2006年12月

ここでは、2006年12月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061231k0000m040028000c.html

おまわりさん……はしゃぎ過ぎ。50才って、家族も悲しいよ(笑)
スポンサーサイト
喪男とか毒男という謎の言葉に出会って、意味を知って「ほぅ、モテない独身男。まさに自分のことじゃないか」とネットをぐるぐる回ってみましたよ。

純ハズレ♪さんにも先日リハビリ指南を受けたばかりだったのですが、まずは似たような人々の様子なぞ伺ってみようかなと(笑)

('A`)度チェック
・アパートに一人住まいだ
・彼女いない歴=年齢だ
・年収200万以下だ
・年齢が25歳以上だ
・人生、真面目に生きているつもりだ
・最近家族と疎遠
・覚めると報われない夢をたまに見る
・ケータイを持ってる意味がわからない
・休みの日は家から出ない
・なんか生きるのが面倒臭い
・イベント系に参加しないので季節感がない。
・異性はもちろん同性にまでキョドる。
・独り言が多い
・ガノタ・ロリ・近親相姦萌えなど趣味を人に話せない
・すれ違う女の挙動がどうにも気になる。 そして早くに自分からよける
・前日から眠れず待ち合わせの時間に早く来すぎてしまう。
・前日から眠れず待ち合わせの時間に大幅に遅れてしまう。
・そもそも待ち合わせなどするはずがない。
・他人のクリスマスの予定が今から気になる。
・大都会に住んでいるが、だからこそ人付き合いがない
・ミスチルの雨のち晴れは俺のための歌だろうかと思うときがある
・かわいい女の子を見かけると憂鬱になる
・内向的だ
・無口である
・口下手
・他人と一緒に行動するのが苦手
・一人でいるのが好き
・オタク的な趣味を持っている
・友達が少ない(1~2人程度)、または一人もいない
・マイペース
・協調性がない
・流行に無関心
・2次元もしくはアイドル以外の女に興味がない
・肉親・親戚・コンビニ以外で女性と会話したことがない
・服装・髪型に気を使わない(清潔感はあってもなくてもいい)
・何かと女をバカにして生きている
・格闘技が好き

9個以上当てはまる人…('A`)
7、8個当てはまる人…もうすぐ仲間('Д`)
4~6個当てはまる人…ここに来るのはまだ早い('∀`)
3個以下の人…もう迷い込むんじゃないぞ…('ー`)

で、こんなのがあったから早速やってみました。
[喪男、毒男]の続きを読む
今更ですがWinnyのニュースを見て思った事なぞ。

Winnyを利用するために必要なネットワークを構成している(要はWinnyを使ってる)っていうのは【著作権侵害行為を幇助】してることにならないんでしょうかねぇ。京都府警の人とか京都刑務所の人、他にも防衛庁やら何やら情報漏洩な人たちはたくさん居ましたが、この人たちは間違いなくWinnyを使ってた人たちですよね。漏洩しても内規で処分されるだけで逮捕されたりはしていないようですし……無知故の素朴な疑問です。

正犯はひとまず置いて身柄を押さえやすい人から幇助犯として逮捕、処罰するっていう流れなら明らかなWinnyユーザーである漏洩者たちも幇助犯として逮捕⇒告訴な流れじゃないかなぁと思ったり、誰か分かってるんだし。故意の有る無しが問題になるとしても、これだけ多くの報道が為されている中で知りませんでしたはどうなんでしょう。

まぁ他人事だから気楽にこんなこと書けるんですけど、犯罪かそうじゃないかの区別が曖昧でどちらか分からないなんて怖いことです。ことWinnyに関しては、騒がれ始めた時は既に黒っぽい灰色くらいのモノではあったような気はしますが(笑)

まずは率先して身内の恥を雪いでもらえると、こちらとしても納得しやすいんですけどねぇ。誰か京都府警あたりを告発したら面白いのに(笑)きっと受理しないでしょうし、仮に受理しても放置するでしょうけど(笑)

告訴・告発を受けた捜査機関は、これを拒むことができず捜査をつくす義務を負うものと解されている(警察官職務執行法や刑事訴訟法242条等)。しかし、現実には警察による告訴の放置や受理の拒否などが多々行われており、これが犯罪被害の拡大につながるとして社会問題化している。 告訴・告発先となる捜査機関には検察と警察や労働基準監督署等がある(条文上は「検察官又は司法警察員」とある。)。検察官の起訴不起訴の通知義務や不起訴の場合の理由の告知義務については、刑事訴訟法259条から261条に規定がある。

なお、告訴・告発手続きを法律職に依頼する場合、警察に対する告訴・告発手続きは行政書士、検察に対する告訴・告発は司法書士の職域とされている。弁護士にはどちらでも依頼できる。
ウィキペディア 告訴・告発より


関連:
ウィキペディア Winny
ヤフーニュース ウィニーによる情報流出
ダウンロード禁止 政府著作権法改正を検討
ダウンロード、海賊版禁止はこういう姿ではなかろうか(犬が目覚めた日)
「ノロウィルス」あまり馴染みの無い言葉。

「ノロウィルスってノロマなウィルスみたいでなんか間抜けだよねぇ。」と思っていたのですが、弟くんによると「ノロウィルスって呪いのウィルスみたいで怖いよねぇ。」となります。

改めて考えてみれば、被害にあっている方も大勢居て、各地で猛威を振るっている現況を鑑みれば弟くんの感想の方が正しいような気もします、人として。

ノロマなウィルスじゃ……。

物事の受け取り方ってこんなにも違うものなんだなぁと思った、そんな日常の一コマでした。
[ノルウィルスって]の続きを読む

ミス

くつした今気付いたんですが、靴下かけておくの忘れてました。そりゃ、サンタも困るってもんですよ。



素材:月兎屋本舗
あれから10日後スラムダンクあれから10日後ってのが黒板に描かれたって話が以前ありましたが、それを映像にまとめたものが紹介されていたのでメモ。

スラムダンク、良いねぇ。
第2部はいつ始まるんだろうなんて、また思ってしまいましたよ(笑)


「SLAM DUNK 10DAYS AFTER ver2.1」
http://www.youtube.com/watch?v=JWPWWSILnio
[スラムダンク あれから10日後]の続きを読む
クリスマス。
街が楽しげにざわめいていて、こういう雰囲気は結構好きだ。
宗教、好きな人、そんなものを持っていなくても(笑)
ガンダム無双

PS3用ソフト「ガンダム無双」を発売
~かってないガンダムを!~

株式会社バンダイナムコゲームス(本社:東京都大田区、社長:石川祝男)は、株式会社コーエー(本社:神奈川県横浜市、社長:小松清志、以下コーエー)開発協力のもと「プレイステーション 3」用ソフト 『ガンダム無双』の制作に着手し、2007年に発売します。

 本作はバンダイナムコゲームスが持つ『ガンダム』のキャラクターマーチャンダイジングのノウハウと、コーエーの発売する人気タイトル『無双』シリーズの技術を組み合わせたゲームソフトです。コーエー『無双』シリーズの制作で培ってきた3Dグラフィックスの技術を活かした地形描画や精密なモーションなど最先端技術が多数採用され『ガンダム』と『無双』シリーズの魅力を余すところなく引き出しています。

 1979年のテレビアニメ誕生から現在まで、常に物語・世界観の広がりを見せる『ガンダム』ワールドと、圧倒的な迫力・ダイナミズムで歴史ゲームの新たな魅力を提案した『無双』ワールド。両トップブランドの魅力の結合により、従来のガンダムファン、無双ファンはもとより、新たなファン層の拡大を目指します。

【バンダイナムコ】
PS3用ソフト「ガンダム無双」に関するお知らせ(2006.12.21)

発売日:2007年

[逆襲のPS3?]の続きを読む
三太12月24日なのでクリスマスらしくサンタクロースの事なぞ書いてみましょうかね。と思ったのですが、サンタが居るか居ないかなんて事は、居るに決まってるので改めて書くまでもありません。サンタの雑学に関してはwikiや各種サンタクロース協会を見てもらえば良いですし、サンタ追跡のノーラッドサンタの事は去年書きましたし……ということで、ネタも思いつかないうちから記事の内容だけ決めるなんて良くないなと思った次第です。

が、今日はサンタの事を書くともう決めちゃったので、少し考えてみました。で、ふと思ったんです「我が家にサンタが来なくなったのは何時頃だっただろう」って。サンタというヤツは「良い子」が寝ている間にこっそりとプレゼントを置いていくという習性の生き物です。良い子が居るならその家には来てしかるべきでしょう。

それが来なくなったということは「良い子」が居なくなったと考えるのが自然です。そうです、ヤツは基本的には子供にプレゼントを配るのです。幾つを子供と大人の境界年齢に定めているかは不明ですが、うちにヤツが来なくなったのはその辺りが原因に違いありません、きっと。たぶん、そうじゃないかなぁ。そうだと思うんだけど、どうだろう(笑)

あ、そうそう「良い子」じゃなくても、「わが子が良い子では無いと認めたくない親」や、「サンタが来ないなんて可哀想と思った親」によってもプレゼントが配られているので現代日本においてはかなりの家庭の子供たちにプレゼントが行き渡っています。

その親心が「サンタなんて居ない」「親がプレゼント置いてたのを見た」なんて誤解に繋がってしまうわけですが……。だいたいサンタの正体を暴いてやろうなどとこっそり夜中まで起きているような子供が「良い子」なわけが無いので、そもそもその子の家にサンタが来るはずがなかったのです(笑)
[サンタクロース]の続きを読む
デイジーデイジー』を見ましたよ。

韓国側ではみじめな成績とか失望とか言ってるようですが、相手が悪かっただけでそれほど酷い興収でもなかったんじゃないかと思いますけどねぇ。期待があまりにも大きすぎたのかもしれませんね。


で、肝心の映画ですがこれはなかなか良かったんじゃないでしょうか。「人はどうやって誰かの事、好きになるのかな」なんて素朴で答え難い疑問が浮かんだりして。ちょっとしたすれ違いと勘違いがドラマの軸になるんですけど、主人公の女性の気持ちが描ききれていないかなぁという気はしました。

女性の気持ちを読み取ることのできない、その辺の部分が恋人が居ない原因でしょうか(笑)あと、最後の銃撃戦はどうなんでしょう。あれって必要ですかねぇ。そういう終わり方をするんなら、もう少し前に、指令を受けた時に行動に出れば……。

でも、絵の趣味・音楽の趣味はきっと合わなかったでしょうから、ある意味あの結末が一番のハッピーエンドだったかもしれません。お互いに嫌な所、想像と違う部分がたくさんでてくるでしょうから、うまく乗り越えられずに悲しい結末を迎える様子が目に浮かぶようです(笑)

もうひとつ、主人公が恋する相手デイジーの君。格好良い人で良かったですよね。これ微妙な容姿の人ならストーカー行為ってことで警察に突き出されそうです。職業柄、ターゲットに見つからないように付回すのは得意だったのかもしれませんけど(笑)


それでは前回の続きです。今日はQ41からQ80まで。
【ルール】
・答え終わったら最後に一つ追加する。
・件名は「私(もしくは僕)オタクなんです。」風で。
【判断の仕方】
◎:キャラもストーリーも知ってる
○:だいたい知ってる
△:聞いたことある
×:全く知らない



Q41:I''s
△:名前と絵は知ってますよ。桂正和ですよね。「ウイングマン」の人。「プレゼント・フロム LEMON」なんかは好きでコミックも家にあると思いますよ。

Q42:サクラ大戦
◎:ゲームもアニメも◎です。パリとかアメリカのは知りませんけど帝国華撃団のは一通り。なかなか面白いと思いますよ、コレ。ゲームもサクサクっとテンポ良く進めて物語も良く出来ていましたし。

Q43:どうぶつの森
△:やったことはありませんが、楽しそうだなぁとは思います。ネットで知り合った人でやっている人、結構居るんですよね。

Q44:MOTHER
△:埋蔵金探してる人が作ったゲームですよね。名前は聞いたことあるんですが、触れたことはありません。名作とか面白いとか聞いてたんですけど、なんとなく手が出ませんでした。

Q45:ドカポン
×:また知らない。ゲームかなぁとは思ったんですけどググってみてもやっぱり知らないゲームでした。説明を見た限りではなかなか面白そうですね。

Q46:こち亀
◎:「こちら葛飾区亀有公園前派出所」というヤツですね。コミックは読んだことがありませんが、ジャンプ連載のものを読んだことがあります。ジャンプを読んでも、飛ばしちゃうことも多かったりするのですが読めばそれなりに楽しいかなと(笑)なんだか同じ話を何度もしているような気がするのですが、これって気のせいですよね。

Q47:ついでにとんちんかん
◎:もうほとんど忘れてしまいましたが、読んだことがあるのは間違いありません。少し読めば思い出すでしょう、きっと。それにして「えんどコイチ」さんって、今はどんなものを描いてるんでしょう。

Q48:デビューマン
×:知らないですねぇ。漫画らしいんですけど聞いたことありませんでした。作者の吉本蜂矢さんは柴田亜美さんのアシさんだったとか。南国少年パプワくんは何度か読んだ事があります。

Q49:ドロヘドロ
△:名前はきいたことがあります。漫画だってことも分かります。でも内容は知らないなぁ。ちょっとググってみたらドロヘドロ占いなるものがあったので試しにやってみました。ぽけは「魔の2で殺された魔法使い」だそうです。【自分の気持ちに正直で、自由奔放な生き方を好むタイプ。フィーリングと直感で行動しますから、周囲の意見や世間一般の常識にとらわれない、とても個性的な人だと言えるでしょう。】とか。

Q50:GUNSLINGER GIRL
△:これも名前だけ。漫画だったと思いますが、アニメ化もされてましたよね、確か。と見てみたら、全13話だそうな、これくらいだったら見てみても良いですかね。DVD屋に行った時に覚えていたら見てみましょう。

Q51:寄生獣
◎:完結してからコミックスを10冊まとめて買いました。でも自転車のカゴに入れておいたら5分後に無くなっていました。ということで家にはありません、買ったのに(笑)でも、内容は知ってます。買い直しはしませんでした。

Q51:COWBOY BEBOP
◎:アニメは全話見ました。なかなか面白かったですよ。菅野よう子さんの音楽が良い。面白くて格好良いアニメでしたよ。ちょっとクサいかなぁって思うような部分もありましたけど、それもまた良し。

Q52:ぴちぴちピッチ
×:また知らないのが……。最初ピッチってことはPHSの漫画だな、じゃあれだ、なんか少年漫画で連載されてたヤツだろうと思ったのですが違いました。アレは携帯電話の漫画でした。コレは人魚の漫画&アニメでした。

Q53:アルプス伝説
×:これも知らないなぁ。で、調べてみたら月刊少年キャプテン連載で廃刊に伴って作者個人発行の同人誌で補完って……そんなの無理ですって(笑)でも、作者の田丸浩史さんは偉いですね。廃刊になっても諦めずに物語を続けていくなんて。

Q54:帯をギュッとね!
◎:面白かったですよ。結構読みましたよ。あれ、でもこれってアニメ化されてましたっけ?競艇漫画の方はアニメがあったような気がしますけど、こっちは聞いたことがありませんね。なかなかの人気作だったような気がするんですけど。

Q55:大相撲刑事!
×:これもジャンプ連載だったそうですが、全く知りませんでした。ファンページを見る限り、かなり濃い作品だったようですけど。

Q56:ハヤテのごとく!
◎:ぴよっぷ~さんの愛する漫画ですね。そして作者の畑健二郎さんはそらはやさんの愛するファンタシースターシリーズのプランナー畑信太郎の弟らしいですよ。読んでみると結構面白かと思いますよ。うんうん。

Q57:機動警察パトレイバー
◎:コミックを少しとアニメと映画を見ました。後藤小隊長が格好良いです。レイバーって名前、今考えると凄いですよね。中国とかがロボットにつけそうな「労働1号」とかそんな感じ(笑)

Q58:センチメンタルグラフティ
△:ときメモみたいなゲームですよね。なんか凄く発売が遅れてそのわりに出来がどうしようもなくてある種の「伝説」をつくったゲームだったような気がします。発売されるまでが盛り上がって、発売されると非難の嵐っていう(笑)アニメ化もされていたような気がします。

Q59:機動戦艦ナデシコ
◎:アニメは面白かったですよ。タイトルは少し違いましたが漫画も短いわりに良くまとめてあったと思います。OPの「YOU GET TO BURNING」はなかなか良い歌。カラオケ向き。カラオケと言えば劇中アニメのゲキガンガーの歌もカラオケには入ってたりするので、一緒に行ったメンバーによっては歌ってみるのもアリでしょうか、ささきいさおだし(笑)

Q60:スレイヤーズ
◎:富士見ファンタジア文庫の本編とすぺしゃる数冊、それにアニメを見ましたよ。アニメは今見るとやっぱり古い感じがするでしょうけど、まぁそれなりに面白かったかなと。ライトノベルっぽいのでまともに読んだ事があるのって、これとロードス島戦記くらいです。

はい、今日の折り返し地点です。まだあと半分。今回は今のところ結構知ってる作品、◎が多いですね。ま、×もあるんですが。
[オタクバトン その2]の続きを読む
試合前

初防衛戦の亀田は「KOにこだわりはない。12ラウンド36分間、強いパンチを打ち込むだけ。(相手は)歯を食いしばって立っといてくれ」と結果にこだわる姿勢。ランダエタに2-1の判定で辛勝した8月の試合について、「(相手を)なめすぎていた。もっと緊張感を持ってやればよかった」と反省しつつ、「横綱は2回失敗しない。きっちり決着つけるよ」と誓った。

試合結果

 再戦は内容的に興毅の文句なしの判定勝ちだったが、米国人ジャッジが119-108と大差をつけたのに対し、英国人ジャッジは115-113のわずか2点差とするなど、あらためて採点の難しさが浮き彫りとなった。

[人気者]の続きを読む
プラダを着た悪魔映画を見ましたよ。「プラダを着た悪魔」です。
感想はというと、面白かったです、はい。
そんなに短くもない映画なのですが、退屈する間もなくあっという間にエンドロールまで行ってしまいました。


プリティ・プリンセスの着せ替えを楽しむ映画かなぁと思っていたのですが、ストーリーもなかなかでした。特に学生から社会人になる、仕事をする厳しさみたいな描写は良く撮れていたのではないでしょうか。

もちろん、着せ替えファッションショーも良かったですよ。ポップなBGに乗せて、くるくると衣装を変えるのは見ていて単純に楽しかったです。

ただ、アン・ハサウェイの垢抜けないダサい格好が、全然ダサくないような気がしたのですが……。友人たちにダサいとかファッションセンス無いとか言われるほど酷かったかなぁ。あれはあれで可愛かったような。

あと、ファッション業界で働く人々として描写されているみなさんは、誰も彼も皆お洒落なので主人公以外のファッションも楽しめました。後ろに居る人とかもお洒落なんですよ、当たり前なのかもしれませんけど(笑)

期待値が低かったせいもあったのか、かなりの好印象でした。でも、ブランドとかに詳しい人が見ればもっと楽しめたのかなぁと、ちょっと自分のその分野における知識の少なさを残念に思ったり。なにしろファッション誌とか買ったことありませんから(笑)

ラストで主人公が選ぶ道、あぁハリウッドっぽいなぁと思いました。結局、そっちかと。そこが不満といえば不満でしょうか。



貴さんからオタクバトンなるエラク長いバトンを貰ったのでやってみますよ。長いのでいくつかに分けます。

【ルール】
・答え終わったら最後に一つ追加する。
・件名は「私(もしくは僕)オタクなんです。」風で。
【判断の仕方】
◎:キャラもストーリーも知ってる
○:だいたい知ってる
△:聞いたことある
×:全く知らない


そんなわけで早速スタート!

Q1:NARUTO
△:なんか忍者らしいということは知ってます。ゲームのCMで「がえしがえしがえし……」とかやってるのを見てちょっと笑いました(笑)

Q2:D.Gray-man
△:名前は聞いたことあります。ジャンプに載ってるのも知ってます。画はキレイだなぁと。読んだことはありませんけど。

Q3:テニスの王子様
○:主人公と部長とヘビの人は知ってます。なんか凄い中学生の漫画。実写版映画を近いうちに見る予定、楽しみ(笑)

Q4:BLEACH
△:黒っぽい服着たオレンジ頭の人が出てる漫画ってことは知ってます。これもジャンプ連載でしたよね、たしか。

Q5:ONE PIECE
◎:アニメも少し見たことがあります。映画は未見。凄く少年漫画らしくて良い、強さのインフレとか漫画の中での時間の進み方の遅さとか、古き良きジャンプって感じすらします(笑)あと、クロネコ海賊団が好き(笑)

Q6:ガンダム
◎:どのガンダムを指しているのか不明ですが、結構見てます。種運命はまだ序盤までしか見てませんけど、それ以外はアニメに関してはほぼ見ているかと。カラオケもいけます(笑)

Q7:ファイナルファンタジー
○:映画の方は見ましたよ。「The Spirits Within」「ADVENT CHILDREN」両方ともDVDで。ゲームの方は友達の家で序盤だけやったことがあるくらいでしょうか。あと音楽は結構好きでケルティックムーンとかCDも買いました。

Q8:新世紀エヴァンゲリオン
◎:アニメと映画は全話見ました。映画を見て綾波さんが巨大化した時、シシ神(もののけ姫)だぁと思ったのですが周囲からあまり賛同は得られませんでした(笑)

Q10:ドラゴンクエスト
○:実はクリアしたことがありません。スライムやスライムベスとは良く遊びました、竹槍とこんぼうで(笑)

Q11:BLACK CAT
△:これもジャンプでしたよね、たしか。アンケートや、漫研営業の話を聞いて作者の矢吹さんはある意味プロだなぁと思いました。

Q12:学園ヘブン
×:12問目で×がついてしまいました、残念。ちょっと調べてみましたがやっぱり知りませんでした。⇒公式サイト。⇒学園ヘヴンとは?

Q13:ドラゴンボール
◎:「摩訶不思議アドベンチャー」「ロマンティックあげるよ」はもとより「ウルフハリケーン(歌:古谷徹)」だって歌えちゃうさ(笑)「ウッ ハッ 狼牙風々拳っ!」「クールな眼差し ホットなハート 俺が噂のナイスガイ ヤムチャさ♪」

Q14:北斗の拳
◎:でも実はアニメも原作も途中までしかフォローしてません。DVDも借りたのは良いんですが、ハードディスクに入ったままお眠りになってます。

Q15:聖士聖矢
×:同人誌とかでありそうですね。それとも韓国でしょうか。聖闘士星矢なら◎です。これも北斗の拳同様最後までは知らないんですよね。エピソードGも途中までは読みましたよ。

Q20:ボボボーボ・ボーボボ
△:ジャンプ連載ってことは知ってます。あと「魔人探偵脳噛ネウロ」の作者さんが、この人のアシさんだったってことくらいでしょうか、知ってるのは。読んだ事はありません。

まだまだ続きますよ。今回の記事ではあと20問見てみることにしましょう。
[オタクバトン その1]の続きを読む
UC関羽枠 UC張飛枠


希望を込めてUC枠も試してみました。意外に悪くない感じですよ。どうでしょうか。あー、新規稼動が楽しみです。

CとかLEとかは試さないで良いですよね。というか、この作業もそろそろ飽きてきました(笑)

そんなことより、少し練習して勝率あげていかないと……。いくらなんでも総合勝率4割切ってしまうのは悲しいですし。いえ、最新勝率は既に3割台に突入しちゃってるんですけど(笑)

やっぱり、なんとなく動かしてると、なんとなく負けてしまいますね。少しは考えて動かさないと、指揮されている人たちが可哀想ってもんです(笑)
趙雲枠関興 趙雲枠張苞


一応SRの雰囲気も見てみましょう。ということで、今回は趙雲さんのSR枠を拝借。絵を取れる部分が大きくなるだけに切り取り方で印象が変わってしまいそうな気もしますが、あまりきれいに取れていないような……。

こうして見てみるとRでも良いような気がしてきました。うーん(笑)
関羽枠 張飛枠


昨日のイラストをそれぞれ父のR枠に入れ込んでみましたよ。字とか数値とかなんにもいじってないやっつけですが、イメージくらいは掴めるかなぁと。

こう見てみると、ちょっと白っぽすぎるかなぁ。SRの方が合うかなぁなんて思ったりもしますがどうでしょう。位置取りの悪さはご愛嬌ということで勘弁してください(笑)
若き獅子さて、ロケテストもいろいろ情報があがってきているようです。wikiなんかを見ているだけでも結構ワクワクしますね。

バージョン2.10は『若き獅子の鼓動』という副題がついているようですが、関興張苞が注目を集めているようです。画像も一緒に置いておきます。格好良いですよね。得物を見てもらえばどちらがどちらかは分かると思いますが、イメージ的には逆のような気がしなくもありません。右側に居るのがお兄さんの張苞くんです。ま、格好良いから良いですけど(笑)

特技も「覚醒」なんて新しいものを持っているらしいですよ。【一定カウントごとに武力+1&知力+1、戦闘中盤に一回目の上昇】らしいとのことです。なんですか、この特技。メチャクチャ強そうじゃありませんか。そりゃ、潘璋だって斬られちゃうさ(笑)武力だけでも厄介なのに知力まで上がるんですかぁ。レアリティはやっぱりSRでしょうか。

2枚ならなんとか集められるかもしれませんけど、今後数枚で一枚絵のSRとかが出てくるようになると集めたくなっちゃいそうで怖いなぁ(笑)黄忠・厳顔とか曹仁・曹洪みたいにUCなら良いんでしょうけど。UCにしては強すぎるんですよね、関張Jrたち。

あ、あと新バージョンの稼動は来年1月下旬だそうです。ロケテスト1月8日までやって、下旬にリリースってスケジュールはどうなのか、ちゃんと調整する時間はあるのかなんてことを思わなくもないですが、それがセガのやり方なんでしょう(笑)
パコダテ人宮崎あおい祭り第2弾ということで『パコダテ人』という映画を見ましたよ。

目が覚めたら「キツネのしっぽが生えちゃってたよ」という映画なんですが、軽い感じで良かったんじゃないでしょうか。実際のところは知りませんが、とてもB級らしい低予算感溢れるテイストがそのまま出ていて、それも潔かったかと(笑)


お金をかけて大作にもできそうですが、日本でそれをやると確実に失敗したでしょうから、これがベストな形だったのかもしれません。チープでポップにうまく仕上がっていると思います。あと、函館に行ったことのある人は「あ、あそこ!」なんて思うシーンがいくつも見られると思いますよ。そんな楽しみ方もアリかと。

ハリウッド大作を目指すと、きっとETモドキを作るのがやっとで「これどこのサークルで撮ったの?」くらいにしか思われないでしょう(笑)実際にハリウッドなんかで作っちゃったら舞台が函館じゃなくなっちゃいますし、社会風刺が重くなってしまいそうな。

そして何より主演がダコタ・ファニングとかになっちゃいます。迫害シーンとかが追加されて、それをまたこの子が上手に演じるんです。CMでは「感動しました」「めちゃくちゃ泣けます」とか(笑)それはそれでアリかもしれませんが「宮崎あおい祭り」で上映されなくなってしまいます(笑)

だいぶ脱線しました(笑)たいして笑うところのないコメディ映画ですが、マスコミや企業、それに踊らされる人々の姿なんかをチクっと風刺してみたり、家族愛を描いてみたり意外にいろいろ見せてくれます。「それは無い」とか「アホくさい」と思うことはあっても眠ってしまうことはないでしょう。

さて、主演の宮崎あおいですが、若いですねぇ。いや、今も若いんですけど、若さが溢れてます。笑顔が子供です。若かりし頃の美しい思い出がある人、子供が好きな人にはお薦め。「偉いね、よく頑張ったね」なんて頭を撫でてあげたい感じと言って伝わるでしょうか。

脚本は「子ぎつねヘレン」とか「天使の卵」の人だそうな。どちらも見ていませんが、甘~い感じです。そういうのが好きな人にも良いんじゃないでしょうか。あくまでB級の映画だということを忘れずに期待しすぎないということは必須ですけど(笑)

あとは、バカな映画を「バカだなぁ」と楽しめる人か、くだらない映画でもバカな映画だなんて思わない人にもお薦め(笑)
魏文帝号令ということで、文帝さんが帰ってくるとか、こないとか。これは使うしかありませんなぁ。

指揮でも使ってるんだし、消費士気4で「刹那の求心」かぁ。武力上昇値次第ですが急に人気カードになられても困るなぁと思ってみたり(笑)曹丕厨とか言われたりして……ってさすがにそれは無いか(笑)



嘉秦さんによると刹那の求心の効果は『魏軍武将のみに武力+5が4c』らしいですよ。強っ。武力+5を士気4って、強っ。曹丕が弓になっちゃったのがどう転ぶかわかりませんが、人気出るかもしれませんねぇ。
アスナさんからもバトンを貰ってしまいましたよ。ということで、「アノコの事、もっと知りたい!」バトンです。

★「アノコの事もっと知りたい!!」
そんな6人にバトンを回す。(回す人を最初に書いておく)

・6人は多い、多いですよぉ。
いいや、この間の色バトンの人、アスナさん以外ってことで。
パコさん、Pecoさん、嘉秦さん、くぅさん、もっきり夫人さん、貴さん


★お名前は?
ぽけ

★将来の夢は?
傍に誰か居て、その人と一緒にのんびり楽しく暮らせていたら良いかなぁ。

★ご趣味は?
本、音楽、ゲームetc楽しいこといろいろ。
美術館とか博物館、公園、植物園なんかに行くのも好き。
あと散歩したり、ちっちゃなデジカメでなんとなく写真撮ってみたり。

★好きな異性のタイプは?
元気な人、とかでしょうか。
まぁ、好きになった人がタイプみたいな気もします。
って適当すぎ(笑)

★特技は?
いつまでも延々と寝ていられる(笑)
 
★資格、何か持ってますか?
普通自動車の免許くらいかなぁ。
特別人に言えるような資格はありません。
   
★悩みが何かありますか?
日々の小さな悩みが細々と。
あとは将来の展望が不透明にすぎるところでしょうかねぇ。

★お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
好きなもの→善意で食べて欲しいと思って作られたものなら何でも。
嫌いなもの→タバコくらいかな

★好きな人はいますか?
みんな大好きですv(パクリました)

★貴方が愛する人へ一言
あなたが満足できる日々を過せますように
   
★回す人6人を指名すると同時にその人の他者紹介を簡単にお願いします
・パコサン:弓の先生、勝手に師匠と仰いでる人。
・Pecoさん:チーム馬超番長総長。お洒落な人。
・嘉秦さん:胸板の人(笑)みんなに愛されてる可愛い人。
・くぅさん:パチンコ明菜にハマリ中。猫大好き、動物大好きな人。
・もっきり夫人さん:チャングムのクミョン好き。萌えの先生と慕われてる人。
・貴さん:北海道の大きな人。気配り心配りの優しい人。
好きな色貴さんからバトンが回ってきたのでやってみましたよ。今回は色をテーマにしたバトンのようです。

ちなみに貴さんのイメージでは『ぽけは白』らしいですよ。みなさんのぽけイメージは何色でしょうか。って、そんなことはどうでも良いですね。さっそく問題に行ってみましょう。


Q1:好きな色は?

A1:その身いっぱいに熱を溜め込んだ炭の色。赤ともオレンジとも黄色とも言えない熱の色。


Q2:嫌いな色は?

A2:蒼白。血の気が引いた、顔面蒼白のあの色。


Q3:携帯の色は何色?

A3:そらいろのイメージ。


Q4:あなたの心の色は何色?

A4:その時々で。明るくもなり暗くもなり。鮮やかになったり、くすんだり。


Q5:次の6つの色に合う人を選んで下さい。
(赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白)

A5:
赤→アスナさん。熱くてクール、心は真っ赤に燃えていても頭の中にはどこか冷静な部分が常にある、そんな赤。

青→パコさん。おだやかな海、たゆたう海、マイペースで自分を失わないそんな青。

オレンジ →Pecoさん。アゲアゲ陽気、集まって元気、華やかで温か、そんなオレンジ。

ピンク→嘉秦さん。かわいらしく元気、生命力に溢れて溌剌、そんなピンク。

●黒→くぅさん。シックでスマート、きまぐれで優しい黒猫、そんな黒。

○白→もっきり夫人さん。ふわふわの雲、いろんな風に形を変えて、でも雲であることは変わらないそんな雲、そんな白。

おまけ:バトンをくれた人のイメージは何色?
水色→貴さん。快晴、晴天、大っきくて懐の広い空の色、にこやかにどこまでも、そんな水色。

そんな感じ。
一応バトンらしいので、我こそはという人はやってみてください。最後のがちょっと難しいですけど5問だけですし。人の答えを見るのは楽しそうなので(笑)
ロケテいよいよロケテが開始されたようですね。引継ぎ注意!って書いてあるので、みなさん注意してください。気になったのは3番の玉のリセットという項。陥落寸前の覇者以上の人たちはタイミングがよければ一度だけチャンスが貰えるってことになるんでしょうか。ま、覇者とか徳とか全く関係ないのですけど(笑)

■2006.12.12
 「三国志大戦2 Ver.2.1」ロケテスト実施におけるご注意

本日より、一部店舗に於きまして「三国志大戦2 Ver.2.1」のロケテストを開始致しました。
ロケテストご協力の皆様につきましては、下記点に留意してご参加ください。

ロケテスト予定期間:12月12日~1月8日(※期間は予告無く変更される場合がございます)

1.Ver.2.1への引き継ぎを行ってしまうと、ロケテスト期間にかかわらず、Ver.2.01のすべてのモード(「全国対戦」「店内対戦」「群雄伝」「天下統一大会」)をプレイすることができません。
2.ロケテストでプレイしたICカードにつきましては、Ver.2.1正式稼動時には、引き続き使用することができます。
3.覇者以上のプレイヤーにつきましては、Ver.2.1へ移行した際に、壁に残っている「陽玉」と「陰玉」がリセットされます。(「徳」は引き継がれます)

※その他の注意点につきましては、実施店舗のポスター等でご確認ください。
※また細かい内容につきましては、お答えできない場合がございますので、ご了承ください。

で、そんなことはともかく、ロケテが始まったということはやっとこさ新カードってことですよね。まぁ、今のver.だってまだ全部集まってませんけど、でも新しいカードには興味津々です。

ファミ通とかアルカディアとかで少しずつ情報を出してくるんでしょうけど、楽しみですねぇ。
らくとーアスナさんの横型オリカがツボに入ったので、ちょっと真似して横型オリカを作ってみましたよ。

そろそろ追加カードも出るだろうということで、追加妄想オリカで(笑)


駱統 公緒
武5 知7 魅力
的確な進言(3):
 【知力時間】範囲内の呉武将が敵の計略を受けなくなる。

駱統さん、正直次の追加で出るなんて、そんな期待はあまりしていませんけどね。まぁ、地味目な人ですし演義での扱いは例によって酷いんですが、良いんですよこの人。

父親が袁術に殺されて、実母も八才の時に華歆に奪われちゃう。青年になって孫権に仕えるようになると、早速、鳥程の相を任されてそれをばっちり治めて中央に。文武に優れて夷陵の戦いでは陸遜の副官として随行。当然のように功績を挙げて、濡須では魏の曹仁を打ち破ったりします。まだまだこれからなのに、36歳の若さで病死。

なかなかドラマチックでしょう。
[新カード]の続きを読む
まったりひっそりとmixiも続けているわけですが、もう少しで訪問者が1000になりますよ。ブログに比べるとアクセス数は圧倒的に少ないですが、一応人は来てるんんだなぁと改めて実感してみたり。
「ゲームもスポーツ」種目採用 来年のアジア室内大会
2006年12月05日15時55分

アジア・オリンピック評議会(OCA)が、サッカー、バスケットボール、自動車レースの三つの家庭用ゲームを「Eスポーツ」として、第2回アジア室内大会(07年、マカオ)で新採用する。「戦略で頭脳を使い、指先を動かす、れっきとしたスポーツだ」と、ドーハで開催中のアジア大会を利用してPRしている。

 「Eスポーツ」は今年4月の理事会で採用が決まり、「暴力、性的なシーンがなく、人気がある」などの基準から三つを選んだ。アジア室内大会はフットサル、競泳の短水路などを行う。05年バンコク大会が第1回と歴史が浅く「従来のスポーツの概念にとらわれない」としている。そうした考えに加え、若者に浸透しているなどの理由で家庭用ゲームを採用したという。

 サッカーの「ウイニングイレブン」などソフトも決まっており、選手は各種目、各国・地域から最大1人とする。

 「ゲーム大国の日本が金メダル本命。韓国が対抗」というのが組織委の見立て。ただ、日本オリンピック委員会(JOC)は「そもそもスポーツと言えるのか。選手を派遣してと言われても、国内統括団体もない状態でどうするのか」と戸惑っている。

asahi.comより


ゲームもスポーツ!
先日、ゲームもオリンピックの種目になったりしてなんて書いてたら、そんなような記事が載っていたのでメモ。

しかも「ウイニングイレブン」ってキディさんがコメントで挙げてたソフトじゃないですか。それにしても、これは代表枠を巡る戦いも熱いですよねぇ。なにしろ枠がたった一つですから。


まずはゲーム選手を統括する、日本コンピューターゲーム協会の立ち上げからでしょうか(笑)考えてみれば、今までゲームを製作・発売する側の団体はありましたけど遊ぶ側の団体ってあんまり聞きませんでしたよね。まぁ、要らなかったんですけど(笑)

そうそう、サッカーは「ウイニングイレブン」で良いとしても残りのレースとバスケはどのゲームが選ばれるんでしょう。公認ゲーム選定も紛糾しそうで良いですねぇ。サッカーで既に選ばれているコナミは良いとしても他のゲームメーカーは是非選んで欲しいでしょう。もしかしたら今後を左右することになるかもしれませんからね。

レースゲームは何が選ばれるんでしょう。ナムコのリッジレーサー、ソニーのグランツーリスモあたりが有力ですが、マリオカートが選ばれたら選定委員を誉めてあげたい(笑)あと大穴で首都高バトル……は、さすがに無いですよね。

バスケは……何か流行ったゲームありましたっけ?NBAのやつとかかなぁ。スラムダンクのゲームとか選ばれたら笑うんですけど、さすがにこれは無いでしょうね(笑)

初恋

初恋初恋』という映画を見ました。
主演:宮崎あおい、小出恵介
監督:塙幸成

脳内開催中の宮崎あおい祭りのスタートムービーです(笑)


さて、この映画の感想ですがバイクに乗りたくなる映画です。ネットを散歩していろんな人たちの感想を見てきたのですが、どうも視点が異なるらしいのでこれから書くことは普通の人にはまったく参考にならないでしょう、たぶん。

この映画が「フィクションかノンフィクションか」なんてどうでも良いですし、「昔の新宿はあんなじゃなかったんだい」とか言われても知りませんし、雰囲気は出てたので全く問題ありません。

「芥川賞を取ったタケシって中上健次だよね」とか、それにしては線が細すぎるよとか、ホントどうでも良いです。それぞれに実在のモデルが居ようが居まいがそんなことには全く興味がありません。主役以外のメンバーたちの扱いがぞんざいすぎるとか、そんなの知ったことじゃ無いんです。主役がしっかりしてればOKです。

主役、というか「宮崎あおい」が上手に撮れていればそれでOKなのです(笑)
[初恋]の続きを読む
ハローキティの最高価格(1890万円税込)商品
プラチナ製フィギュアとジュエリーのセット
限定1セットを日本橋三越本店で販売
http://www.sanrio.co.jp/bus_info/news/h18/181201.html


きてぃ1890万のキティですか。凄いですねぇ。120万の純金ネックレスも高いなぁと思いましたけど、桁が違うじゃないですか。あっちは伊勢丹で今度は三越ですか。ま、要らないけど(笑)

それにしても三越、こういうの好きですよねぇ。なんか前にもあったような気がしますし。限定1セットとかだとまた山田さんが買うのかなぁなんて思ったり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。