
いよいよ寒くなってきましたね。東京でもそろそろコートを出してもよさそうな寒さです。

そして、寒くなってきたということは冬に近づいたということ。そして冬に近づいたということは三国志大戦3の稼動も近いってことです!(笑)

今回は1から2への移行時以上に変更点が多いようで、三国志大戦1の全てのカードが使用できなくなってしまうそうです。三国志大戦、カードが使えなくなってしまうのは初めての事ですが、残念ですねぇ。

ただ、使えなくなるといっても劉曄のようにリニューアルして3で再登場みたいなカードもあるようです。個人的には1のイラストが気に入っていたので、あのイラストが無くなるのは残念なのですが、知力があがって伏兵持ちになって帰ってきた1コスト馬看破というのも能力的には魅力がありますね。

牛金なんかも計略を猪突猛進に変えて復帰とか。牛なのか猪なのかはっきりしろ!みたいな?(笑)それに董襲、漢の意地を忘れて防護戦法な耐える男になったとか。スターターに入れて良かったね。あのアフロは忘れないよ(笑)

カードの枚数が今までに比べて格段に多いなんて事は無いので、やっぱり完全に使えなくなってしまうだろうカードはあるでしょう。イラストレーターの都合とか、使用率とか、他に同じ名称の能力違いのカードがあるとか、そんなもろもろひっくるめてきっと消えちゃうだろうカードたちで「さよなら三国志大戦」祭を個人的に開催中(笑)

大喬さんその祭の中で一番輝いているのは、江東の名花、二喬のお姉さんです。三国志大戦中、最大の計略を持つ大喬さん。正直使っている人と対戦した事が今までありませんでしたし、なんとなく弱そうだなぁなんて思っていました。消費士気12なんて使えないよって思ってました。
[「さよなら三国志大戦」祭]の続きを読む
スイーツネットでは「スイーツ(笑)」なんて言葉が局地的に人気だったりしますが、スイーツっていう名前のお菓子、実際にあるんですねぇ。

それが笑福堂宇宙戦艦ヤマトスイーツです。ここで松本大先生を持ってくる所が素晴らしいです。先生の人気も衰え知らずですからね。年齢を重ねてもバリバリ現役で、今も業界の最前線で話題を提供してくれています。

同じく松本先生銀河鉄道もあるようですが、こちらは名称がスイーツじゃなくチーズケーキでちょっとがっかり(笑)

キティこれから先、福井県敦賀に行ったらお土産は笑福堂さんで決まりかもしれません。眼光鋭いキティさんといい、このお店はなんだかいろいろ分かってるような気がします(笑)
[スイーツ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。