アニメ・コミック

ここでは、アニメ・コミック に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一気に見てみました。なかなか面白かったですけど、50話一気はさすがに長かった(笑)

男どもがどいつもこいつもウジウジネチネチしていて若干鬱陶しかったんですが、学園コメディパートが良いガス抜きになってくれて助かりました。あとシリアスを破壊する咲世子の忍者っぷりも好き。ずっとシリアス展開だったら途中で脱落していたかもしれません(笑)

物語的には、多分に厨二病的で超合衆国とかゼロレクイエムとかギャグ成分がかなり高めだったんですけど終わってみれば良くまとめたなぁと。これもそのうち劇場版という名の総集編が公開されたりするんでしょうかねぇ。

あと、ラストがオレンジ農園とかお茶目すぎ(笑)個人的には紆余曲折経たオレンジの彼がこの物語一番の勝ち組だと思いました。
スポンサーサイト
崖の上のぽにょちょっとポニョってきてしまいました。

で、結論から言うと言われるほど悪くないんじゃないかと。声もわりと頑張ってましたよ。

個人的には、本人たちの顔が浮かんじゃうっていう上手い下手以前の部分がタレントさんを使う際に一番気になるところなんですが、主役の子役2人は顔知りませんしOKです。

らーめん拘っただけあって絵は綺麗だし、相変わらず食べ物は美味しそうだし、良いと思いますよ。はちみつ入りホットミルクがこんなにも美味しそうに描けるのはこの人だけですよ、きっと。ラーメンやハムサンドはともかく、夏なのにホットミルクが飲みたくなるなんて!(笑)

テンポ良く進んでいくのであっという間にエンドロールでした。物語は単純にハッピーエンドとして楽しめましたけど、深読みすればいろいろこじつけられそうでもありましたよ。

環境破壊、老人ホーム、マッドサイエンティスト、家に帰ってこない父親、家出、大洪水、古代生物、母親、新しい命、etc...いろいろ取り揃えてありますって感じでしょう(笑)

[崖の上のポニョ]の続きを読む



評価も知名度も高いのに、しかもアニソン好きとしてはボトムズの歌は外せないのにもかかわらず一度も見た事の無かったアニメ、装甲騎兵ボトムズ全52話を見ましたよ。ようやく見終わりました。

もう結構古いアニメなので、正直な所最初のうちは見ているのが若干辛かったです(笑)歌で休憩しつつアニメを見ていくという……いや、ボトムズの歌がOP、EDともに良くて助かりました。中盤からキャラクターや世界観がつかめてくると楽しく見られましたけどね。

慣れなのか脳内変換なのか、段々と絵の古い感じも戦いの荒れた感じに見えてくるし、フィアナやココナも可愛く見えてくるし……人体の神秘です。ただのアニメ脳でしょうか(笑)

世界観は固いのに、物語は意外なほど恋愛要素がふんだんに盛り込まれていたのにも驚きました(笑)不器用な恋、みたいなのが。キリコとフィアナはもちろんですが、キリコに思いを寄せるココナやそんなココナが好きなバニラ、そして見守るゴート。そんな主役グループに、さらにフィアナへの複雑な思いを抱くイプシロンなんかが絡んできて、恋愛模様だけでも結構いけちゃいそうです。

戦争や、権力争い、宗教、ファイアナやキリコの秘密やなんかももちろんあるわけですが(笑)

そうそう歌といえば、この物語全52話を凝縮して核の部分だけ抽出したのがOPだったんだなぁと、見終わって改めて思いました。アニメ本編を見終えるとこのOPがより深く味わえますね。
[装甲騎兵ボトムズ]の続きを読む
新リボンの騎士手塚版のコミックは読んでないので、アニメ版と比べての話ですけど、さすがにこれは無いんじゃないだろうかと……。思ってしまうのはやっぱり年のせいでしょうか(笑)



リボンの騎士このアニメ、音声はモノラルだし絵がちょっと荒れてる話もあったりしますが、今見てもあまり古さを感じないで見られると思います。

どうでも良い話ですが、アマゾンを見てDVDBOXの値段にちょっと驚かされました。買っちゃうかも(笑)


故手塚治虫さんのマンガ「リボンの騎士」が、4月3日に発売の月刊マンガ誌「なかよし」5月号(講談社)で、41年ぶりにリメークされることが明らかになった。手塚さんの原作で、アニメ「もやしもん」「ヤッターマン」などを手掛ける高橋ナツコさんがシナリオ、マンガ「ぴちぴちピッチ」の花森ぴんくさんが作画を担当する。

 「リボンの騎士」は、王子として育てられた王女サファイアが、権力争いに巻き込まれて塔に幽閉されるが、天使・チンクらの協力で脱出、男装の「リボンの騎士」となって悪をこらしめるという少女マンガで、手塚さんが宝塚歌劇を見て発想したという。1953年に雑誌「少女クラブ」で連載が始まり、63年から「なかよし」で連載。67年にはアニメ化された。再放送などで幅広い世代に親しまれ、06年にも「モーニング娘。」主演でミュージカルも制作されている。

 リメーク版は、「サファイア リボンの騎士」のタイトルで、絵柄も大きく変わり、ヒロインのサファイアと王子フランツの恋物語が描かれるという【河村成浩】

毎日新聞記事「<リボンの騎士>41年ぶり復活 手塚治虫の名作マンガ、4月から「なかよし」で」


サファイア リボンの騎士でも考えてみれば、いまの「なかよし」読者の子たちは昔のアニメも漫画も知らないでしょうし、その子たちが楽しめるものになってさえいれば良いんですよね。

リメイク作品と原作は別物なんですし、もしかしたらリメイク作品をきっかけに、原作を知るなんて事もあるでしょうし。ただただ大事に仕舞い込まれて忘れ去られるよりも良いのかもしれません。

リメイク物が原作と比べられたり、いろいろ言われちゃうのは仕方が無い事だと割り切って、作者さんたちには是非いいものを作って欲しいものです。がんばれ、作者さんたち。って、そんなん言われなくたって頑張りますよね(笑)

[リボンの騎士]の続きを読む
あんまりにも大戦しなさすぎて、大戦の記事が書けないなぁなんて思っていたら危うく一月放置ですよ。なんというものぐさブログ。覗きに来てくれている方もいるようなのに、ホント申し訳ありません。

大戦の事は、まぁ遊びに行けたら書くとして、他の記事を書きます。でも占いも新しいのが見当たらないし、アニメ・漫画もそんなに見てない……困りました。

!!
と、突然ひらめきました三国志、そう三国志ですよ。
三国志大戦の記事が書けないなら三国志の話でも書けば良いじゃない。パンが無ければケーキをお食べなさいなってヤツです(笑)といってもお話を作るなんて大それたことはできませんので、うちにある三国志関連書籍の紹介をしていくことにしましょう。

横山三国志、吉川三国志、蒼天航路なんてメジャー所はもちろん、既に絶版になったものまで、適当に。というか絶版になっているものが多くてびっくりしたのですが(笑)

まずは、どれにしましょう。
やっぱり読みやすさから言って漫画が良いでしょうか。

そんなわけで今回選んだのは
「三国志断簡/桑原 祐子」
空明の哥、地涯の舞の全2巻です。

空明の哥さぁ、1巻の空明の哥はいきなりAmazonに在庫がありませんよ(笑)そういえば本の通販ではアマゾンと楽天を併用してるんですが、みなさんは通販とか利用したりするんでしょうかねぇ。

アマゾンは品揃えと古本が強みですよね。古本はカード払いだけだし送料一定だしで、ちょっと買いにくいんですが、それでも欲しい本がすぐに見つかるっていうのはあり難いです。

楽天ブックスは、コンビニ店頭受取にすれば、安い本1冊から手数料も配送料もかからないっていうのが良いですね。ファミマ限定サービスなのですが近くにファミマがあれば便利です。セブンイレブンがやってるのと同じようなヤツですね。わずかばかりのポイントを求めてセブンのは使ってませんけど(笑)って、そんな事は良いや。


地涯の舞「三国志断簡」は表紙のイラストを見てもらえば分かる通りの少女漫画です。三国志といって、最初に紹介されるのは漫画なら「横山光輝三国志」か「蒼天航路」辺りが多いだろうと思うんですよ。

でも、三国志っていうと長いし時代劇だし登場人物は男ばかりだしで、取っ付きにくいって人も居ると思います。そんな人にさらっと読めるかなと思えるのがこの本です。もう三国志を知ってる人にはちょっと物足りないかもしれませんけど。

とりあえずきっかけにサクッと読むには良いんじゃないかなぁと。一番の問題はどこの本屋でも手軽に買える、そんな状態にないってことです(笑)

あ、そうそう1巻には郭嘉のお話があるんですが、郭嘉好きなら読んでみても良いかも。郭嘉ってこんな性格のイメージだよね、ってそんな感じ。絵は、まぁ好みもあるでしょうけど(笑)

空明の哥はアマゾンの古本に、地涯の舞の方はアマゾン、楽天どちらにもあったのでそれぞれ下にリンクしときます。どうでも良いことですけど、アフィリエイトなブログの人たちって、こういうリンクを毎日作ってるんですよね。良く続くなぁ……正直、凄く面倒でした(笑)
[三国志本]の続きを読む
あなたと合体したいなんて、なんだか強烈なインパクトのあるパチンコCMが流れてますが、そのアニメを見ましたよ。「創聖のアクエリオン」っていうのを。

創世のアクエリオン「1万年と2千年前から愛してる~♪」
っていう歌詞の意味もようやく少し分かりました。1万2千年とか中途半端に最近だなぁなんて思っていたのですが、物語世界での1万2千年前って事だったんですねぇ。

今から1万2千年前なら旧石器時代が終わりに近づいた頃(ちなみに始まったのは500万年前)、どうせなら1億2千年前なら白亜紀の終盤で、そろそろ哺乳類が頑張り始めた頃だから、それも有りかなぁなんて思ったりしていたのですよ(笑)

あと、女性が歌っているし「てんしで居られた」とかいう歌詞だったので女性目線からの詩だと思いこんでいたのですが、アポロニアスとかいう結構ゴツイ人目線の詩だと分かってこれもビックリでした。

あぽろにあすさん2クール(全26話)と長さはそこそこありますけど、良い意味でバカなのでわりとあっさり見られました。なんかいろいろ狙いすぎな感はありますけど、それが河森さんの味なのかなぁと(笑)

もっと詳しく知りたい人は月詠叢話さんがまとめてくれているので、それを見るが良いかと。もう、アニメ見なくても全部分かっちゃうくらいにまとめてくれちゃってます(笑)
[あなたと合体したい]の続きを読む
そんさっく異色三国志の雄として名高い一騎当千のアニメを見ました。と思ったのですが、見たのは一騎当千D.D.でした。DDの方は続編らしいのですが、ウィキペディア情報によると、必ずしも設定は引き継がれてなかったりするらしいです。

まー、DDだけでも物語としては理解できたので問題ないかと思いますけど。で、このオレンジ頭の子が主役?の孫策さん。ただ、DDではどうも影が薄くて、むしろ関羽さんの方が主役っぽかったような気がしました(笑)

うんちょー女の子になっちゃっているので、自慢のお髭は黒髪になっていました。分り易い変更です。それにしても、この漫画、どのキャラクターがどんなわけで女性化されているのかがちょっと良く分りません。適当なんでしょうか(笑)


りょもうこの青頭の子が呂蒙さん。グーグルでイメージ検索をするとこの子ばっかり出てきちゃうってくらいの人気者らしいです。

この辺までは三国志でも有名な人たちで、このアニメでも主要キャラクターとして登場してくるようです。

楽就で、このオレンジマッチョが楽就さん。南陽学院四天王とかいう主要キャラの一人です。三国志の方では袁術配下にそんな名前があったなーくらいの印象しかないチョイ役だったのに、大出世です。昔々、光栄の三国志でやたらパラメーターが良かった事があるなんて噂もありますが、どうなんでしょうね(笑)

このアニメ、三国志を知っているとあの武将はどんな絵になっているんだろう。どんな扱いなんだろうなんて視点で楽しめるのですが、楽就さんはかなり意外でした。


水鏡せんせーそれに比べて、この水鏡先生はそのまんまです。この人は多くの三国志小説やアニメに登場しますけど、立ち居地はいつも同じようなところで安定しているような気がします。

「よし、よし」って言いながらいつもニコニコしてる女の子が出てくるかと思っていたんですが、普通におじいでした(笑)


徐庶このアニメでかなり衝撃的だったのがこのつぶらな瞳の異形の人です。誰だと思います?この七福神に居そうな頭の長い人(笑)

[一騎当千]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。