2006年02月

ここでは、2006年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンさん主催で、R陳宮ブログコラボ大会が行われているようですね。うちの勝手にリンク集からもアスナさん真音さんタカさんたちが参加中です。

参加ブログ数33ということで読み応え充分です。三国志大戦のブログって多いんですねぇ。

陳宮

さて、コラボブログの題材はR陳宮さんだということらしいです。
が、コラボに参加するには〆切に間に合わせる真っ当さや、楽しい或いは役に立つ記事を書く能力etc...が必要なのですが当然のように何一つ持ち合わせていないので、C陳宮さんのことなど少し書いてみようかなと。上の絵もC陳宮さんのつもりです一応。

「流されちまえー!!」って言っているそうなのですが、時折「流されちゃえ~」と聞こえ……耳が腐ってますね(笑)

泣かされてキレた小学生が「もうオマエらなんか、流されちゃえ~」みたいな。で、そこから妄想の翼を広げてみると流行りのツンデレ陳宮とかになるんですよ、きっと。

そしたらまた絵を変えないといけませんね。もちろんセリフも。
[C陳宮さん]の続きを読む
スポンサーサイト
Q8
1回戦 80.03 5位
2回戦 88.06 3位
3回戦 49.08 7位

Q9
1回戦 92.76 6位
2回戦 59.30 5位
3回戦 46.75 3位
決勝戦 62.36 優勝

Q10
1回戦 93.28 4位
2回戦 43.23 10位

Q11
1回戦 45.93 7位
2回戦 89.85 1位
3回戦 73.76 2位
決勝戦 62.00 2位

3回戦落ち、優勝、2回戦落ち、2位
という結果だったわけですが、なんと「エルフ組」になってしまいました。道程は遠く険しくまだまだ……と思っていたのに。今現在、既にあまり勝てなくなってきているのに、大丈夫でしょうか。

あと、40点台の低い成績を叩き出しているのは全てアニメ・ゲーム問題です。パコさんが苦労するといっていた意味が良く分かりました。難しすぎです(笑)
[Q8~Q11]の続きを読む

大会

大会1

大会行ってきました。

新たなバージョンになってから初の大戦です。なんだかんだで随分間が開いてしまったのですが、今回の大会は武勇も下がらないということなので気軽に試してみましたよ。

大会2


ではでは、まずは新しいバージョンの印象から。
えーと、馬がロバになってしまいましたよ(笑)なんというか、思っていた以上に遅くなっていました。停止状態からオーラを纏うまで、走り始めるまでが遅いです。馬を主力にした編成での戦いが続いていたので少し辛い感じです。

大会3


槍は、問題ないです。確かにあまり早く槍を振るきちんと認識してくれないようですがオーラ槍で削る事自体は可能ですし、このくらいであればまったく問題なし。攻城能力も弓が下がった分一歩抜きん出ましたし、良いんじゃないでしょうか、槍。

大会4


弓。これは強いです。馬がオーラを纏い難くなったのでかなり良い感じにダメージを与えられるようです。攻城能力は下がったそうですが、馬よりはだいぶマシですしこれは問題なさそうです。相対的に強くなってますね。
大会5


他にも様々な調整が入っていましたが、やっぱり慣れるのに少しかかりそうです。城からの出撃時間が全兵種同じになっり、連環の法がすごく短くなったり……張松や法正だけでなく、下方修正の波をもろに被ってしまったような(笑)

大会6

ちょっとCOM戦で慣らしてから全国対戦入らないとあっという間8・9品まで下がっていきそうです。正直ちょっと勝てる気がしません。
[大会]の続きを読む
さて、(ver. 1.11)の記事を書くのもちょっと飽きてきました。一気にたくさんやるのはブログ運営的にも問題があるということが良く分かりました(笑)大会も始まりましたし、そっちにも参加してきたいのでこの際前バージョンの記録はさらっとまとめて流してしまうことにしてみました。

139戦目から145戦目まで。そうそう前回138戦目の記事でもちょっと触れましたが、この139戦目から少し編成をいじってみました。一騎打ちで負けが込んでいた勇猛持ちの張飛をどうせ負けるなら知力の高い勇猛無しの新R関羽に。そして、新たなバージョンでは思いっきり弱体化してしまった上にほとんど使った覚えの無い後方指揮を持つ法正さんを弓の沙摩柯に。大戦2は南蛮が目玉のようなので、ちょっと先取りです(笑)

ではでは、早速見ていきましょう。
vs139 まずは139戦目。途中までは互角の勝負。中盤に董卓の号令を連環の法で食い止めてちょっとリード。終盤に差し掛かる頃、大失敗をやらかしてしまいました。新R関羽を今までの張飛と同じように使ってしまったのです。計略……動けません。士気と2.0コストを無駄にして、最後守りきれずに痛い逆転負け。しょうもないです(笑)
140戦目。これもなかなかの好勝負だったのですが、終盤車輪号令と奮起のコンボで押し切られてしまいました。連環の法の打ち合いとかあって、ちょっと面白かったです。 vs140
battle140 一騎打ちには勝ったんですけどねぇ。馬超さんは一騎打ちなかなか好調な気がします。なんだか無双バーが流れてくる率がU張飛より高い気がするのですが、気のせいですか?
141戦目。初めて見るドクターKの姿に少々の感動を覚えつつ対戦。この試合は張松さんが大活躍でした。序盤いきなり関羽さんが『お首頂戴』され大ピンチに陥ったのですが挑発で難を逃れ、攻城まで決めてくれました。結局、終了までに張松さんの攻城&挑発がそれぞれ3回ずつ決まり逃げ切り勝利。久々の勝利、やっぱり嬉しいですねぇ勝つのって。 vs141
battle141 お首頂戴された鬚殿。勇猛持ってないけど、武力はこちらの方が高かったはずなんですけどねぇ。指揮官の技量が違いました。スマヌ、鬚殿(笑)
[139戦目~145戦目(ver. 1.11)]の続きを読む
荒川静香物語 物語
金メダルおめでとう。

漫画と顔はちょっと違うけど、でもおめでとう。
そんだけ(笑)
物語2 物語1
関連
荒川静香物語?
荒川静香漫画化?
[冬の五輪]の続きを読む
138戦目
138戦目の対戦相手の方は東京のディンドン吉祥寺からエントリー。
戦績は118勝115敗
編成はSR馬超、R魏延、R龐統、U張飛、C張松の5枚。
戦場は荒野です。城門前に櫓がありますが、ここもまた比較的障害物が少なく馬を中心とした編成では戦い易い地形だと思います。

計略で注意すべきはSR馬超とR龐統。槍があるうちはSR馬超はなんとかなりそうですが、連環はどうにもならないので特に注意が必要です。こちらとしては相手の主戦力に伏兵をぶつけて早期にリードを奪うのが理想ですが、それも難しいでしょう。突撃や引っ掻きなどの基本的な兵の運用をきっちり行うことを心掛けていくくらいしかないですかね。

では、開戦です。
さてさて、どうしましょうか。などと思っていたらあっという間に決着がついてしまいました。

まずは開始直後、馬岱が龐統とぶつかり、法正が張松に踏まれます。そしてここで一騎打ち発生。
張飛 vs 魏延
138戦目 一騎打ち
「へっ、相手が悪かったな!」
と、張飛。かなり久しぶりの勝利です。ここのところ張飛の一騎打ちは負けばかりだったので、彼にはファーム落ちしてもらうことに決めてしまっていたのですが……。ちょっとアピールが遅かったようですが、ともかく嬉しいことです。

が、振り返ることができるのはここまで。この後、我が軍の武将たちは原因不明(相手張飛のワイパー?)のまま次々に撤退していきそのまま全軍に攻め上がられて落城。……これが噂に聞く『ラグ』というものだったのでしょうか。バージョンアップした今はもう分かりません。

ともかく、楽しんだのは一騎打ちだけで、後は何もしないうちに突然終わってしまいました。こんなのに頻繁に遭遇していたのなら、そりゃ覇王な人たちもうんざりするでしょうね。まぁ今更ですが(笑)貴重な経験をさせてもらった一戦でした。
大会

大会情報

■2006.02.22 「三国志大戦Ver.1.12 先駆け大会」開催!

「三国志大戦Ver.1.12 先駆け大会」
■開催期間:2月24日(木) ~ 2月26日(日)
■開催時間:10:00~24:00
■参加資格:将軍クラス以上のプレイヤー

大会モードは通常の全国対戦を行いながら、対戦相手の持つ「玉璽の欠片」を集めていき天下統一を目指すモードです。

<大会の概要>
1:各プレイヤーは「玉璽の欠片」を持ってスタートします。
2:対戦して勝つと、相手から「玉璽の欠片」を奪うことができます。
※倒した相手プレイヤーは一定条件で配下にすることができ、配下にしたプレイヤーから、玉璽の上納を受けることが出来ます。配下となったプレイヤーは独立ゲージを貯めることで、独立することが出来ます。
3:大会終了時に、最も多くの玉璽を持っていたプレイヤーが優勝となります。
※大会ではフリーマッチングになります
※武勇、証は上下しません

 優勝称号:大都督
 入賞称号:都督(2位~3位)
[「先駆け大会」開催]の続きを読む
さて、前回なかなか好調だったQMA3、またやってきましたよ。ではさらっと結果を見ていきましょう。
Q4
えー、予選落ちしてしまいました。問題が急に難しくなったような気がするのは修習生を卒業したからでしょうか。
予選1回戦 1位
予選2回戦 5位
予選3回戦 8位
3回戦での得点が29.76点です。こんな点数ではさすがに予選突破は無理ですよね。分かる問題が少なかった上に、その数少ない分かる問題も打ち間違えるというしょぼさ(笑)タイピング問題って難しいですねぇ。

予選落ちしただけじゃなく、組も落ちました。ホビット組からフェアリー組へ。……これでメデタク最下層です。くぅ~っ、このままじゃ、悔しいので続けることにしました。
[QMA3(4~7)]の続きを読む
三国志大戦リンク集をちょっと整理

で、それに伴って最近良く遊びに行っているブログ2つを追加。


タカさんの
三国志大戦天よ・・・

嘉秦さんの
まんまとかかったな・・・(※ちょっと嬉しそう)

以上。
[三国志大戦ブログ]の続きを読む
パコさんコバヤシさんの記事が楽しそうだったのでQMA3を始めてみました。以前にQMA2を少しやっていたのでカードの継続手続きから。が、後から分かったのですがこれは大きな失敗でした。「新規で始めると上級魔術師になるまで予習の正答が表示される。」そんな事後から言われても……。スタート前から躓きましたよ、まったく。

気を取り直して、まずは初戦です。
予選1回戦は3位。
なかなかの結果です。にしても、皆さん答えるのが早いですよね。

予選2回戦は6位。
みんな予想外に早く答えるということを知らされたので急いで答えていたら見事にひっかけ問題で間違え酷い結果に。45.83点点数的には、予選通過がかなり危なかったです。

予選3回戦は2位。
慎重に素早くを心がけ好結果。問題も知っているものばかりでラッキーでした。

QMA1
そして決勝戦。
選択したのはランダムの○×。他の人たちが全員引っかけ問題の罠にはまった所で差が開き、そのまま優勝。早押しも大事だけど、間違えないのはもっと大事ということなんでしょうかね。なかなか難しい。

優勝!
経験値が溜まって「修習生6級」に。クラスはホビット組だそうな。まだシステムが良く分かっていないのですが修習生卒業は簡単そうな感じです。


[QMA3始めました。]の続きを読む
さて「三国志大戦2」の映像はみなさん見られたでしょうか。今日はゆるりと内容を振り返ってみようかと思います。
三国志大戦2
「大人気のリアルタイムカード対戦ゲーム「三国志大戦」が
新バージョンとして登場します。まずはその映像をご覧下さい。」

お姉さんのナレーションが期待を高めてくれます。

武将1
これは誰でしょう。SR孫堅のような気もしますが持ってないので分かりません(笑)あるいは新カードでしょうか。

赤壁?
左はSR曹操でしょう。右は誰でしょう。美形なので周瑜あたりの可能性が高そうですが緑なので、劉備の可能性も捨てがたいところです。

王異?
これはもう、王異でしょう。なんだかずいぶん凛々しくなってますが、これはこれでなかなか。また人気が出そうですねぇ(笑)
[三国志大戦2 画像で確認してみよう]の続きを読む
137戦目
137戦目の対戦相手の方は大阪のセガワールドアポロからエントリー。
戦績は91勝97敗
編成はR周泰、R孫堅、R陸遜、R太史慈の4枚。
戦場は雪原です。四隅に櫓がありますが、障害物の少ない戦い易い地形だと思います。

陸遜は先日から稼動しているVer1.12では「夷陵の炎」の威力も上がってなかなか活躍できる人になったようですが、この日記中では残念ながらまだver. 1.11・・・知力6を焼き去ることはできません。

ではでは早速戦闘開始。
中央に柵が2重に並べてあってちょっと邪魔っけです。総武力13の弓は黙ってやられているには痛すぎる強さなので早めになんとかしたいところです。幸い相手には伏兵は居ませんので、序盤からガンガン攻めていけます。

相手の士気が溜まるまでに少しでも優位に立っておかないとあっという間に落城させられかねません。天啓とか夷陵とか危険すぎます。今回、伏兵は左右最前線に置き、早めに戦力になってもらうことにしました。

馬超で弓に突撃したかったのですが、柵を回り込もうと移動すると周泰がやってくるので周泰に伏兵をぶつけつつ、反対側から張松で突撃することに。張松の迎撃には孫堅がきました。馬岱が踏まれて出てきたので、張松と共に攻撃させます。

初期配置のままその存在を忘れていた張飛のダメージがいつの間にか深刻なものに
なっていたので引き返させますが、時すでに遅く撤退。最初は馬超が弓を集めていたはずだったのですがいつから張飛が攻撃されていたんでしょうか・・・失敗でした。

が、周泰を誘導して法正にぶつけることには成功し、これを撃破。馬超はそのまま弓隊への攻撃に移りたかったのですが、なんだか随分ダメージを受けているようだったので帰城させます。
[137戦目(ver. 1.11)]の続きを読む
三国志大戦2がAOU2006というゲームショウに出品されているらしいのですが
象兵が居るらしいですね。待望の南蛮勢力追加は2に持ち越されるのでしょうか。

兀突骨はどんなイラストになるんでしょう。まさか朱治とか孫静とか劉封みたいなことはないとは思いますが、もしあっても楽しそうかなぁなんて思ったりも(笑)

あと、三国志大戦2の動画も見られるみたいですよ。クイックタイムが必要だそうですけど。
am-net
でAOU2006の特設コーナーを設けているようなのでどうぞ。それにしてもバージョンアップしたばかりだというのにこんな情報を与えられて……待ち遠しいですねぇ。

あと、心配されていたカードの互換性ですがICについてはまだ不明ですが武将カードは使えるらしいですよ。これでちょっとだけ安心できますね。
[三国志大戦2]の続きを読む
136戦目

136戦目の対戦相手は徳島のセガワールド スエヒロからエントリー。
戦績は396勝438敗
編成はSR賈詡、SR張遼、SR龐徳、R許褚の4枚。
なんだか見たことがあるような気がすると思ったら昔五虎将だった方と同じ編成ですね。上位覇王の方が使っているくらいなので、その強さは保障付です。

許褚のオーラ槍が恐ろしく強いので、なんとか早いうちに退場してもらいたいところです。どうせ、伏兵が居る間は後方に控えているでしょうから法正は賈詡にぶつけるなり、伏兵探しに来た張遼に踏んでもらうなりして迎撃要員になってもらいましょう。

士気が3溜まったら、伏兵探しがてら敵陣に入った張松で許褚をひっぱって馬岱にあてると。馬岱が許褚に接触する前に見つかってしまってもそのまま乱戦に持ち込んで張飛で削り倒しましょう。

戦場は雪原。城門前に櫓が組んでありますが、障害物はその程度です。騎馬の活躍しやすい地形と言えるでしょう。神速号令、一度は兵法で止められるでしょうけれど槍を大事にしておかないと防ぎきれませんね、きっと。
[136戦目(ver. 1.11)]の続きを読む
135戦目
さて、既に新しいバージョンになっているのですが
バージョンアップ前日に、いつもより多くゲームしてしまったので
しばらくは旧バージョンの戦闘記録が続いてしまいます。

で、135戦目は39勝17敗、勝率7割という素晴らしい強さで
五品まで勝ち上がってこられた方です。
編成はSR趙雲、R不動関羽、R徐庶、R馬超の4枚。
現在も2連勝中で、今回討伐成功がかかっている模様です。

先日その強さを再認識させられたSR趙雲がいますよ。厄介ですねぇ。全体的に知力が高く、どんなタイプの敵にも柔軟に対応できそうです。

徐庶の雷で、敵軍のキーとなる部隊を撃破。良く使う計略は士気4で相手に大きなダメージを与えることも可能な趙雲の神速。不動関羽でのW城門による一発逆転大ダメージも可能。さすがに成績を残している方の編成ですね。高武力も3体居ますし、計略無しの素の勝負で余程手酷く負けない限りは戦えそうです。

ふむ。こんな相手とはどう戦ったら良いんでしょうね。
まず最初に倒すべき相手は誰でしょう。うるさいのは趙雲ですが、最初に倒してもどうせすぐに帰ってきてしまうので、他の人が良いですね。主力の知力が心許ない我が軍としてはダメージ計略持ちの単福さんでしょうか。でも、士気がある程度溜まるまではただの低武力騎馬ですしね。となると、邪魔なのは槍でしょうか。

おそらくは守りの要。攻めの際にも攻城力が最も高い上、オーラ槍で援護態勢に入られると被害が大きくなりすぎます。そうですね、最初の標的はヒゲの人です。序盤伏兵があけるまで、敵馬超はそれほど突っ込んではこないでしょう。こちらも戦力の充実のために、さっさと伏兵ダメージを与えて戦線に加わりたいのですが敵馬超一体を心理的に抑える効果があるとなれば話は別です。法正さんは城門前あたりに控えていてもらうことにしましょう。

で、伏兵を探しにきた趙雲がダメージを被ったところで行動開始です。張飛で迎撃ダメージを取れるようなら楽なのですが、これだけの戦績を残している方です。そう期待できないでしょう。逃げた趙雲はとりあえず放置して、関羽と馬超に向かいましょう。関張を乱戦させて、馬超&馬岱&張松で突撃。相手も馬超で突撃してくるでしょうけど、3対1の突撃ダメージならダメージボーナス分で技量の差をかなり埋めてくれることでしょう。

ここで相手が神速を使ってくるようなら挑発で迎撃を取ったりしながら戦っても良いかもしれません。数的にだいぶ有利な状況にもなるでしょうから、攻城を狙ってみたりもしましょう。

・・・なんて風に進めばひょっとしたら勝も望めるんじゃないかと思うのですが実際にはどうなりますやら。
[135戦目]の続きを読む
ちょっと見逃していたのですが、いつの間にやらこんなバトンをいただいていました。
「印象バトン」早速やってみましょう。




■回してくれた方(まぁこさん)の印象をどうぞ。

「優しくて面倒見の良い女性。物事を正面から見つめることのできる人。」でしょうか。あ、あと「チャングムっぽい('A`д´)ノ」(笑)


■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?

・ぉ会いした事ないですが、BLOGの印象で言うと物知り博士で雰囲気が柔らかい人。(by まぁこさん

・三国志大戦がご縁でお近づきになれました。当初女性の方だとばかり思っていました。(by もっきり夫人さん

・なかなかの三国志ぶり。・~・でも、最近はいそがしそう。あとは占い。(by そらはやさん

・おっちょこちょい。嘘が下手ですが、嘘をつこうとして自爆します。(by チャングム占い

・時々子供っぽいというか幼さみたいなのが感じられる。ひと言多い、意識せずに人を傷つけてしまう。(by 恋愛キャラプロデュース


どんな風に思われているかは、いまいち良く分かりませんがとりあえず紹介らしきものをいくつか拾ってみました。もっきり夫人さんの「当初女性~」というのはやっぱり語尾の「ね」が効いているんでしょうか。以前サイトを運営していた時も女性だと思ってコメントをくれる方が多かったような気がします。
[印象バトン]の続きを読む
劇場版鋼の錬金術師
「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」のDVDを見ましたよ。TVアニメ版は随分前になってしまいましたが、まとめてDVDで見たので予習もばっちりです。時を経たなりに記憶に霞がかかってきていますが(笑)

結論から言ってしまいますが、わりと面白かったんじゃないでしょうか。TVアニメを見た人なら充分楽しめるんじゃないかと思いますよ。映画だけだと、説明不足な部分もあるとは思いますが出来は悪くないと思います。

映画セットでの「ドクトル・マブゼ」絡みのシーンなんかは(兄くんにもけなされてましたが)「ジークフリート」のしょぼい動きの竜を思い出してちょっと笑えました。舞台をナチス台頭前夜のドイツに置いて、いろいろ遊んでいましたがその周辺についての知識が多少あるとメインストーリー以外の部分でもなかなか楽しめるんじゃないでしょうか。
[劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者]の続きを読む
ayamさんの『switch.com』というブログでちょっと面白そうな心理テストが紹介されていたのでやってみました。

Q1:コップにお水が注がれています。
そのコップの中には、どの位まで水が注がれていますか?


A:半分くらい

Q2:ぱっと思いつく四文字熟語を思い浮かんだ順番に二つ答えてください。

A:空前絶後、天衣無縫

Q3:あなたは罰で餌抜きにされた子豚です。ご飯を貰う為にどうしますか?

A:別に1食くらい餌抜きでも。というか、どうしてもお腹が空いたならどこかに探しに行っちゃいます。

Q4:あなたの、水に対するイメージを教えてください

A:生命

結果・解説追記にて
自分なりの答えを考えてから見た方が面白いですよ。
[a psychological test]の続きを読む
まぁこさんに便乗して、

オーラソーマリーディング』なるものをやってみました。

2色に分かれた美しい104本のカラーボトルから、気になったボトルを4本選び、選んだカラーの組み合わせから、魂の使命、精神状態、未来などをリーディングしていく「オーラソーマ」。ふだんは対面鑑定で行うものを、WEBで大公開!画面上のカラーボトルを選ぶことでリーディングされます。

とのことです。さっそく4本のボトルを選んでみましょう。
  ・
  ・
  ・
  ・
で、こちらが選んだ結果と解説。

1st ボトル
◆ 一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)

広い心で、愛を示せる人です。愛と美をこよなく愛するあなたは、執筆、絵画、音楽、ダンス……と、あらゆる芸術を好み、造詣も深いでしょう。また、表現する能力にも恵まれています。男性性と女性性のバランスが取れています。感情と思考がバランスよく活動する、穏やかな精神性の持ち主です。芸術、自然環境のほか、様々な分野で人類の進歩のため働いていきます。そして、物質的な恵みも手に入れることができるでしょう。

ボトルNo 057
ボトル名 パラスアテナ&アイオロス
カラー ペールピンク/ペールブルー

2nd ボトル
◆ 二本目 チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)

混乱から抜け出せずにいます。内面に平和な気持ちを持てず、感情のバランスが崩れてしまっている状態。古い行動パターンや慣習にこだわる頑なさが目立ちます。「こうあらねばならない」と自分で自分を縛りつけていて、頑固で柔軟性に欠けがち。自分のエゴが出やすくなっているでしょう。人に対してジェラシーを持ち、素直に幸福を祝福したり、歓びを分かちあうことができません。自分のなかに真実や進むべき道を見出せずにいます。

ボトルNo 094
ボトル名 大天使ミカエル
カラー ペールブルー/ペールイエロー

3rd ボトル
◆ 三本目 「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)

心の中に平和の感情が戻ってきました。スピリチュアルな精神と現実的な感覚のバランスが取れています。今なら、周囲と平和な関係を築くことができるはず。物質的なものを手にいれるために頑張るのではなく、平和のために頑張ってみましょう。その動機が純粋であればあるほど、その行為は成功へと導かれるのです。心に平和を宿しながら、なおかつ物質的にも恵まれることが可能。前向きに、すべてのために行動しましょう。

ボトルNo 029
ボトル名 ゲット・アップ・アンド・ゴー(起きて、進め)
カラー レッド/ブルー

4th ボトル
◆ 四本目 未来のボトル現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)

外柔内剛の精神の持ち主です。自分の信頼するあなたは、自分の進むべき道を知っています。好きな道を、自信を持って歩むことができるでしょう。女性的でしなやかな感性を持ち、穏やかながら力強いパワーで物事を成し遂げていく実行力を携えます。深いやさしさと強さを併せ持った人。強引なパフォーマンスでなく、やわらかく温和なエネルギーで周囲を引っ張ります。新しい時代が要求するリーダーシップを携えているでしょう。

ボトルNo 101
ボトル名 大天使ヨフィエル
カラー ペールブルー/ペールオリーヴ
[オーラソーマリーディング]の続きを読む
チャングム占い

もっきり夫人さん、そらはやさん、まぁこさんと、最近ブログで知り合った人たちがやたらハマッているらしいチャングム。まだ見たことはないのですが、そんなチャングムの占いがあったのでやってみました。

チャングム・大長今キャラクター占い

結果は・・・

ぽけさんはミン尚宮 です!

● ミン尚宮さんのあなたは、おっちょこちょい。料理の配分を間違えないかと、いつもはらはらしています。嘘が下手ですが、嘘をつこうとして自爆します。誰よりも丁寧に料理をつくることで実力以上の評価を得て、生活も安泰です。

● ぽけさんのモテ度は、7点です!

● そんなあなたの本日の運勢はこちらです!
2位 ★ミン尚宮
新聞は隅々まで読もう



モテ度低っ、まぁ当ってますが(笑)それにしても「おっちょこちょい」とか「嘘をつこうとして自爆」とか微妙に当っているところが多いような気がするのがちょっと悲しかったり(笑)

ミン尚宮、ドラマ中ではどんな人なんでしょうかね。ちょっと気になったりして。機会があったら見てみましょうかね。でもあんまり出演機会の無いキャラクターだったらなかなか見られないかもしれませんね(笑)
[チャングム・大長今キャラクター占い]の続きを読む
バージョンアップ
バージョンアップするらしいですね。
プログラムの更新の準備が出来ました
との表示がでていました。(写真は2月11日のものです。)

蜀単を始めたばかりなのに、いまのデッキ的には不利な変更点が多いように聞いています。むぅ……なんと間の悪い。でも、まぁしばらくは様子見ですけど。

新しい修正が入ったものは2月13日から稼動するとのことらしいですが、楽しみでもあり不安でもあり(笑)
U甘寧蜀単をやり始めて間もない現在なのですが、何故だか無性にU甘寧が使いたくなっています。ホント、なんででしょう?

で、U甘寧入りのデッキなどをいろいろ妄想してみるわけですが……。イメージする相手が強すぎるようで、どうも勝ちきれません。どんな構成が良いんでしょうねぇ。

弓なので、麻痺矢に組み込もうかとも思ったのですが、さすがに2人で5.0コストは厳しいかなと。残り3.0コストで柵数枚とそこそこの武力を持った槍と弓で3部隊程度。1.0コストの中からそんなのを選んでくるのは難しそうです。というか無理かも(笑)

R太史慈のように使ってみましょうか。計略の必要士気は少なめですし、その割には効果時間はまずまずです。コストこそ0.5重いですが、その分一緒に入る周泰を陳武に変えたりすれば……柵が、勇猛はありがたいけど柵が。いや、柵は虞翻が持っています。呉夫人って手もあります。おおっ、悪くないじゃないですか。

あと3.0コストはどうしましょう。バランス型にするならやっぱり騎馬が欲しいですねぇ。呉で騎馬といえばまず挙がるのは孫父子でしょう。どっちが良いですかねぇ。天啓を警戒させて火とか良さそうですねぇ。でも、賢母小覇王も捨てがたい。どちらも必要士気がちょっと重たいですが、戦局を左右できますよ。

あっ、でもこれだと伏兵が居ませんねぇ。推挙の人が居ますか。でも呉夫人・虞翻と3人の中から2人選ぶとなると、やっぱり入ってこないかもしれませんねぇ。難しいな。

U甘寧、R孫堅、C陳武、SR呉夫人、C虞翻

戦えますかねぇ。麻痺矢、神速、許チョイク、雨落雷、どれがきてもキツい戦いになりそうです。バランスデッキが一番戦い易そうかもしれません。あと、ほとんど見かけませんが大車輪デッキとか。
[U甘寧]の続きを読む
ライブドアがあんななのでFC2にもブログを作ってみたわけですが
こっちにも三国志大戦で遊んでいる方は結構居らっしゃるようです。

暇を見つけてゆっくり見て回ろうと思っているのですが、とりあえず
訪問者リストなるところに足跡が残っていた方たちの中から
おもしろそうなブログをいくつかメモしておきます。




タカさん
三国志大戦天よ・・・
http://sanngokublog.blog38.fc2.com/

嘉秦さん
まんまとかかったな・・・(※ちょっと嬉しそう)
http://cels32.blog51.fc2.com/

雄皇(おず)さん
舞姫.com
http://ozuhiten.blog25.fc2.com/

☆RedStar★さん
へタレ君主の三国志大戦日記
http://3gokutaisen.blog48.fc2.com/

櫻さん
三国志大戦ブログ どんまいヘタレ☆
http://syuou.blog38.fc2.com/

くが ゆずるさん
軍師in最前線
http://nemuiyoboyan.blog46.fc2.com/

ユーゴーさん
三国志大戦 ラフォリア
http://hokoritoigen.blog23.fc2.com/



例によって、後ほど勝手にリンク集に入れてしまう予定であります。
リンク集といっても、辺境の小ブログのリンク集ですから使っているのは
ほとんど自分だけというWeb上のお気に入りのような存在なのですが。

ともかくリンク許可制を採用されているブログさんや、勝手にこっそり
リンクされて不快だという方はご連絡いただければ早急に対処いたしますので
よろしくお願いします。
[ブログメモ FC2]の続きを読む
134戦目
さて、先日の133戦目より進軍して今回は134戦目です。
お相手は東京のタイトーインロサ店よりエントリーの方です。戦績は169勝181敗。同じく蜀単です。

SR趙雲、R姜維、R馬超、U法正の4部隊。みんな賢いので馬岱は早めに踏んでもらって騎馬として戦力になってもらう必要がありそうです。「U張飛、U馬岱、C張松」と「SR趙雲、R姜維」の対決。こう比べるとかなり厳しくも見えますがなんとか趙雲を押さえ込みたいところです。

戦場は四隅に櫓、中央右翼に岩場がありますが、他は平地です。お互い馬と槍のデッキですが戦い易いのではないでしょうか。趙雲の神速は厄介ですが、こればかりはどうしようもありませんしね。

さて、それでは開戦です。敵軍は序盤から積極的に攻めてきました。予定通り馬岱を即踏ませることには成功しましたが、敵軍の突撃を受けすぐに撤退。法正も前に出して姜維は倒しましたが趙雲には逃げられてしまいました。

さらに両軍の馬超が撤退した頃、ようやく張松が敵法正を見つけてくれました。このまま両翼から攻めあがる事も考えたのですが、張飛のダメージが深刻なので兵力の再編を行うことに。
[134戦目]の続きを読む
13荘目

さて、前回役満をあがって良い気分で次に挑みました。と、結果は1位。嬉しい昇級となりました。2級です。残す級位は1級のみ。有段者への道はもうすぐそこに見えています。

昇級!

[13・14・15荘目]の続きを読む
133戦目
133戦目は北海道のセガワールド新道よりエントリーの方。
戦績は94勝76敗です。
編成はSR甄皇后、R楽進、U典韋、C陳羣、C邢道栄、C張梁、C劉表の7枚。
まぁ、わりと良く見る形の悲哀デッキなのではないでしょうか。緑の国に移籍して初の相手が悲哀とは……頑張るしかありませんね。

妨害系は馬鹿だけで、ダメージ計略もありません。その上、伏兵も居ないのですからなんとか序盤戦はものにしたいところです。戦場は四隅に櫓、および左右に細長い森があります。主戦場は中央の平地になるでしょうか。森の奥、櫓の後方で踊られると、踊り子さんに手を出すのは難しくなりそうです。

悲哀の効果持続時間は短くなっているので、時間差をつけて地道に各個撃破していきましょうか。それとも張松で森の中まで引きずって足止めするなんてこともできるのかもしれません。ともかく、対悲哀のセオリー通り最初にリードを奪って逃げ切りといきたいところです。

えー、蜀単初戦だからというわけでもないと思うのですが今回この後随分ぐだぐだと長くなってしまいました。が、ぽけ日記ではそういう事もあると思って軽く読み飛ばしちゃってください(笑)
[133戦目]の続きを読む
以前蜀単も遊んでみようかなどと言っていたのですが、その時のデッキを試してみることにしました。だいぶ日が経っているので改めて確認しておくと、こんな感じです。
2.0 R 馬超
2.0 UC張飛
1.5 UC馬岱
1.5 UC法正
1.0 C 張松
やっぱり弓が居ないのはちょっと寂しいですねぇ。低武力でも攻城を遅らせることができる弓兵はできる事なら1部隊程度は入れておきたいのですが。ただ、入れ替えるのもなかなか難しいんですよ。UC馬岱とC沙摩柯変えるのは厳しそうな気がするんで。まぁ、ダメだったらその時にまた考えるとしましょう。しかし、蜀はホントに自己強化系ばかりですね。

まずはCPU相手に動き方の確認です。

131戦目は洛陽GIGOから六品の黄巾賊軍です。練習相手としてはいくらなんでも力量不足気味な気もしますが組み合わされてしまったものは仕方ありません。

攻守の基本的な部分を練習してみることにします。張飛は典韋と違って超絶強化で複数部隊をなぎ払うような使い方はできないので、その点には充分な注意が必要です。

しかし蜀は1.0コストの適当な伏兵持ちが居ないので組むのが難しいですまぁ、持っていないだけではあるのですが。魏や呉は1.0Cの伏兵持ちが居るんですけどねぇ。

ともかく練習です。攻防どちらにも使える挑発の範囲の確認なども忘れてはいけません。必要士気量が少ないので陳宮よりも活躍する場面は多くなりそうです。バージョンアップで弱体化されると噂の法正さんですが、それまでの間は力の限り頑張ってもらうことにしましょう(笑)

戦そのものは何の問題もなく勝利を収め終了しました。やはり新しいデッキにはまだまだ違和感はありますが……。
[131・132戦目]の続きを読む
昨日、ぽけが
ちょっと直りそうもありません(笑)*ゲームのエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちょゲーム」が書きました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちょこ」が書きました。
128戦目
128戦目は宮崎の小林アーバンボウルよりエントリーの方です。
66勝97敗
編成はR周泰、R周瑜、R孫策、R太史慈

戦場は中央に小さな森のある平原。意外に邪魔な櫓がないのは結構嬉しかったかもしれません。さて、それではざっと振り返ってみましょう。

開幕直後、伏兵を警戒しつつ陳宮を先頭に右翼から一気に城壁を目指しました。太史慈、孫策をそれぞれ馬で抑えこみ陳宮の後ろに伏兵を移動させます。と、陳宮の攻城が成功。さらに攻城準備をしていると、周泰が伏兵を踏み撤退。もう一撃を加えたので、敵の撃破にかかります。

弓と陳宮の突撃で主力馬部隊を援護し、撃破に成功。兵力回復のため帰城します。ちょうど左翼から敵周ユが現れたので、全軍で撃破。ここで敵軍再起の法使用です。

充分なリードとはいえませんが、優勢な展開。とにかく火に気をつけつつ水を狙います。周泰、孫策を流すことに成功したところで太史慈が天衣無縫で突っ込んできました。弓で攻城を妨害しつつ典韋で漢の意地。が撃破する前に2体まとめて火を付けられました。

相手の士気は空になったはずなので安心して馬を出撃させ、神速発動で撃破。
陳宮他で攻城し、落城させることに成功。

これで五品に復帰することができました。
再昇格五品!
[128・129・130戦目]の続きを読む
前回に続いてMBTIです。最初に比べて当たっているような気がしたのでさらに質問の多いものを試してみることにしましょう。

タイプ別性格判断

ENFJ >> ISFP と結果は変わってきていますが今回はどうでしょう。
前回のものに比べても質問の数は多くなっています。

結果は・・・

INFP型:社会のためになることをする

また変わりました。

今回はINFPです。まぁ、項目が1つだけしかずれていないので近い結果ではあるのかもしれませんね。では詳しく見てみましょうか。
[続々MBTI]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。